スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
バルサ敗退
2007/03/07(Wed)
昨日さんざん書いた、機能してない3?4?3でなく、これまた新しいタイプの3?4?3で挑んできたライカールト。
ビックリしたね。 そして、残念ながら機能していたとはいえなかったと思う。

ロナウジーニョ、エトー、メッシ、デコ、シャビ、イニエスタ。
バルサが誇るこの5人の攻撃的メンバーを、
攻撃的ポジションで、
なんとか個性が活きるように、
配置できる方法を考えたら、こんな形になりました。
ライカールトの頭の中はこんな感じじゃなかったのだろうか。

エトーのコンディション不良。 やはりこれが最大の誤算だったね。
メッシも消えてる時間が多いし、あそこまで3トップが沈黙するとは。
とくに前半の低調ぶりは、この夢のトリデンテ史上最悪の出来だったんじゃないかな。

なぜ、ロナウジーニョがセンターにポジションをとっていたんだろう。
もともと、ロナウジーニョに前を向かせたい、
という発想から、この3トップシステムが生まれたはずなのに。
僕が想像するには、エトーがまだそのコンディションにないから。
と言うのが一番の原因だと思うけど、
ロナウジーニョの最も得意とするようなプレーは見られなかったように思う。
前を向くシーンが、あまりにも少なかった。

やっぱり、昨シーズンあそこまで、美しく、楽しく、強い、サッカーを見せてもらっていたので、欲求不満というか、不完全燃焼な印象はぬぐえない。
やっぱり今シーズンは、チーム内での揉め事があった事が大きく響いたんだろう。
ライカールトの支配力の低下や、テンカーテの穴。
選手たちのモチベーションの低下もあったのかもしれない。
ザンブロッタ、テュラム、グジョンセン、サビオラらの新加入選手たちが予想以上にチームにフィットしなかったのも痛い。
ラーションがいなくなった。 これもあまりにも大きかった。

バルサの1つのサイクルは終わりを告げたのだろうか。
週末には、クラシコ。
本当、殺人的なスケジュールだね。
完全に息の根を止められなければいいが。


ここまで、長々とバルサのことを書いたけど、
リバプール、驚いたよ。 よかった。
とくに前半のサッカーは、すごかった。
ネットを揺らせなかったのは悔やまれるが、どこからそんな自信が沸いて出るの?
と思うほど、勇敢なサッカーだと思った。
バルサの選手たちも面食らったと思う。
そして、きっちり逃げ切る精神力。 すばらしいね。
もうこれは、伝統なんだろう。

これは番狂わせ、といっていい結果になったと思う。
これだからカップ戦は怖すぎるね。

ほんと恐ろしい。
インテルは敗退しちまって、ローマは勝ち上がった。
意味わかんないね。
モウリーニョは、相当苦しんだようだけど、勝ってる。
もしかしたら、もしかするかも。

さあ、今夜はミランvsセルティック。
だんだん、高まってきたね。
俊輔よ! どうぞお手柔らかに。


H foot.net
むらさき     J1 開幕戦 vsFC東京     『上へいこう』
rossonero   セリエA 27節 vsキエーボ   『さあ、決戦へ』
this game   J1 開幕戦 川崎vs鹿島     『強い川崎、今年も健在』



    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
スポンサーサイト
この記事のURL | W杯 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<Jリーグ 2節 | メイン | 本当に3バックで挑むのか? リバプールvsバルサ戦プレビュー>>
コメント
ホメオスタシスで痩せる
ホメオスタシス(HOMEOSTASIS)とは恒常性と訳されます http://facultative4.sabellsenterprises.com/

2008/11/03 10:34  | URL | 33 #-[ 編集] |  ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hfootblog.blog66.fc2.com/tb.php/169-9c873e61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。