スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Jリーグ 25節 熱いぜ
2006/09/30(Sat)
9.30_1.jpgTVの前で吼えたね。
熱いゲームだったです。
寿人よくやった、と言いたいところなんだけど、4点目を取ってくれてれば・・・
それにしても、ウェズレイはすごい。
寿人が点取れるのもウェズレイがいてからこそだ。ほんと頭が下がるよ。
黒津、、、なんで黒津、、、なんだ。
このゲームは、妙なDFラインのギャップを作ってしまった。全部もったいない失点だった、悔いが残る3失点だ。
柏木には疲れを感じたし、メンバーをもうちょっといじってもいいのかなと思う。
勝ちゲームとまでは言わないけども、勝っていてもおかしくないゲームだったと思う。
ペトロヴィッチの勝負する采配が見たい。こういうゲームを勝利に導くような采配を見せてほしい。
俊介が見たいと思う。


京都vs浦和も見ましたけど、浦和のゲームをやらせてしまった、という感じです。
京都には、もう少し戦い方に工夫がほしかったし、根性も見せてほしかった。
浦和サポはすごいね。
でも、三上にブーイングしちゃいかんでしょ。場所わきまえないとさ(笑)



    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 さぁ、オシムは誰を選びますでしょうか
 サプライズは誰でしょう
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | サンフレッチェ広島 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Jリーグ25節 プレビュー
2006/09/29(Fri)
9.29_1.jpg忘れもしません。
この写真は、川崎が広島にやってきた時の4月8日のものです。
まったく抵抗せず、20分までに3失点を食らったあの悔しさ、あのむなしさ。
さぁ、借りを返してもらいましょう。
あの時とは違う広島を見せてやりましょう。
ジュニーニョとマギヌンを欠く(ヤッター)川崎も、優勝争いに生き残るためには、どうしても負けられないゲームなはずです。
タフなゲームになると思いますが、絶対勝つ!という強い気持ちで、広島の選手が立ち向かっていってくれることを期待します。
そろそろ、寿人のゴールもでると思います。
我那覇には負けてほしいくないですしね。

広島が勝つと優勝争いが面白くない?
僕も、Jリーグファンとしてそう思います。
だから、京都が浦和に勝ち、甲府がG大阪に勝てばいいんですよ。
ちょっと厳しいですかね。
でも、京都は残留がかかってますし、甲府もバレーの爆発があれば、ありえる話ではありますよ。

ということで、鹿島と清水にも勝ってもらって、激戦Jを演出してもらい、終盤もしびれるゲームを増やしてもらいましょう。

F東京vs新潟のゲームの注目は、平山です・・・
たぶん出るんじゃないですかね。だから、完封して新潟に勝ってほしいです。
Jの厳しさってヤツを見せてほしい。

横浜FMvs磐田は、とにかく好ゲームを期待したい。
久保の復帰とけが人続出の磐田。ということで、
横浜FMが3?1で勝利。かな。

千葉vs大分かぁ
乱戦になりそう。勇人が終了間際に同点ゴールをあげ、3?3でタイムアップ。

大宮と名古屋の両チームには、広島が順位を上げるためには勝ってほしくない。
よって、引き分けで。


僕の理想のtotoはこんな感じです。
・F東京 ○○● 新潟
・京都  ●○○ 浦和
・千葉  ○●○ 大分
・大宮  ○●○ 名古屋
・C大阪 ○○● 鹿島
・川崎  ○○● 広島
・横浜M ●○○ 磐田
・甲府  ●○○ G大阪
・清水  ●○○ 福岡
絶対当たるわけないです。買うだけ無駄です。
自分でもわかってます。


H foot.net
ほんと、待ちに待ってました
むらさき   24節 vs大宮アルディージャ 『待望のゴール』
次は、絶対勝て!
rossonero  4節 vsリボルノ  『あらわれた課題』


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 マドリッド・ダービーが、かなり楽しみです。
 
 

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | サンフレッチェ広島 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
CL2節 レポ
2006/09/28(Thu)
9.28_1.jpgレフスキ・ソフィアvsチェルシー
ドログバ、ハットトリック。すごいです。
今の旬は、間違いなくこの男です。
体のキレは凄まじく、自信にみなぎっています。
最高のチームメイトに囲まれ、カリスマのある指揮官に信頼され、彼の持っていた潜在能力が大爆発しています。
当分止まらないんじゃないでしょうか。
シェバ待ちですかね。2人が躍動しだすと、とんでもないことになりそうです。

9.28_2.jpgリバプールvsガラタサライ
クラウチ君2得点です。
それにしてもこの顔→
覇気なくない?
でもリバプールは、点が入るようになりましたね。
ジェラード・フィーバーがないので寂しいですが、後半戦のビックゲームにためておく、ということで。
プレミアもこの調子で、ヨロシクです。
稲本がいれば・・・
体調の方は大したことないみたいなので、次に期待しましょう。

9.28_4.jpgブレーメンvsバルセロナ
メッシがサブ、なんてセコイ。
エトーがいなくなったとはいえ、ブレーメンの健闘は称えられるべきです。
バルサを倒すには、どうすりゃいいんでしょう。やっぱ、モウリーニョに期待するしかないですね。
エトーの不在は、ロナウジーニョの不在より、痛いはずです。
今がチャンスですね。まだセコイことは、変わりませんが。
メッシは、ほんと立派だなぁ。スターだなぁ。


9.28_3.jpgインテルvsバイエルン
おいおい、マジかよ。
使えねぇなぁ、コイツ→
胸のスクデットの証、似合ってねぇから、取っ払ってほしいよ。あ?あ、ローマも負けたし、やっぱユーべなの?
マンチーニさん、つらいねぇ。
救世主も見当たらないし、ちょっと同情するよ。



H foot.net
ほんと、待ちに待ってました
むらさき   24節 vs大宮アルディージャ 『待望のゴール』
次は、絶対勝て!
rossonero  4節 vsリボルノ  『あらわれた課題』


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 千葉から7人?
 どうぞご自由に。その権限はあなたにあります。
 それで、素晴らしいサッカーが見れるなら。
この記事のURL | 海外 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
CL 2節  ミランはドロー・・・
2006/09/27(Wed)
9.27_4.jpgリールvsミラン
またもドロー・・・ です。
しかも、スコアレス・・・ です。
ガットゥーゾのミラン出場300試合という記念すべきゲームを、勝利で飾ることはできませんでした。
ゲームを見てないのでなんともいえませんが、嫌な雰囲気になってきましたねぇ。
セードルフのゴールが取り消されたりしたようですが、まぁ負けなかったことを良しとしましょう。
グループリーグの一番の山場でしたから。
ジラがゴールを奪う予感がしていたのに・・・
ジラよ!男を見せろ!
ほんとに、かなり、期待してるんですが。


9.27_3.jpgレアルvsディナモ・キエフ
5?1です。はまれば、ってことですかね。
ラウールのこんな表情を見るのは、かなり懐かしい気がします。
レアル復権へのきっかけになりますでしょうか。

カナリアシューズをはいたロナウドが出場した時、ベルナベウは拍手で迎えたらしいじゃない9.27_2.jpgですか。ちょっと意外でした。
まだまだベストコンディションには程遠かったようですが、早く戻ってきてほしいですね。
戻るといっても全盛期の姿までです。
あの怪物君をもう一回見てみたいです。

ベンフィカvsユナイテッド
雪辱を果たしましたね。
苦い思い出の残っていたピッチだったでしょうから、ファーガソンも、さぞかしうれしかったでしょう。
ユナイテッドのエースは、完全にサハですね。
ルーニー君、この日もゴールなしです・・・
ネガティブな話題しか伝わってこない気が・・・

9.27_1.jpgセルティックvsコペンハーゲン
俊輔、結果出してくれますね?
さすがです。うれしいです。
予選突破も現実的になってきました。
次のベンフィカ戦ですね。
これはかなりマジな勝負です。
ここでも結果を残してくれたら、ポルトガル人に、僕が威張れそうです。

アーセナル、リヨンは、順当に勝利しています。
そろそろアンリがきますかね。アーセナルは、今シーズン結構やると思います。
リヨン強ぇ? ですね。

今日は残りの8ゲームが行われます。
イタリア勢には、期待してます。
マンチーニを、ちょびっとだけ、応援しています。フランチェスコ王子も。
それにしても、稲本を楽しみにしてただけに残念だ。



H foot.net
ほんと、待ちに待ってました
むらさき   24節 vs大宮アルディージャ 『待望のゴール』
次は、絶対勝て!
rossonero  4節 vsリボルノ  『あらわれた課題』


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 今週号のマガジンは面白かった

テーマ:ACミラン - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | ACミラン | CM(1) | TB(1) | ▲ top
気になったニュース  ラウールよ
2006/09/26(Tue)
あんまり明るい話題はないんですが、

ガーナ戦のメンバー発表、メド立たず
 みんな、もう慣れました

稲本体調不良、感染症の疑いも
 せっかくのリバープール戦が?

ジーコ、首位快走も更迭論
 早い!早くもばれたぞジーコ!
 日本人は結果で黙ったけど、やつらはそうもいかねぇぞ
 どうすんだろ 楽しみ!

ロナウド、ディナモ・キエフ戦の登録メンバー入り
 点とるような気がする
 追い詰められると強いよ、この男は

ルイ・コスタ、マンU戦欠場
 ガビーン。かなり楽しみだったのに

アンチェロッティとセードルフの確執説
 うぜぇ なわけねぇ 
 あんなんセードルフ君にとっては普通でしょ
 そんなこと、アンチェロッティもわかってるよ

まぁ、ここまではどうでもいいとして、

ラウール「10年前よりずっといいコンディションだよ」
 ベティス戦でスタメン落ちし、代表落ちもささやかれているラウール君。
 すっかり暗い話題がお似合いになっちゃった感じがします。
 ラウールが輝いていたのはいつまでだったっけ?
 銀河系がスタートし、フィーゴ、ジダンときたまでは、まだ良かったですよね。
 ロナウド!がきたときからでしょう。怪しくなってきたのは。
 よき相棒モリエンテスがいなくなったのは大きかったです。
 彼は、相方がいてこそ輝くタイプですから。月みたいな感じで。
 理解者というか黒子が必要なんだと思います。
 そして、エル・ブランコの正真正銘の顔になったのもこの頃でした。
 はっきり言って、ラウール君はプレッシャーにあまり強くありません。
 W杯、ユーロでのふがいなさが証明しています。
 ただ、プレッシャーに強くない、というよりも、
 表に立って戦う状況に強くないのかもしれませんね。
 たぶんキャプテンは向かないタイプなだけです。
 あの若さで、ベルナベウでゴールを量産していたんですから、
 並大抵の心臓の持ち主じゃないと思いますし。
 それにしても、バロンドールをいつしか必ず獲得すると思われていた彼も、
 キャリアが終わりにさしかかろうとしています。
 思い切ってチームを変えてみるのも手だとは思いますが、
 それは無理でしょうし。
 このまま消えていってほしくはない。
 レジェス?カッサーノ?ロビーニョ?役不足です。
 エル・ブランコ復活の旗手は、ラウールしかいないのです。

 
 
H foot.net
ほんと、待ちに待ってました
むらさき   24節 vs大宮アルディージャ 『待望のゴール』
次は、絶対勝て!
rossonero  4節 vsリボルノ  『あらわれた課題』


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 ピッポ様、どうかお願いします
 カカ、シュートを「枠」に!
この記事のURL | サンフレッチェ広島 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
連勝が止まったバルサ チェルシー、インテルが首位へ
2006/09/25(Mon)
9.25_2.jpg共に全勝で迎えたこのこのゲーム。結局は痛み分けのドローでタイムアップしました。
さすがビジャ、のゴールで先制したものの、厚きサブ軍団の中から登場したイニエスタが同点ゴールを奪い、カンプノウのに最低限の結果をもたらしました。
超絶FW陣が爆発しなかったバルサにとっては痛い引き分けです。バレンシアとしてはある程度納得のいく結果だったでしょう。

その他のゲームでは、アトレチコが好調セビージャとの乱戦をものにし、3勝目。ビジャレアルは、ようやく初勝利をあげています。
9.25_3.jpg
トップに並んだバルサ、バレンシア、レアル。
その後につけるセビージャ、アトレチコ。
リーガは、強豪チームがチャント勝ち点を積み上げ、面白い展開になってきました。





9.25_1.jpgチェルシーがもう首位に躍り出ちゃいました。
フルハムに手こずりながらも、ランパードがゴールを決め、きっちり勝利。チェルシーらしさが出てまいりました。
アーセナル、リバプールも、後半にゴールラッシュを見せ、勝ち点3をゲット。ようやくエンジンがかかり始めてきた感じです。
カイトは完全に馴染みましたね。
9.25_5.jpg一方ユナイテッドは、レディング相手に何とか引き分けに持ち込むのが精一杯でした。
C・ロナウドのゴールはさすがでしたが、ルーニーの不調さがあまりにも目立ちます。
頼みのルーニーの調子が上がらないようだと、かなりの苦戦が続きそうです。
チェルシーはすでに低位置に戻りました。
このまま、今シーズンも居座ってしまうのでしょうか。

9.25_4.jpgセリエAはインテルが首位に立ちました。
クレスポが2ゴールを上げる活躍を見せ、キエーボを退けました。
アドリアーノも復調の兆しです。
ローマは4?0の大勝。連勝していたパレルモはエンポリに足元をすくわれました。
期待されていた小笠原は出場なし。
なぜだかわかりませんが、がっかりです。
フィオレンティーナが勝てませんね。
ミランとインテルの差は8に戻りました(泣)




H foot.net
ほんと、待ちに待ってました
むらさき   24節 vs大宮アルディージャ 『待望のゴール』
次は、絶対勝て!
rossonero  4節 vsリボルノ  『あらわれた課題』


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 松井アシスト!
 さすがです。継続してヨロシクです。
この記事のURL | 海外 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
止まったミラン。 レアルは勝った。
2006/09/24(Sun)
ミランの公式戦の連勝は6でストップしました。
昨日の夜は、とても気分がよかったんです。久しぶりにビックアーチに行って、そんで浩司のすばらしいゴールで勝利して、サッカーに感動して、素晴らしさに酔ってたんです。
そして迎えた深夜1時。
ミランが勝てば、ほんと言うことない最高の一日が完結していたのに。
なのに、あの内容はないです。今までのいい部分が消え、悪い部分がたくさん顔を出してしまったゲームでした。
負けなかったのが救いです。
マルディーニの負傷退場でケチがつき、カカのシュートはことごとく枠の外へ。
インザーギの執念も影を潜め、オリベイラは存在すら確認できない始末。
ついにあらわれた課題はとても大きく、一気に現実へ夢が覚めた感じです。
このゲームが、苦難のシーズンの幕開けとならないことを祈ります。


カッペロらしい勝利を飾ったレアル。9.24_1.jpg
アウェイだからといって、勝ったからといって、マドリスタはあの勝利を心から喜べるんでしょうか。
同僚の、同級生の他のチームのファンに、勝利を誇れるんでしょうか。
カペッロの意図はわからないでもないです。
勝利のサイクルに持ち込むことこそが、最善だと思っているのだと思います。そのためには、守備的な選手を増やし、守備的な戦いをするのが近道なのもわかります。
このサッカーだと、勝ち点がついてこなかったら、かなり叩かれるでしょうし、チーム内にも問題が勃発すること間違いなしです。
カペッロレアルは、どのようなチームへとなっていくのか。
今のままでは、結果さえもついてこなくなると思います。
ロナウド、ベッカム、ラウールは?
彼らの存在を無視するわけにもいかないし、うまく生かさなければ、それまでの監督ということでしょう。
さまざまな問題を解決させながら、バルサを追わなければいけないレアルの進む道は、たくさんの困難が待ち受けているでしょう。
ただ、その困難を打破するスターはたくさんいます。


H foot.net
ほんと、待ちに待ってました
むらさき   24節 vs大宮アルディージャ 『待望のゴール』


  にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 レアルのために。がんばれモリエンテス。

テーマ:ACミラン - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | ACミラン | CM(3) | TB(0) | ▲ top
浩司に待望のゴール
2006/09/23(Sat)
9.23.jpgすっごい久しぶりに感じたビックアーチ。ほんと待望してましたから。
いつも胸躍らせて登るスタジアムへの坂道の景色が、少し違って見えたけど、いいもんだなぁ、とちょっと感慨深かったです。
松葉杖をついて登るにはちょっと長かったけど・・・
また変な、思い出ができました。

僕の復帰戦!ってそんなこと誰にも関係ないんだけど、勝ってほんとよかったです。

浩司のゴール。
ほんとに素晴らしい形からのゴールでした。浩司自身もいろいろ鬱憤がたまってたでしょうから、思いっきり嬉しかったでしょうね。
おめでとう。ありがとう。です。
これから大爆破してください。期待してます。

柏木。素晴らしい活躍でした。ゲームを演出してくれてたのは彼です。オシムジャパンありえるかもしれませんね?
1ゲーム1ゲームごとに、確実に成長し、自信を付けていっているのがわかります。
このままいくと、とても楽しみです。

寿人のチャンス外しまくりもあり、最後までハラハラさせられましたが、面白いゲームでした。
やっぱ、スタジアムに限ります。あの場所でしか得られないものって、ほんとにたくさんあると思います。

オーレー オレ オレ オレー コージー コージー
オーレー オレ オレ オレー コージー コージー
とってもいい歌です。気持ちいい。


Jの結果をちょこっと
浦和vs清水
  ワシントンかよ・・・
  埼スタでは、ほんと強さが出るね。
G大阪vs川崎
  また播戸・・・です。すごい。
  川崎は散々な1週間になっちゃいました。
  G大阪の強さは、ちょっと抜けてる気がします。
福岡vsC大阪
  川勝、初勝利です。おめでとうございます。
  福岡サポもおめでとうです。おいしいお酒飲んでください。



    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 ミランも勝てよ!
 最高の1日にしてくれよ!
この記事のURL | サンフレッチェ広島 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
がんばれ小笠原 など
2006/09/22(Fri)
9.22_1.jpgレジーナ戦に後半8分から途中出場し、セリエAデビューを飾ったし小笠原は、そのプレー振りを高く評価されている模様です。

地元紙は「柳沢はともかく、こちらは本物のサッカー選手のようだ。足元の技術もあり、ずる賢さも持ち合わせている」と、好意を抱いたようです。日本人としては複雑ですが・・・

ジョルダーノ監督も「W杯に出場したほどの選手だ。戦術重視のサッカーを覚える必要はあるが、イタリア語もよく話しているし、いい兆候だ」と、ちゃんと小笠原が目に入っているようです。

ポジションはボランチでの出場ですが、守備意識を高く持ち、イエローをもらうシーンもあるなど、戦えるところを証明しています。
攻撃的センスは間違いなく通用しますから、ファイターである、戦える、ことを示せれば、監督に好かれるはずです。そこらへんは、ちゃんとわかってるようですね。

次節、カターニャとのシチリアダービーは先発での出場が濃厚のようです。この重要なゲームで一発かまして、メッシーナのファンにご挨拶といきたいですね。
セリエAでの日本人プレーヤー7人目にして、初めてデビュー戦を勝利を飾った小笠原。
これからももっともっと、いいニュースを届けてもらいたいです。

トリノの大黒ですが、こちらは、2ゲーム続けてベンチにも入れていない状況です。さらに、ザッケローニの周囲が騒がしくなるなど、チーム全体に早くも暗雲が立ち込めています。
大黒がサルバトーレになれればいうことないんですが。
トリノのことを考えても、大黒のことを考えても、ザックを解任したほうがいいでしょう。


オシムジャパンが、年内の海外組の召集を見送ることを発表しました。
当面は結果も求められないわけですし、選手発掘と海外組を向かいいれる体制を整える、といった感じでしょうか。
10月のメンバー発表が楽しみです。
ちゃんとサプライズを御用意してくれているでしょうし。
来期の代表の日程も、Jリーグを配慮するようです。
各クラブでしっかりやれってことです。
よりいっそうJでのパフォーマンスが重要になりますね。

中澤が代表引退を決意しました。記者会見が開かれるようです。
日本でこのようなことは、初めてですよね?
カズは、ドイツを狙ってる、ってことあるごとにいってましたし(笑)
代表、日の丸に対する価値観が変わってきている証拠なんでしょうね。
なんかさびしいです。
ラモスや柱谷哲二なんかの時代とは違うんでしょう・・・


H foot.net
差はあった。だが・・・
むらさき   23節 vs浦和レッズ 『個人の差とチームの差』
突っ走れ!
rossonero セリエA第2節 vsパルマ 『背番号10』
一歩一歩進もう! 上にね!
Japan Blue  中東遠征 『オシムのサッカーとは?』


  にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 森本くんが出てきたらオモロイのに

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | 国内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミラン3連勝!! ナビスコなど
2006/09/21(Thu)
9.21_5.jpgやった? 
開幕3連勝です。さすが。
僕は、いまだに入院生活がから脱することができず、この日も生観戦はなりませんでしたが・・・1?0。苦戦したようですね。カカの表情が物語ってます。
ヤンクロフスキのゴールとは、今は、ほんとにチーム全体で勝ってますね。
ヤンクロフスキの笑顔。なかなかいい男ですな。

9.21_4.jpgインザーギの連続ゴールは止まっちゃいましたか。惜しいシーンはあったんでしょうけどね。
それにしても、インザーギにはこういう悔しがった表情が、よく似合います。
このゲームでの鬱憤は、次のゲームできっちり晴らしてもらいましょう。そうしてくれないと、体に悪いですから。インザーギにも、僕にもね。
次のゲームは、高らかに叫ぼうぜ!

完封勝利。やっぱり、マルディーニの存在が大きいんでしょうね。
今シーズンは、DF面では心配なさそうです。
次のリボルノ戦もきっちり勝って、どんどん連勝を伸ばしてもらいましょう。
勝ち点ようやくプラス突入です!

9.21_2.jpgローマvsインテル。早くも激突した両チームですが、世間に泣かされそうになったマンチーニが勝利しました。
この日も、クレスポが先発だったわけですが、彼がゴールを奪ったことで、一連の報道は沈下するんでしょうか。
まぁ、誰よりもこの勝利がうれしいのは、マンチーニでしょう。まさに、首がつながったって感じです。「お前ら黙れ?、見たかこの野郎」って叫びたい気分でしょうな。
スパレッティは、少し調子に乗っちゃいましたね。点が取れない。という課題は、これからも襲いかかってくる問題になるでしょう。トッティへの依存度をちょっとでも減らしていかないと。

小笠原がセリエAデビューを果たしたようです。
意外と早かったです。得点には絡めなかったようですが、チームは勝利しています。
これからは、ビックインパクトを残せ!です。
フィオレンティーナが初勝利を飾り、パレルモは3連勝です。
ちなみに、ユーヴェも勝ったようですね。


9.21_1.jpg千葉が2年連続で国立へと勝ち上がりました。
千葉にとって、この勝利はとてつもなく大きな意味を持つものでした。
阿部のこの表情が千葉の苦しさを物語ってます。本当に、悩み苦しんでいたんでしょう。

オシムの親父も、ホッとしたでしょうね。
喜んでると思いますよ。

川崎は、最後の最後で痛恨の・・・
もったいない、つらい、ですね。

このゲームは素晴らしいファイターばかりの、素晴らしいゲームでした。

9.21_3.jpg鹿島が勝ってきましたねぇ。柳沢、意地の一発って感じですか。アウトゥオリ監督の計算通りだったんでしょうかね。
10冠をもぎ取ることが、新生鹿島を強くする一番のドラッグです。
手に入れることはできますかね。
横浜は、選手、監督がみんな口にしてますが、セットプレーでやられたってことですよね。
自力で、力強さで、勝ちをもぎ取れないジレンマを、抱きすぎです。過去の栄光をさっさと忘れるべきです。
挑戦する気持ちをもう一度取り戻さないことには、同じことの繰り返しになるのでは。


H foot.net
差はあった。だが・・・
むらさき   23節 vs浦和レッズ 『個人の差とチームの差』
突っ走れ!
rossonero セリエA第2節 vsパルマ 『背番号10』
一歩一歩進もう! 上にね!
Japan Blue  中東遠征 『オシムのサッカーとは?』


  にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 アラダイス、てめぇ

テーマ:ACミラン - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | ACミラン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スペインで起こっているフェアプレー論争に思う
2006/09/20(Wed)
9.20.jpgバレンシアとヘタフェの一戦が、スペイン国内でフェアプレーに関する論争に発展しているそうだ。
自陣でエドゥがボールを奪った際、ヘタフェのカスケロと衝突し、カスケロはピッチに倒れた。ところが、こぼれ球を拾ったバレンシアのアルビオルは、彼の姿に気付くことなく前線にフィード。そこからカウンター攻撃を仕掛け、最終的にモリエンテスが頭で押し込んでゴールを奪った。
という一連のプレーに、ヘタフェのシュスター監督が「バレンシアの行為は非紳士的で、許されるものではない」と発言。
キケ監督は「シュスター監督の発言は理解できるが、プレーは前に進んでいた状態で、後ろを振り向いて確認する余裕などなかった。試合を止めるのは審判の役目だ」と反論。
論争は翌日になっても続き、話題を集めている。

シーズン開幕直後に、2部のバジャドリッドの監督は、「今後、バジャドリッドの選手は、相手選手がピッチ上で倒れたとしても、一切ボールを外に出さない。ピッチに倒れる選手の90パーセント近くが、時間稼ぎのためだからだ。本当のけがの場合、試合を止めることができるのは審判。私は試合開始前に、その旨を審判にしっかり伝える」とコメントを出している。
このようなことを、実はカペッロも昔語っていた。

ただ単なる時間稼ぎ目的であった場合、フェアプレー精神を逆手に取った、とても汚いプレーといえる。卑劣極まりなく、批判されてしかるべきだ。
こういったプレーは、Jリーグでもよく見られるシーンだし、最近になって、こういったプレーが頻繁に起きてきているように思う。
カウンターを食らいそうだから。時間稼ぎのため。という思惑が、見え見えな場面も珍しくない。
サッカーの魅力を失わせていることは、間違いない。

審判にすべてをゆだねる、というのも難しい気がする。どれほど痛いのか。なんて、本人しかわからない。

サッカーにおいて、欺く、だます、ということはとても重要だ。
だからといって、自分まで、だましてほしくない。欺いてほしくない。

そんなことをしてまで、勝利が必要な世界になってしまったということなのだろうか。
これは、誰がどうするとかいう話ではない。選手たちの心の中の問題だ。

フェアプレーとは何なのか。
もしかしたら、もう存在していないものなのかもしれない。


H foot.net
差はあった。だが・・・
むらさき   23節 vs浦和レッズ 『個人の差とチームの差』
突っ走れ!
rossonero セリエA第2節 vsパルマ 『背番号10』
一歩一歩進もう! 上にね!
Japan Blue  中東遠征 『オシムのサッカーとは?』


  にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 頼むぞ!ピッポ
 トッティもがんばれ!

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | サンフレッチェ広島 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
海外組はどうよ?
2006/09/19(Tue)
9.19_1.jpg高原が結果を出し始めている。
「ようやく自分に合ったチームとめぐり合えた」と語っている。ここには居場所があるみたいだ。
地元紙は「フランクフルトは高原を愛している」と賞賛し、受け入れてくれているようだ。
この幸せな関係が続いていくかどうかは、すべて高原次第だ。

9.19_2.jpg稲本も自分のポジションをつかみつつあるようだ。
イングランドを離れることは、大きな決断だっただろうが、ついに自分の居場所を見つけることができたのかもしれない。
ここ一番の強さは健在だろうから、安定してシーズンを戦ってほしいね。

スイスで戦う中田浩二は、スタメンの座をものにしたようだ。
バーゼルで勝利に貢献し、タイトルを奪う。
そうなればステップアップもあるだろう。
TV放送してくれるリーグに行ってもらいたい。

9.19_4.jpg松井にとって、今シーズンは飛躍の年にしたいところだろうが、ゲーム中に消えてしまっている時間があるし、途中交代も多い。
もっともっとチームでの存在感を出して、相手にとって危険な存在になってもらいたい。
松井のチーム。って言われるぐらいにね。

俊輔はセルティックの王様になりつつある。
完全に攻撃の柱として信頼されている。そして、FKはさすがの一言。世界レベルだ。
欲を言えば、スピードと強さ足りない。
プレミアリーグでは通用するのかな、という疑問がわいてしまう。
CL決勝トーナメントへ、セルティックを連れて行ってほしい。そうなれば、また道も開けるよ。

9.19_5.jpg小笠原は、ついに念願のヨーロッパの舞台で、ベンチに座った。
当然そんなことでは満足していないだろう。
勝負の時は、必ず来るはず。数は少ないような気がするけど・・・

大黒もチャンスはそんなにもらえないと思う。
5分、10分が勝負になってくるが、結果を出さなければいけない。厳しい。
厳しいけど、それがストライカーの世界だ。


オシムは、海外組の召集を考えているようだ。
だけど、彼らはそんなこと気にしてないんじゃないかな。
チームで結果を出したい、って必死だと思う。
それに水を差すような代表召集は、返って彼らの立場を悪くするだけだ。
今日本に帰ってきてもらう必要はない。
彼らにとって、今がほんと重要な時期だから。

みんな頑張ってほしい。
日本サッカー界の下落しつつある株価を、また高めてもらいたい。
僕らに、大きな夢を見させてくれよ。


H foot.net
差はあった。だが・・・
むらさき   23節 vs浦和レッズ 『個人の差とチームの差』
突っ走れ!
rossonero セリエA第2節 vsパルマ 『背番号10』
一歩一歩進もう! 上にね!
Japan Blue  中東遠征 『オシムのサッカーとは?』


  にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 ロナウドくん、よく言った。ちゃんと現実が見えてんだね。
 その決意、楽しみにしてるぞ。
この記事のURL | 国内 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
ミラン勝った チェルシーとアーセナルとバルサとレアルも
2006/09/18(Mon)
ミラン!勝ちました。
ついにかなったミランの生TV観戦。
やっぱ生でないとね。ナイトゲームってのが、さらによかったです。
僕的に雰囲気が出るんですよね。ヨシッ、始まるぞ!って気合が入りました。

9.18_1.jpgまぁ、あのメンバーですから、苦戦するのはある程度いたしかたなかったです。
それにしても、積極的にターンオーバー使ってきますね、アンチェロッティ。
成功してるおかげで、チームにどんどんいいが風吹き込んでます。

セードルフはいいですねぇ。
今のとこ、10番に見合ったプレーをしていると言っても良い。シーズンを通して、ってのがコイツの課題だからな。
でも、今シーズンはやりそうな気がする。

コンディション崩す選手や怪我人が出てきます。やばいです。
とくにピッポ。流れが途切れないことを祈るよ。
そして、ジラルディーノ。ちょっと頭冷やしてきなさい。
ネスタ。今は休んでていいから、絶頂期を取り戻せ。
ガットゥーゾ。風邪とか似合わん。

アスコリとリボルノも、ちゃんとやっつけようね。
そしたら、インテルと並んでるかも(笑)

9.18_2.jpgベンチに座らされたベッカム。こういう時、この男、強いよなぁ。逆境が好きなんだろね。
カペッロが言うには、一歩前進したらしいが、そうとは思えないよ。
エメルソンとディアラ、どっちか1人にしてくれ、って思うのは僕だけじゃないよね。

9.18_5.jpgまた、3?0。スペクタクルも見たいし、美しいサッカーは大好きだけど・・・
バルサが先に点取られないとゲームが面白くない。なんだか、バルサが苦しむ姿が見たくなってきた。
次節は、バレンシアか。
ビジャ。点取れよ。
勝てとは言わんからさ。


9.18_3.jpgやっぱ、チェルシーか。
ドログバは成長したと思う。頭が使えるようになったよ。
以前は、強引なだけだったけどね。

アーセナルが勝った。
と言うか、マンUが負けた、ってゲームだった。
ルーニーは、ぜんぜん。酷すぎた。
ロナウド。コイツはFKもそうだし、自分のドリブルに自分で酔ってるよね。
ギグス、パクが抜けて、マンUいきなり正念場。はやっ。大変だねぇ、ファーガソンは。


9.18_4.jpgこの顔見てよ。大人気ない。
マンUもう並ばれちゃったし、リバプールさよならって感じだし、やっぱ今シーズンもコイツなのか。

やっぱ、バルサを倒すのも、この男なのか。それも嫌だな。


H foot.net
差はあった。だが・・・
むらさき   23節 vs浦和レッズ 『個人の差とチームの差』
突っ走れ!
rossonero セリエA第2節 vsパルマ 『背番号10』
一歩一歩進もう! 上にね!
Japan Blue  中東遠征 『オシムのサッカーとは?』


  にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 反町、健全な選考をしてくれ

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | ACミラン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
広島は負けた・・・ などなど
2006/09/17(Sun)
9.17_1.jpg負けました・・・
ゲーム内容としては満足いくものでしたし、チームが歩んでいる方向性は、間違いじゃないことは明らかなんですが・・・
ウェズレイのラッキーゴール。ツキもあるのかな、と思ったが・・・
それにしても、何なんだ、闘莉王のシュートは・・・
なんで、よりによって闘莉王に決められるんだよ・・・
髪きたねぇよ!切れよ!
すいません。八つ当たりです・・・
悔しいよ・・・

いいゲームをできた。ことに満足してほしくはない。結果を残してもらわなくてはならない。
浩司に一発がくれば、すべてが好転し始めると思うんだが。
頑張ってくれ!浩司。このチームはお前がキーだ。
広島が高いところにいけるかどうかは、浩司次第だ。

9.17_2.jpgガンバは強い。ちょっと負ける気がしない。
播戸を食べるなら今が旬だ。粋があって、最高に脂がのってるよ。
こういうヒーローが出てくるあたりが、ガンバがうまく回っていることを表している。
日本人トップ?ウチの寿人は、あんなに頑張っているのに。コイツはラクして点取りやがってさ。


清水vs鹿島。
なんで国立のゲームだったんだろう。
ホームの連勝記録があんなとこでストップしたんだからもったいない。
清水サポは、理解にかけるだろうな。
アウトゥオリの思い切った策は奏功した。柳沢は消えていくんだろうか。
野沢のシュートは芸術的でした。アッパレです。
ただ、あのヒーローインタビューはいただけない(笑)
野沢は、新生アントラーズの指揮をとっていけるのかな?

9.17_3.jpg今シーズン初めてデポルを見たんだけど、メンバーの様変わりようにビックリした。
ただ、いい若い選手が揃ってて、面白いチームを作ってるね。
リキ・クリスティアンいい選手だ。
ビジャレアルは、つまずいちゃったなぁ。リケルメの目は、あまりにも覇気がなかったよ・・・



9.17_4.jpg最後に、インテルです。
良くないねぇ? いいねぇ?(笑)
ズラタンは悪くない。けどアイツは点とれねぇんだよ。あそこまでなんだよ。
アドリアーノに復調の兆しは見えた。が、フラーキの方がよっぽど危険な男だったね。
フィーゴを使わないなんて、マンチーニは自ら爆弾に火をつけたようなもんだ。
問題勃発なるか。次のローマ戦、早くも修羅場到来だ。勝てれば、言うことないが、難しいだろうね。
楽しくなってきましたよ。?8ポイント、いいハンデだね。

ちなみに、ユーべは勝った、らしいです。
デルピエロがFK決めたらしいけど、大苦戦に持ち込まれたらしい。
こちらは、?17ポイントのハンデが重くのしかかりそうですな。

H foot.net
差はあった。だが・・・
むらさき   vs浦和レッズ 『個人の差とチームの差』
突っ走れ!
rossonero CL vsAEKアテネ 『光が差し込んだ大勝』
マンUいいですよ。
this game  マンUvsトッテナム  『ファーガソンの覇権奪回プラン』
一歩一歩進もう! 上にね!
Japan Blue  中東遠征 『オシムのサッカーとは?』


  にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 台風よ!頼むからミランを見させてくれ!
この記事のURL | サンフレッチェ広島 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
CL開幕2日目 新感覚サッカー観戦
2006/09/14(Thu)
このゲームも生TV観戦がかなわなかったので、少しでも臨場感を味わおうと、病院のベット上で携帯を開いてライブ中継を楽しむことにしました。
これが、予想以上に面白かったです。
すごいスリル満点なんですよ。更新されるたびに、ほんともうドキドキで。
インザーギの先制点が表示されると、「よっしゃ」声が出てしまいました(本当にすいません)
俊輔がFK決めた時もです。レアルが先制された時は、笑いました。
結構充実してましたね。この新感覚サッカー観戦。スリルを求める人と、神様を信じている人には、お勧めです。
9.14_1.jpgこの男、インザーギの好調振りは、素晴らしいですね。
この叫び、1ゲームに1回は見せてくれますから、すごいです。
世界中を探しても、今の彼を止められるヤツはいないでしょう。
ペレ、マラドーナ、ブラッターでも、金正日や、ブッシュでも、絶対無理です。

9.14_3.jpgアンチェロッティもなかなか思い切ったメンバーをスタメンに並べてきましたね。
ちょっと驚きました。
それにしても、この笑顔。アゴのたるみが・・・

ピルロ、ネスタ、セードルフを休ませてのこの大勝ですから、この笑顔が出るのも、致し方ないということにしときましょう。



9.14_5.jpgグルクフ?グルギュフ?グルカフって書いてるとこもあるし、はっきりせい!って感じですが、高評価通りの活躍を見せてくれたようですね。
スタメン出場にも驚きましたが、いきなりゴールを決めるとは、たいしたもんです。
初めて見ましたが、なかなか男前で、ミランらしい顔してるじゃないですか。
彼こそが、本物の「ジダン2世」であることを祈りましょう。
今季のミラン。楽しみがさらに増えました。

9.14_4.jpgなんといっても、今日のハイライトはこれでしょう。
俊輔の左足が火を噴きました。それも、最高の舞台でそれをやってのけるんですから、本物の証です。
ゲームは惜しくも負けてしまい、スールシャールに話題をさらわれた感はありますが、この調子を維持して、目指せ!グループリーグ突破です。
決勝トーナメントでその左足の価値を、また魅せつけてもらいたいです。




9.14_2.jpgリヨンは完全にレアルの宿敵ですね。
カペッロをもってしても倒すことは出来ませんでしたから。
まだチーム作りの段階なので、きっちりとしたDF組織のあるチームには、歯が立たないということでしょう。
あのメンバーで完封されてしまうんですから、サッカーってのは、チームスポーツなんだということをまざまざと感じさせてくれます。
連携や団結がマネーを超えてしまうことを、リヨンというチームは証明し続けてくれています。
W杯後のシーズンということを考えても、リヨンはビックイヤーの有力候補といえるかも知れません。

H foot.net
突っ走れ!
rossonero 開幕戦vsラツィオ 『サンシーロに、新しいスターが生まれた日』
マンUいいですよ。
this game  マンUvsトッテナム  『ファーガソンの覇権奪回プラン』
一歩一歩進もう! 上にね!
むらさき   vs名古屋グランパスエイト 『次のラウンドへ』
Japan Blue  中東遠征 『オシムのサッカーとは?』


  にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 平山、平山、うるせぇよ。

テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | ACミラン | CM(2) | TB(1) | ▲ top
CL結果 負けたのはやっぱりあのチーム
2006/09/13(Wed)
9.13_3.jpgついに幕を開けたチャンピオンズリーグ。
決勝の地、アテネを目指して、激しいバトルが今季も展開され、いくつもの伝説、 筋書きのないドラマ、そして因縁が生まれるでしょう。
プライドをかけた男たちの、本気の勝負が始まりました。

まず、チェルシーですが、バラックが決めてきましたね(PKですけど)難敵と思われたブレーメン相手に、きっちり勝利しました。
さすがに、勝たないといけないゲームは勝ってきますね。ご立派です。
バラックもホッとしたでしょう。これで一員になれるんじゃないでしょうか(PKですけど)

9.13_4.jpg連覇を狙うバルサですが、こちらはなんと言いますか、王者のゲームをしましたね。7分にゴールを与えては、こうなっちゃいますよ。
レフスキ・ソフィアのカンプノウツアーは、主役を引き立てる、ふさわしい形で終わっちゃいました。その後のバルセロナ観光も、さぞかし盛り上がり楽しめたことでしょう。
ロナウジーニョ、きましたね。まだ、全快とはいかないようですが、やるときはやりますね。



9.13_1.jpgこのメンバーで負けますかねぇ。完封されるなんて信じられません。
ヴィエラの退場があったとしても、アドリアーノとズラタンの2トップが、不発に終わるとは。(1点ぐらい取れ)
マンチーニは、ちゃんとゲーム前に玉を積めとかないといけません。忘れていたんでしょうか。

9.13_2.jpg大勝をを収めたローマとバイエルン。そして、モリエンテスのハットトリックがあったバレンシア。
稲本はフル出場しましたが引き分け、これは痛いですね。ガラタサライはアウェイで踏ん張れ、です。
強豪は順当な滑り出しです。そうです、つまづいたのはインテルだけです。
あと気になるのがリバプールですね。
このゲームはジェラードを休ませるなど、ターンオーバーを試みているんですが、うまくいっていない。まず、チームを固めて軌道に乗せることが先決だと思いますけどね。


H foot.net
突っ走れ!
rossonero 開幕戦vsラツィオ 『サンシーロに、新しいスターが生まれた日』
マンUいいですよ。
this game  マンUvsトッテナム  『ファーガソンの覇権奪回プラン』
一歩一歩進もう! 上にね!
むらさき   vs名古屋グランパスエイト 『次のラウンドへ』
Japan Blue  中東遠征 『オシムのサッカーとは?』


  にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 がんばれ?俊輔!
 ピッポ、ヨロシクね。

テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | 海外 | CM(3) | TB(2) | ▲ top
チャンピオンズリーグ開幕プレビュー
2006/09/12(Tue)
9.12_1.jpgいよいよ、今シーズンもチャンピオンズリーグの幕が上がります。
注目はなんと言ってもこの男、モウリーニョです。
「欧州チャンピオンズリーグに優勝するだけでは満足しない。クラブ世界王者が目標だ」またでかいことを言ってくれちゃってます。
昨シーズンのバルサ戦の敗退は、彼のプライドをひどく傷つけたでしょう。
就任3年で、世界最強チームを作ると宣言してましたからね。楽しみです。
僕がコイツを好きな理由は、有言実行するところです。別に応援してるわけじゃないんです。どっちかって言うと、負けた時の顔のほうが見たいです。ただ、コイツには勝ち誇っている顔のほうが似合うとは思います。

そして、チェルシーでもう1つの注目のは、シェバです。
ミランで積み上げたCLでのゴール数をどこまで伸ばせるか。
それと、チェルシー対ミランは、見たくないです。

優勝候補の筆頭といえるのは、やはり昨季王者のバルセロナです。
UEFAの神様はあまりにもしつこいヤツのようで、チェルシーとのマッチアップを、今度はグループリーグに持ってきました。ライカールトは、もううんざりでしょうね。
バルサの強さは、少し抜き出ています。ストップ・ザ・バルサが各チームの合言葉になりそうです。

今季は、中村が待望のCLの舞台に上ります。
初戦でいきなりオールドトラフォード。そこで、どんなプレーを魅せてくれるのか。とても楽しみです。
ガラタサライに移籍した稲本もCLに登場。欧州デビューを飾ったCLの舞台で、成長した姿を見せてほしい。

ミランは、予備予選からの出場を余儀なくされた分、グループリーグは恵まれた。ここでの敗退はまずないはずだ。
一歩一歩確実にビックイヤーへの道を登っていってもらいたい。

はたして、今シーズンはどんなドラマが用意されているのでしょうか。
レアルの復権あるのか。カルチョの汚名挽回でイタリアがくるのか。
W杯後のシーズンであることを考えると、サプライズも十分に考えられる。
はたして、はたして、栄光のビックイヤーは誰が掲げるのでしょうか。
マルディーニに有終の美を!僕は、こうなることを、祈ってます。↓
9.12_2.jpg


H foot.net
マンUいいですよ。
this game  マンUvsトッテナム  『ファーガソンの覇権奪回プラン』
一歩一歩進もう! 上にね!
むらさき   vs名古屋グランパスエイト 『次のラウンドへ』
Japan Blue  中東遠征 『オシムのサッカーとは?』


  にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 ひざが曲がらねぇ

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | 海外 | CM(1) | TB(1) | ▲ top
セリエ・リーガ・プレミアダイジェスト
2006/09/11(Mon)
ついに迎えたミランの開幕戦。
涙がこぼれますが、生放送を見ることができませんでした。
こんな出来事は、いつ以来だろう。
ここ5年はなかった気がします。
マジで涙です。

まずこの男、インザーギがやってくれたようですね。
9.11_6.jpgそして、ミランの救世主となったのが、新生7番、オリベイラだというじゃないですか。
素晴らしい。なんと感動的なことでしょう。
早く見たい。
早く見てぇぞ。
ジンマシンでそうだ。

まぁ、何より勝利の報にホッとしてます。

9.11_5.jpg
インテルも開幕を白星で飾りました。
ズラタンが早速ゴールを決めましたね。
まぁ、開幕からこけてもらっては倒しがいがないですから、頑張れよって感じですかね。
トーニは今年も走るんでしょうか。
9.11_4.jpg

マンチーニは、かなり胸を撫で下ろしたことでしょう。相当なプレッシャーがかかっていたはずですからね。




もう1チーム、ミランのライバルといえるローマですが、こちらもしっかりと勝利を収めました。
今シーズンのローマのサッカーは、昨シーズンと変わりなく、トッティのワントップで、そこそこ機能してました。
デ・ロッシのシュートは圧巻でしたし、フランチェスコ王子もPKはずすなんて洒落たことして、ローマらしさたっぷりでした。
今シーズンも粋のいいローマが見れそうです。

9.11_1.jpg続いて、リーガですが、ニステルのハットトリックとは驚きです。
まだまだ、ゴールハンターの能力はサビてなかったんですね。
相棒ベッカムもいることですし、ゴール前にいいボールが入れば、ゴールを量産する可能性はあります。
ただ、ロナウドとの共存はありえない。
どうなるでしょうか。
9.11_3.jpg
各チームに警告です。
さっさと、こいつら→→を負かしとかないと、大変なことになるかもしれませんよ。
連勝街道を突っ走ってしまう可能性大です。
カタルーニャの人々の幸福な日々は続きそうです。
ラシンは無理でしょうから、4節、バレンシアに期待しましょう。



9.11_7.jpg最後にプレミアです。
マンU、かなりいいと思います。
ファーガソンの笑顔がはじけてます。あと、目が燃えてます。

ギグスのキレは素晴らしいですね。マンチェスターも幸福に包まれてました。
それに比べて、リバプールとアーセナルのつまづきようは、ひどいもんです。
チームの完成度の差がもろに出てますね。
相変わらずチェルシーは勝ち点積み上げてきますし、取り返しのつかないことにならなくなる前に、どうにかしないとやばいですよ。
次節は、早くもこの4強の直接対決です。
ここで、リバプールとアーセナルがあっさり負けるようだと、つまらない。
とくにリバプールには、勝利を見せてもらいたいですね。
ジェラードの雄叫びが見たいです。


H foot.net
rossoneroは、明日、映像を見次第、即書きます。
マンUいいですよ。
this game  マンUvsトッテナム  『ファーガソンの覇権奪回プラン』
一歩一歩進もう! 上にね!
むらさき   vs名古屋グランパスエイト 『次のラウンドへ』
Japan Blue  中東遠征 『オシムのサッカーとは?』


  にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 やっぱ、ピッポ
 

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | 海外 | CM(4) | TB(2) | ▲ top
マージーサイドダービーと鹿島vs京都
2006/09/10(Sun)
早くも迎えたマージーサイドダービーは、まさかの3?0というスコア。エバートンの圧勝でした。

ミス絡みで失点を積み重ねてしまったリバプールが自滅したって感じは否めませんね。
ベニテスの采配も腑に落ちません。クラウチとファウラーの2トップという選択は、間違いだったことは誰の目にも明らかです。
ベラミーはCLに向けて温存したんでしょうが、ベニテスはモウリーニョなんかと違い、このやり繰りがうまくない。
シーズン序盤の勝敗は、とてつもなくチームに与える影響が大きいと思うんですけどね。
ジェラードのガッツポーズは、もう少しお預けのようです。

勝ったエバートンは、ほんとプレミアシップのチームらしい好チームです。全員ファイターです。モイーズは、このゲームでも大満足でしたでしょう。
なかでも、アンディ・ジョンソン、ケイヒル、アルテタ。とてもホットないい選手です。
ロケットスタートを切ったエバートン。いい補強をして、選手層も充実しています。
モイーズのチームはいいシーズン悪いシーズンが交互にきますから、今季はやるはずですよ。楽しみです。

さすがにマージーサイドダービーはいい雰囲気でした。
お客さんの力が、選手にプラスになってるのは十分伝わってきた。グッディソン・パークは、とても幸福に包まれていました。
選手と観客が一体と化して、リバプールを飲み込んだって感じでしたね。


比べるのはどうかと思うんですが、先ほど行われた鹿島vs京都。
カシマスタジアムは最近お客さん入ってないんですね。とてもさびしかった。
そんで、ゲーム内容もかなりさびしいものだった。スペクタクルどころか、その香りさえあまりしてこない両チームの戦いぶりでしたよ。

鹿島は、完全に転換期を迎えなくてはならない。アウトゥオリ監督のやり方次第では、一気にどん底に落ちてしまう危険性すらある思う。そうならない為には、柳沢なんかの奮起が必要だと思うが、今日はかなり醜かった。黄色信号がともりつつある。
とはいえ勝ったんだけどね。
ナビスコ必勝だね、鹿島は。タイトル取ったら変わると思う、このチームは。
柳沢より田代を使うべきじゃない?

柱谷監督を、なぜ京都はクビにしないんだろう。いまさら何かを期待しているんだろうか。
柱谷監督は、レパートリーを全部出し尽くたんじゃないのかな。状況は、一向に改善されているとは思えなかった。
まぁ変えればいいってもんじゃないけど、後任がいないってのが現実だろうね。
せっかっく上がってきたんだから、最後まで悔いなく戦うべきだと思う。選手はもちろんだけど、クラブ全体でね。
応援してくれているファンのために、最善を尽くすのがあるべき姿でしょ。


H foot.net
一歩一歩進もう! 上にね!
むらさき   vs名古屋グランパスエイト 『次のラウンドへ』
Japan Blue  中東遠征 『オシムのサッカーとは?』

  にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 平山はJを舐めてる気がする
 各チームに告ぐ、こいつに絶対点取らせるな!

テーマ:イングランド・フットボール - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | 海外 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
J 22節 神奈川・大阪ダービー
2006/09/09(Sat)
やっぱり、ビックアーチに行くことは、出来なかった。
悲しい・虚しい、が仕方ない。
引き分けたらしいね。こんな他人事のようでごめんなさい。
明日、VTR見て感想書きますね。
44分に俊介登場って、なんじゃそれ!

ということで、いい子してTV観戦に励みました。
まず神奈川ダービー。
チームの完成度の差が、もろに出てしまっていました。
先制点はCKでしたから、横浜FMはゲームのツボを逃したと言えるかもしれませんが、川崎の狙い通りのゲームだったと言ったほうが正しいと思います。
流れを引き寄せる力が、今の川崎にはあります。そして、しっかりと攻めの形が共有されています。中村は、チームを動かせる選手です。とてもよく利いてますね。
行き当たりばったり感が強い今の横浜FMは、ミスの多さが目立ちました。久保までたどりつかずです。
両チームの順位の差がうなずけるゲームでした。
ジュニーニョはアッパレですが、我那覇もいいです。

次は大阪ダービー。
ガンバは大人ですねぇ。両チームの差は歴然でした。
ガンバとセレッソの選手の、パスの質は大きく違っていました。それは前半からです。遠藤が入った後半からは、さらに差が開きました。
この差は、出し手の精度の問題もありますが、受け手との関係も影響があると思います。
2人、いや、チーム全体としての狙いの共有ができ、それを信じることと、また、求めること。そして、それを行うだけの技術。
ガンバのレベルは非常に高かったです。
嘉人は、俺の走っとる前にボールを出せって感じだし、淡白。
それじゃあ、ダメだよ。何度も動きなおし、何度も繰り返さないと。
人のせいにしちゃダメだ。

この2つのゲームを見て、パス1本の大切さを感じたし、パスってのは、出し手と受け手がいてはじめて成立するってことを深く感じた。
お互いの狙いの、共有と要求が、勝ったチームは出来ていた。
川崎とG大阪は、これからもいいサッカーを魅せてくれるだろう。
そして、勝つだろう。


H foot.net
Japan Blue 中東遠征 『オシムのサッカーとは?』書きました。
index_blue.jpg←クリック!クリック!

ついに、明日だ!!!
rossonero no.29 06?07シーズン展望 『いよいよ開幕』


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 ルーニー! なんでよ なぜだよ 
 お前もハゲみたいに後悔なしとか言うわけ
この記事のURL | 国内 | CM(2) | TB(1) | ▲ top
明日、セリエA開幕
2006/09/08(Fri)
9.8_1.jpgまずは、我らがレジスタ、ピルロが2011年までミランと契約を更新したという嬉しいニュースをお伝えします。
W杯では、カップを掲げたアズーリの中心として、ミランと同じくピッチの中央に君臨し、その力を存分に見せ付けたピルロ。
今季もミランでのフル回転、フルパフォーマンスが期待されます。
割くシーズン終盤には影を潜めた、必殺のFKにさらなる磨きをかけ、ゴール量産にも期待大です。


さぁ、いよいよ明日。セリエAの幕が上がります。
いろいろあったことには触れません。
みなさん、カルチョを楽しみましょう。

ブックマークの予想では、インテルを押す声が圧倒的です。
ディノ・ゾフは「今年はインテルのものだ。今回勝てなければ、一生勝てないぐらいだ」と語っているようです。
昨シーズン17年ぶりのスクデットを獲得した(17年振りがあれかよ、笑)インテル。
はたして、連覇はあるのでしょうか。
鍵を握るのは、マンチーニですね。
すばらしいメンバーが揃ったことは誰もが認めるところ。
ただ、ズラタン、アドリアーノは気まぐれ野郎です。どのようなたづなさばきを見せるかですね。

対抗馬は、ミランとローマがもつれているといった感じです。
ミランは、シェバが抜け、戦力のアップが見られなかった今季は、苦戦が必死です。
CLも戦うとなれば、層の薄さは深刻です。どれだけベストメンバーで戦えるかがポイントです。ベルルスコーニの冬のメルカートには期待したい。
ただ、今季はなんと言っても、マルディーニのラストシーズンです。
彼のためにも、チーム一丸となり、タイトルへと突き進んでもらいたいです。

ローマはスパレッティの下、セカンドシーズンです。
今季はピサロが加わりました。より理想のサッカーへと近づくことでしょう。
昨季はローマっ子たちをうまくまとめあげることに成功しましたが、むらっけたっぷりの彼らを、いかに戦闘集団へと作り上げれるか。チームは生き物ですから、今季はまったく別のチームが出来上がるかもしれません。とくにローマはね。

スクデットはこの3チームのいずれかが獲得することは間違いないでしょう。
今季は、ハイレベルな勝ち点の争いになると思われます。取りこぼしは命取りになるでしょう。
ミランは、?8ポイントからのスタートです。ロケットスタートを見せてもらいたいです。

フィオレンティーナ、サンプドリア、パレルモには、ぜひリーグを盛り上げる活躍と、素晴らしいサッカーを見せてくれることを期待したいです。サプライズを!ぜひです。

大黒のトリノは、監督が変わり、なんとザッケローニです。
大黒にとってどういう風が吹くのか。これはチャンスと捉えるべきです。
トリノ自体は、こけると思います。ザックはいい監督では、ありません。
小笠原はどうなるのか。監督次第、結果出せ、ですね。
1ゲームも出れないってことはないでしょう。勝負どころはすぐにやってくると思います。シーズンを左右するのは最初の5ゲームぐらいでしょうね。

H foot.net
Japan Blue 中東遠征 『オシムのサッカーとは?』書きました。
index_blue.jpg←クリック!クリック!

明日は、勝てよ!
むらさき no.35 名古屋戦プレビュー 『ペトロヴィッチサッカーとは』
ついに、今週セリエA開幕です!!!
rossonero no.29 06?07シーズン展望 『いよいよ開幕』


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 何でよスカパー
 どう考えても、インテルvsフィオは放送せんといかんだろ
この記事のURL | ACミラン | CM(4) | TB(0) | ▲ top
これは伝統なのか イエメンvs日本
2006/09/07(Thu)
9.7_1.jpgこれは、日本伝統の力なのだろうか。
ジーコが残した良き遺産、というべきなのだろうか。

それにしても、笑わせてくれる。
いきなり生まれ変わることがないのは重々承知していたけど、ほんとに変わってないなんて。
というか、経験がない今回のチームのほうが・・・
初心者マークをはって運転するのは別にいいけど、ベンツにはっているような不恰好さだ。ベンツに乗るには、それ相応のなんらかが必要だと思うけどね。

オシムは選手をかばい、確実な一歩を踏んだと言った。
さまざまなエクスキューズがあったのはよくわかるが、時間がほしいでは、前任者と一緒ではないか。
やりたいことが見えてこなかった。やりたいことがあったとしても、それを行う前にミスをしてしまっている。
闘莉王が一番目立つサッカーをしていては、明るい未来はやってこない。
明日、H foot.netのコラムで、冷静に、詳しく書きます。


ガンガン書きます。
むらさき no.35 名古屋戦プレビュー 『ペトロヴィッチサッカーとは』
ついに、今週セリエA開幕です!!!
rossonero no.29 06?07シーズン展望 『いよいよ開幕』


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 会見終了後、オシムは笑顔だったらしい
 勝利ってすごいよね

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | 国内 | CM(2) | TB(6) | ▲ top
早くも苦境?オシムジャパン
2006/09/06(Wed)
9.6_1.jpgオシムジャパンは早くも苦境に立たされているのだろうか。
僕は、そんなことないと思う。確かにサウジ戦にはがっかりさせられたけど、オシム自身も語っていたように、彼は魔術師ではない。日本が生まれ変わることなんてありえない。
オシムが請けたビックな仕事は、まだ始まったばかりであり、真価を問うべきは、まだまだ先の話だ。
しかし、当然最低限の結果を残してもらわないといけないこともまた事実。
そう、この結果というのが、ややこしい。
勝利こそすべて。言いようによってはこれは正しい。
この考え方によって、4年間ジーコに黙らされてしまっていたわけだ。内容のない薄氷の勝利に、逆に感動し祭り上げていた時期もあった。
そして、内容という定義もまた難しい。
ボールポゼッションで圧倒すればいいわけでもないし、5点取ればいいというわけでもない。サッカーにおいて、完璧な勝利はありえないし。
僕の考えでは、明確な意図を感じ、その方向にみんなが向いて躍動している。そんなゲームかな、と思う。

オシムに求めるのは何なのか。
報道を見ていると、とんでもない危機に瀕しているように伝えられている。
アジア相手に、負けは許さないということか。
もし、その気持ちが本心なのならば、かなりの楽観主義の方か、強い愛国心をお持ちの方なのだろう。
僕もサウジ戦にはがっかりした。
オシムも言っていたように、勝ちに行く姿が徹底されていなかったのが残念だった。
負けを簡単に受け入れすぎのようで、W杯で感じた寂しさをまた感じた。
僕がオシムにもっとも期待している部分は、1つにまとまった強い気持ちを持つチームを作ってもらうことと、成長のベクトルを1つ1つのゲームで描いてほしいということ。

今夜のイエメン戦。かなり過酷な状況のようだ。
僕に言わせれば、見ごたえ満載のゲームになった。サウジ戦で学んだことと、見せてくれなかったものを、今夜のオシムジャパンには見せてもらいたい。


H foot.net
ついに、今週セリエA開幕です!!!
rossonero no.29 06?07シーズン展望 『いよいよ開幕』
ガンガン書きます。
むらさき no.34 8月、怒涛の4連戦 『観に行けない、辛さ』
this game no.25 大分vs浦和 『笑顔なき、伸二』


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 平山くん 失望したよ
 お前これからどうすんの
この記事のURL | 国内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カカ爆走 ドゥンガ、おめでとう
2006/09/05(Tue)
9.5_1.jpg
「自分の代表でのゴールで一番きれいなゴールだった」
とコメント残したカカ。
スタメンの座を奪われ?後半途中からの出場となったが、いきなりアシストを決めひと仕事こなすと、70Mを独走してゴールを決めるというスーパープレーをやってのけた。
このゴールは、カカのもっとも得意とするプレーから生まれたもの。カカに、前を向いてスピードに乗られ、スペースを与えてしまえば、止めることは不可能。まさに真骨頂の発揮でした。
この美しいゴールを見て、カカの偉大さを再確認し、カカがミランの選手であることの幸せに感じましたね。

3?0という予想外のスコアになったわけだけど、アルゼンチンがチャンスをものにできなかったという見方もあると思う。
ただ、僕はただ単にブラジルが、強いブラジルが戻っただけのような気がする。2005コンフェデのときの、信じられない強さを見せ付けたブラジルにね。
セレソンを本当の姿に戻したのは、紛れもなくドゥンガだ思うよ。
ドゥンガがやるべきことは、そんなに多くないと思うんだ。
適切なメンバー選考を行い、健全な刺激を与え、闘うグループを築き上げる。
そして、セレソン特有のファミリーという部分を大切にしつつ、勝利の意識を徹底させる。
って、そんなに簡単なことじゃないけど。
でも、この結果により、自信を得ただろうし、仕事が進めやすくなるだろうね。
それにしても、ベンチに座っているドゥンガって、以外に大人しいんだね。

負けちゃったアルゼンチンですけが、タイプの似た選手が多く、パスの出し手は豊富なんだけど、受け手がいない。
ブラジルは2得点したエラーノがスペースへ走り、フィニッシュへつなげたけど、アルゼンチンには、スペースに走りこむ選手がおらず、足元ばかりだった印象を受けた。
まぁ、メッシをはじめ、それがめちゃくちゃうまいから、スタイルと言われれば、それで通用するとも思うけど。
あと、キャプテンマークを巻いたリケルメが、ちょっと元気がない気がしたのは、気になるね。

エミレーツ・スタジアムって、なんかただっぴろい感じがして、雰囲気がないよ。
ハイバリーのほうが、断然いいスタジアムな気がするなぁ。


H foot.net
ついに、今週セリエA開幕です!!!
rossonero no.29 06?07シーズン展望 『いよいよ開幕』
ガンガン書きます。
むらさき no.34 8月、怒涛の4連戦 『観に行けない、辛さ』
this game no.25 大分vs浦和 『笑顔なき、伸二』


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 どうなる?オシムジャパン
この記事のURL | 海外 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
vsサウジ 黒星
2006/09/04(Mon)
負けちゃいましたか。
実はまだ映像を見ることができてないんで、すごい他人事です(笑)
まぁ、当然起こりうる結果として、別に驚きも、ショックを受けもしませんね。
オシムマジックなんて、ありえませんよ。
どこか期待してた自分がいることも事実ですけど。


オシムの会見を読んでいて、ちょっと意外というか、もっと選手に対して叱咤激励というか、ひどい言葉を言うのかなと思ってたら、そうでもなかった。
CBの不在を嘆いていますけど、闘莉王と坪井がベストだと僕は思えません。松田、岩政や山口なんかも試してほしいと思いますが。
でも、日本最大の欠点といえるポジションは、CBなんでしょうね。
これは頷けます。

明日、映像として見ることができそうなんで、詳しく書きます。

H foot.net
ついに、今週セリエA開幕です!!!
rossonero no.29 06?07シーズン展望 『いよいよ開幕』
ガンガン書きます。
むらさき no.34 8月、怒涛の4連戦 『観に行けない、辛さ』
this game no.25 大分vs浦和 『笑顔なき、伸二』


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 奮起せよ!俊輔

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | 国内 | CM(1) | TB(2) | ▲ top
さぁ サウジ戦
2006/09/03(Sun)
真価が問われる戦い
9.3_1.jpg対戦相手として、サウジアラビアは、ちょうどいい物差しになりそうです。
このチームは、どれほどのポテンシャルを持っていて、どこまで発揮することができるのか。
オシムさんに、一つ目の評価が下されるゲームであり、結果と内容、共に、とても大事だと思います。
会見を読んでみても、その胸中は、まったくうかがい知れませんが、このゲームの重要度は、かなり高いと思っているみたいですね。
ゲーム終了後の会見が楽しみです。


9.3_2.jpg寿人の先発、あるんでしょうか。
今の寿人はキレキレです。ゴールの予感がプンプン匂います。
途中からではなく、ぜひ頭から。
相手にとって、これほど嫌な選手はいないはずです。

猛烈な暑さの上、過密日程と連日のハードトレーニング強いられてきた選手たちは、辛いに違いないと思います。
そんな中、どれほど意地をみせることができるか。
相手もかなり、本気モードのようです。
ガチンコ勝負です。観たいのは、「勝ちに行く日本」です。



9.3_3.jpgフェルナンドの1発で、鹿島が先勝した、昨日のナビスコ杯。
結構面白いゲームでした。
柳沢が、彼らしく頑張ってたし、野沢の気合も十分感じた。脱小笠原、目指せ10冠。このゲームに関しては、いい方向に向かっている兆候が見られました。
一方の横浜ですが、面子不足は隠しようがなかった。
もう、監督交代によるトリップ状態は終わりました。水沼監督には、采配というやつを見せてほしいですね。
勝負師としての力量を問われる、リターンマッチが楽しみです。

内田篤人のプレーには、積極性と謙虚さとまじめさが、よく現れています。とても、いい選手だと思います。
彼は、代表に召集された梅崎と同級生だと思うんですが、彼らのような、個性があり、いいマインドを持った選手が、最近出てきているなと思います。
家長マインドは、西野監督に理解されていないようですけど、僕は大好きです。
これからも、ガンガン溢れ出てきてくれれば、日本サッカーの未来も明るいと思います。

H foot.net
コラムがんがん書きます。
むらさき no.34 8月、怒涛の4連戦 『観に行けない、辛さ』
this game no.25 大分vs浦和 『笑顔なき、伸二』
ヨロシクです。

    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 インザーギ、調子いいねぇ?

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | 国内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
プレミアのゆくえ
2006/09/02(Sat)
プレミアが開幕して、もう3ゲームが経過しました。
移籍市場も終わり、戦力もぼんやり見えてきたんで、今シーズンのプレミアを占ってみようと思います。

まず、チェルシーです。
今季はもう、プレミアの優勝だけでは、成功と言い切れない感じさえします。ビックイヤー獲得が一番の目標になるでしょうね。
その為にか、今季は、世界トップクラスのの完成品を捕りにいき、シェバ、バラックを早々に獲得。そして、ついにA・コールも手に入れました。
ただ、今回の移籍市場、モウリーニョの意向は、ほとんど反映されていなかったようで、ついに、不満ぶちまけたようです。
ただ、普通に考えて、昨シーズンよりも、戦力がアップしたことは間違いない。シェバという武器を手に入れたのは、とてつもなくでかいですよ。シェバは、ゴールを奪える選手です。格として、信頼でき、それに応えれるヤツですから。
要は、DFですね。これまでのような堅さを維持できるなら、プレミア制覇は、何てことないでしょうね。
モウリーニョは、3年で最強のチームを作るといっていました。コイツは、有言実行しますからね。楽しみです。

好発進をきったマンチェスター・ユナイテッド。
補強は思うように進みませんでしたが、今いるメンバーで、十分戦えることは、証明してくれました。とにかく、けが人が出ないこと。これが一番重要です。
実は、仲がいいらしいルーニーとC・ロナウドがもう一皮向けて、安定感を出してくれれば、十分優勝争いに絡む戦力は持ってます。
ファーガソンの衰えない執念を、チーム一丸となって体現できれば、面白いチームになりそうです。

いい選手を集めたな、と思うリバプール。
ベニテスの采配が楽しみです。ベラミー、カイトの獲得で前線のコマは揃いました。いかに勝ちぐせをつけさせることができるかです。勝負強いのか、弱いのか、よくわからないチーム。ジェラード次第から脱皮できれば、勝ち点を積み重ねられるでしょうね。
ただ、なんといってもジェラードです。彼の活躍は不可欠。
取りこぼすな!粘り強く、1ゲームを大切に戦え!です。

してやったり、って感じで移籍市場を終えたアーセナル。
ベンゲルも十分満足のいくものだったでしょう。
新設されたエミレーツ・スタジアムで、覇権奪回の下地は整いました。
今シーズンのアンリはいかに、ってとこは、とてつもなく大きいんですが、周囲の選手が、昨シーズンの経験もありますし、戦力アップもある。
また、強いアーセナル復権の予感プンプンします。
あっさりと1敗目をきっしてくれちゃいましたが、エミレーツ・スタジアム不敗記録を伸ばしてくれるんじゃないでしょうか。

今季のプレミアの移籍は、かなり活発なものでした。かなりのビックネームがやって来ました。
なかでも、ウェストハムにやってきた、テベスとマスケラーノ。これには驚きましたね。
また、新たな風を吹き込んでくれそうです。

今、プレミアが世界最高のリーグになった感があります。
最も話題性がありますし、戦力の充実度は、群を抜いていると思います。
僕としては、ストップ・ザ・チェルシーを合言葉に、一致団結してリーグが進んで行ってくれれば、とても面白い展開になると思いますが。モウリーニョの困った顔、見たくありません?

H foot.net
コラムがんがん書きます。
むらさき no.34 8月、怒涛の4連戦 『観に行けない、辛さ』
this game no.25 大分vs浦和 『笑顔なき、伸二』

ヨロシクです。

    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 筋トレをがんばろう

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | 海外 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
スタート
2006/09/01(Fri)
まさか、こんなことになるなんてね。
バイクで事故って、右ひざを骨折・・・
ただいま、病院のベットの上から更新中です。

8/16日に救急車で運び込まれ、もう半月が経過しちゃいました。
その間、サッカーの世界は、とめどなく動き続けています。
ものすごいニュースの数々。たった数日で浦島太郎になってしまいますから、ほんと、すごいスピードです。
プレミアは開幕し、マンUが好発進。ミランのCL出場が決まり、スーパー杯でバルサがぼろ負けし、リーガ・エスパニョーラが開幕。レアル、勝てずで、バレンシアへのホアキンの移籍成立。CL抽選会は、チェルシーのシード落ちによって、またも、バルサと対戦することに。
Jリーグは怒涛の4連戦。僕が企てていた、大阪、鹿島遠征旅行は、はかなく消え、スタジアムで広島のゲームが見れないばかりか、TVでの生観戦もままならず。怪我の痛みは、最もこういうところに突き刺さりました。

そして、昨日。
いやぁ、何年ぶりだろ、こんなに活発だった移籍市場は。
大変お騒がせしたアーセナルの2人、A・コールは、チェルシーへ。レジェスは、レアルへ。それに伴い、ギャラスとバチスタをアーセナルが獲得、という、まぁ無難な結果で終焉。
ミランは、正式にオリベイラの獲得を発表し、ユーヴェは、更なる放出を抑えることに成功。
ビビッタのがこれ。テベスとマスケラーノのウェストハム移籍だ。何でウェストハムなの?って感じだけど、こいつらは、間違いない実力者。これでまたひとつ、プレミアに火がついた感じがするね。僕個人の意見とすれば、テベスはミランにきてほしかった。7番を背負ってほしかったけどね。
稲本のガラタサライ移籍も驚いた。いい移籍だと思う。このチャンス、是非ともものにしてもらいたい。
大黒もトリノへの移籍が決定。小笠原もメッシーナへ行ったし、さぁ、今年もセリエAも、楽しみだね。
結果、結果、結果でしょ。オシムさん、こいつら呼ばないの頭おかしいよ、ぐらいの活躍お願いしますよ。
そういえば、俊輔のセルティックもいい補強しました。名前の長いオランダ人ストライカーとグラベセンの獲得。CLでは、マンUと同組になりました。一泡吹かせられますでしょうか。
ロナウドは、結局、買い手が見つからなかった、ってのが本音なんじゃないでしょうか。
まぁ、ミランにこなくてホッとしてます。
カペッロはどうすんでしょうかね。心配というか、好奇心大です。

さぁ、始まります、06/07。
僕個人としては、最悪なスタートを迎えてしまうことになってしまいましたが、もう開き直って、見れる限りサッカー見てやろうじゃないかと思ってます。

気合で、コラム書きまくります。
this game no.25 大分vs浦和 『笑顔なき、伸二』
よろしくお願いします。


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 リニューアル!
 ほんとに、いろんな意味で
この記事のURL | サンフレッチェ広島 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。