スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
バルサ敗退
2007/03/07(Wed)
昨日さんざん書いた、機能してない3?4?3でなく、これまた新しいタイプの3?4?3で挑んできたライカールト。
ビックリしたね。 そして、残念ながら機能していたとはいえなかったと思う。

ロナウジーニョ、エトー、メッシ、デコ、シャビ、イニエスタ。
バルサが誇るこの5人の攻撃的メンバーを、
攻撃的ポジションで、
なんとか個性が活きるように、
配置できる方法を考えたら、こんな形になりました。
ライカールトの頭の中はこんな感じじゃなかったのだろうか。

エトーのコンディション不良。 やはりこれが最大の誤算だったね。
メッシも消えてる時間が多いし、あそこまで3トップが沈黙するとは。
とくに前半の低調ぶりは、この夢のトリデンテ史上最悪の出来だったんじゃないかな。

なぜ、ロナウジーニョがセンターにポジションをとっていたんだろう。
もともと、ロナウジーニョに前を向かせたい、
という発想から、この3トップシステムが生まれたはずなのに。
僕が想像するには、エトーがまだそのコンディションにないから。
と言うのが一番の原因だと思うけど、
ロナウジーニョの最も得意とするようなプレーは見られなかったように思う。
前を向くシーンが、あまりにも少なかった。

やっぱり、昨シーズンあそこまで、美しく、楽しく、強い、サッカーを見せてもらっていたので、欲求不満というか、不完全燃焼な印象はぬぐえない。
やっぱり今シーズンは、チーム内での揉め事があった事が大きく響いたんだろう。
ライカールトの支配力の低下や、テンカーテの穴。
選手たちのモチベーションの低下もあったのかもしれない。
ザンブロッタ、テュラム、グジョンセン、サビオラらの新加入選手たちが予想以上にチームにフィットしなかったのも痛い。
ラーションがいなくなった。 これもあまりにも大きかった。

バルサの1つのサイクルは終わりを告げたのだろうか。
週末には、クラシコ。
本当、殺人的なスケジュールだね。
完全に息の根を止められなければいいが。


ここまで、長々とバルサのことを書いたけど、
リバプール、驚いたよ。 よかった。
とくに前半のサッカーは、すごかった。
ネットを揺らせなかったのは悔やまれるが、どこからそんな自信が沸いて出るの?
と思うほど、勇敢なサッカーだと思った。
バルサの選手たちも面食らったと思う。
そして、きっちり逃げ切る精神力。 すばらしいね。
もうこれは、伝統なんだろう。

これは番狂わせ、といっていい結果になったと思う。
これだからカップ戦は怖すぎるね。

ほんと恐ろしい。
インテルは敗退しちまって、ローマは勝ち上がった。
意味わかんないね。
モウリーニョは、相当苦しんだようだけど、勝ってる。
もしかしたら、もしかするかも。

さあ、今夜はミランvsセルティック。
だんだん、高まってきたね。
俊輔よ! どうぞお手柔らかに。


H foot.net
むらさき     J1 開幕戦 vsFC東京     『上へいこう』
rossonero   セリエA 27節 vsキエーボ   『さあ、決戦へ』
this game   J1 開幕戦 川崎vs鹿島     『強い川崎、今年も健在』



    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
スポンサーサイト
この記事のURL | W杯 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ミラン4連勝。 バルサ勝利、チェルシーカーリングカップ獲得。
2007/02/26(Mon)
2.25_1.jpgさすがだよ。マッシモ・アンブロジーニ!
そのキャプテンマーク、君が巻くべきだ。
何でガットゥーゾじゃないんだ、なんて思って、ゴメンなさい。

久しぶりに、テンションがあがったゲームだった。
いいよ、いい。 すばらしかった。
10人でもすばらしいフットボールを見せていたし、カカのコンディションが上がってきていることが確認できたし、インザーギもジーダも戻ってきたし、カフーは久しぶりに良かったし、ボネーラは強さを発揮、責任感が出てきたし。シミッチも無難にポジションを埋めてたし。
そして、ヤンクロフスキ様。 本日もありがとうございます。

いいゲームだった。 この流れを続けていこう。
次節、パレルモ戦は、勝負所だ。大一番だ。
ロナウド。 仕事しなさい。
ピッポにゴールを。 神様お願いします。

4連勝で満足なんて、ぜんぜん出来ない。
17という数字は無視するとして、1つ1つ勝っていこうぜ。
このゲームみたいな、忘れられないゲームを続けながらさ。


バルサは、ついにエトーが帰ってきたね。
それも、最高の形で。
これでいろいろあった問題が、すべて片付いてしまうだろう。
こっからは、連勝街道を突っ走るかもしれない。
リバプール戦。 クラシコ。 これで面子は揃ったね。


チェルシーが勝つとは思ってなかったんだよね。
オレの予想は、アーセナルだった。
ドログバが2発なんでしょ。
この手があったか、チェルシーには。 最近忘れ気味だった。
まず一冠ゲットした、モウリーニョ。
さぁ、あと3つ。
なんとなく、今シーズン運に見放されてきたチェルシーが、最後は運を味方につけ、収穫していくんじゃないだろうか。
勝負運は、もともとモウリーニョは持ってる男だし。批判にさらされている時は、結果で黙らせる男だし。
チェルシーは、来るんじゃないか、これから。


最後に、ボルシアMGvsブレーメンのゲームを見たんで、ちょこっと。
苦しんでるブレーメンを象徴するようなゲームだったけど、
ツキがまわってきたんじゃないか。
完全な負けゲームだったと思う。 しかし、勝利を盗めた。
流れが悪い中、こういうゲームはデカイよ。
そして、ゲーム終了後、シャルケ敗戦の報が届く。 ツキまくり。
金子さんと一緒にほえたよ。 これは熱い!

ブンデスリーガはチーム力が、下位と上位でもかなり拮抗してる。
最後まで何が起こるかわからんね。 面白い!


H foot.net
むらさき     対戦相手分析PART3 『清水・磐田・名古屋・G大阪・神戸・大分』
rossonero   セリエA 25節 vsサンプドリア   『待ってたんだぜ、お前を』
this game   バルセロナvsリバプール  『バルサ、どうするよ』


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
この記事のURL | W杯 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
セリエAで暴動・バイエルン
2007/02/03(Sat)
■暴動で警官死亡、セリエAも代表戦も無期限延期
信じられないニュースがいきなり飛び込んできた。
森本はどうなったんだろう、とネットを開くと、これだ。
シチリアダービーの熱さ、彼らのサッカーへの想いの強さは、
素晴らしいものだと思ってたんだけど。

とりあえず、今節のカルチョの全ゲーム延期は決まったもよう。
代表などのゲームも、延期、取り消しとなっていくようだ。
無期限延期というのは、ありえないんじゃないかと思っているが、
考えなくてはいけないだろうね。

カルチョのこういった暴挙は、僕が覚えてるだけでも、
ローマダービーが中止になったゲーム。
ローマのCLでの審判へコインを投げ入れた事件。
インテリスタがジータへ発炎筒を投げぶつけた事件。
思い浮かぶだけでも、こんなにもある。
UEFAの制裁は必要だし、イタリアサッカー界の変革も、もうやらないといけない。
いつもみたいに、なあなあな妥協点をみんなで決め、一応罰しました、というのではダメだ。

カルチョスキャンダルは、クラブ首脳陣に問題があった。
ファンを傷つける行為だった。
この事件は、そのファンに問題があった。
もう何も言い逃れようがない。大問題をこの国は抱えている。

イングランドがヨーロッパの舞台から締め出された時のような、厳格な処分が必要だろう。
イングランドは、その事によって、考え、改め、変わっていったと思う。
このままはありえない。

ミランのゲームが見られなくなる。
これほど悲しいことはない。
CLなどの舞台に上がれないなんて、どうサッカーを楽しめばいいのか・・・

■バイエルン、屈辱の0?3
話は変わりますが、こちらも暗い話題。
ヒッツフェルトが戻ってきたバイエルンは、ニュルンベルグに乗り込んだが、完敗。
監督交代という刺激は、効かなかったようです。
厳しいマガトが去って、ヒッツフェルトが戻ってきてくれた。
僕の目には、選手たちがホッとしているように見えましたね。

「難しい仕事だということは分かっていた。この試合で、何をやらなければいけないかが分かった。
選手たちは自分たちの力を信じてプレーできていなかった。それが残念でならない。」
これがヒッツフェルトのコメントです。

1点目のハーグリーヴスの緩慢さ。
2点目のラームの目を覆いたくなるプレー。
守備は、崩壊しています。
そして、得点チャンスは、セットプレーのみ。強烈ではあるんですけどね。
あと、数回マカーイにいいボールが入りましたけど。

攻撃も守備もなんですけど、チームの連動というのがみられない。
前からみんなで追い込むとか、ダイレクトパスがポンポンとつながるとか、まったくなかった。
個の力でねじ伏せる、では、この日のようなきっちりしたチームには、限界がある。
そこまでスーパーな選手がいるわけじゃないしさ。

ヒッツフェルトは、どういう改革を進めていくんだろう。
野々村さんが言ってたような、粋のいいテクニックがある選手、ジエゴみたいなヤツは取れないわけだし、大きな変化は難しいだろう。
ディフェンス組織を作る。
自信を取り戻させる。が先決だ。

カーンのリーダーシップも薄れてきている印象だ。
ニューリーダーの台頭も必要。

CLはすぐそこだ。
時間もないし、本当に大変な仕事を引き受けたもんだ。

■ロナウド「重要なのは体重ではなく体脂肪だ」
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20070203-00000084-ism-spo
最後に笑える話を!
なんか、女の子みたいなこと言ってるヤツがいるよ。
こんな話題が、ニュースになることが、ミランのニュースになることが、
恥ずかしいなぁ
もし、セリエA無期限停止なんてことになると・・・
こいつに払った金はどうすんだ。
ロナウドにも同情するけど。



H foot.net
むらさき     対戦相手分析PART1   『鹿島・浦和・大宮・千葉・柏』
rossonero   セリエA 21節 vsパルマ   『セリエAの現状』
this game   レバークーゼンvsブレーメン  『ブンデスリーガの行方』 


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
この記事のURL | W杯 | CM(3) | TB(1) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。