スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
サッカーを読む
2006/10/03(Tue)
この秋は、僕にとって読書の秋になっている。
まぁそれには、そうなるべき事情もあるのだけど・・・

読むといっても、やはりもっぱらサッカーの本ばかりです。
他の本を読めばいいのに、とは自分でも思いますが、これが結構面白いんです。
サッカーの本といっても結構なジャンルがあります。
作られた物語や、現実のドラマ。歴史を教えてくれるものもあれば、1人のプレーヤーに感銘を受けたりする。
サッカーというスポーツの枠の中なんだけど、ほんとさまざまなドラマがそこにはあるんです。
僕は、かなりはまってます。

今読んでるのは、悪者見参です。
ユーゴサッカー勉強中なんですが、他にもいろいろと学べる本です。
かなり深いです。

最近読んだ本リスト
 ・フットボールタイム
  あの日々が よみがえります
 ・日本サッカーと「世界基準」
  反省しましょう
 ・フチボウ
  ブラジル人の強さがわかる
 ・栄光のドイツサッカー物語
  シェーンの話は知っとくべき!
 ・秋天の陽炎
  歴史はこうやって作られていくんです



H foot.net
熱いゲームだった
むらさき   25節 vs川崎フロンターレ 『次に生かさねば』



    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 オシムの言葉、もかなり前に読んだよ
 頼むよ! シュワーボ
スポンサーサイト
この記事のURL | サンフレッチェ広島 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
高原と松井を見ました
2006/10/02(Mon)
絶不調のモナコに乗り込んだル・マンですが、1?2と敗れてしまいました。
当然、松井に注目して見ていたんですが、率直な感想を言いますと、左サイドのうまいヤツ、という印象しか受けませんでした。
決して、チームの中心なわけではないし、危険なヤツでもなかったです。
腰の状態がどうなのかわかりませんが、運動量も多くなく、画面に映るシーンも少ない。
ちょっとガッカリしました。
代表入りが待望されていますが、それに値するプレーを見せているとは思えませんでした。
次に期待してます。


次は高原ですが、こちらはよかったです。
フランクフルトに移籍しポジションを勝ち取った高原は、冷遇を受けた前所属のハンブルガーをホームに迎えてのゲームでした。
CLも戦っているハンブルガーは絶不調で、ドル監督弱気な言葉を口にしていたとか。
高原としては、是が非でも勝利を飾り、見返してやりたいゲームだったと思います。
高原ダービーとなったこのゲームは、まず、面白かったです。
実力的には上のハンブルガーがボールを支配してゲームを進めますが、UEFA杯を勝ち上がったフランクフルトは、好調さを見せ付けるような鋭い攻撃と激しいマークで応戦していきます。
ハンブルガーも尻に火がついていて、必死でした。
2トップの一角に入り、攻撃のタレントとして完全に機能していた高原は、身体にもキレがあり、献身的な動きでチームへの貢献度はかなり高かったと思います。
ほんと、あの終了間際のシュートは悔やまれます。
「お前は柳沢かい!」ってズッコケましたよ。
あれが決まってたら、高原自身もさぞかし気持ち良かったでしょう。ドイツに渡って以来最高の夜を迎えられたんじゃないかと思いますが。
100満点をもらえるところが、60点ぐらいになっちゃいました。ストライカーは、やっぱあそこで決めないと、イカンです。
ですが、90分を考えると、動きは良かったと思います。
フランクフルトが丁寧なサッカーをするので、高原にとっては理想的なチームなんじゃないでしょうか。いい場所が見つかったな、と思いました。
ただ、この幸福な関係は、永遠どころか一寸先をも約束されていません。
継続させていくには、コメルツバンク・アレーナに歓喜をもたらさないと、あのシュートを入れないと、です。
今シーズンの高原には、期待できそうですし、フランクフルトも好チームです。
ゲームが行われるのが楽しみになってきました。



H foot.net
熱いゲームだった
むらさき   25節 vs川崎フロンターレ 『次に生かさねば』



    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 今野、山口、青山が追加召集だって
 なんで最初から呼ばないんだろうね
 

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | 海外 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
代表メンバー発表
2006/10/01(Sun)
日本代表メンバーが発表
どんなサプライズが用意されているか、と思っていましたが、期待を裏切られた感じはします。
枝村、本田圭佑は呼ばれるんじゃないかと思ってましたが。
播戸の召集
これは当然でしょう。呼ばないほうがおかしいです。
水本の招集とDF3人
純粋なCBは初召集の水本だけです。何でなんでしょうか。
闘莉王と坪井がケガで呼べないのであれば、他の選手を呼ぶべきです。
水本がJのDFの中で、抜きに出た存在だと思います?
青山は一体なんだったんでしょう?
他のDFの選手たちは、不信感を抱いたんじゃないでしょうか。
どうやらオシムの頭の中には、年齢制限があるようです。
山岸?
確かにいい選手だとは思います。
ただ、代表に選ばれるような力があるとは思えません。
鈴木慎吾の方が、ふさわしい活躍はしていると思いますけど。
知ってる選手を呼びたいのはわかりますが、それじゃあ、チャンスは限られてしまうんじゃないでしょうか。

好き嫌いや、好みがあるのは当然です。
ただ、この選考が、Jを見て決めたものだと言われて、選手が納得するとは思えません。
ですけど、ゲームの内容と結果がすべてですから。
この2つが伴うなら、何も言いません。ゲームを見てから、不満は言います。
オシムのいう日本らしいサッカーの片鱗を、そろそろ見せてもらわないと。



    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 カカよ! シュートを「枠」に!

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | 国内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。