スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
オリンピック予選初戦 平山のゴールで勝利 
2007/02/28(Wed)
めでたく、めでたく、初戦は勝利を飾ってくれた。

ただ、反町監督も言ってるように、勝った以外何もない勝利だったな。
個人プレーに走りすぎていた傾向があった。 と語っていたが、それは連携がうまく取れていないからだ。
まだまだチームになっていない印象を受けた。

平山のゴールへ向かう姿勢は良かったと思うし、キレがあったと思う。
平山個人はかなりいい出来だった。
ただ、平山を活かしきれていない。 ヘディングシュートを打つ場面が少なすぎる。
香港相手に3?0というスコアで満足すべきではないよ。
もっと決めるとこ決めなければ出し、力の差をゲーム中常に見せないと。

我らが青山にもふれとこう。
コンディションが万全ではなかったのは、間違いないんだろうが、ちょっと影が薄すぎたかな。
ボール回しのうまさには、光るものがあり、安定感はもたらしていたと思うけど。
3トップ&ボランチのコンビが梶山。そして、両サイドは攻撃的な選手。
ということを踏まえても、青山は彼らを支える役割をこなさなければいけない。
もともと派手なプレースタイルではないし、黒子に徹することを反町監督に求められているんだろう。
よくやってたとは思う。
開幕戦まで時間はないが、コンディションを取り戻して、広島で躍動してもらおう。

反町監督のサッカーは好きにはなれないな?
はっきり言って、平山は別にして、FWが弱い。
中盤にはいい選手が多いのだから、それを活かしたチーム作りをしていくべきなんじゃないだろうか。
3トップは、FWが弱いから人数を増やしているのか?
家長ベンチの明確な答えも見えない。
サイドの選手の層も厚い。 面白いメンバーが揃ってると思う。
そのストロングポイントを前面に活かしたサッカーをするべきだと思うんだけど。

DFラインもちょっと力強さに物足りない。
もっと押し込まれる展開になったときに、持ちこたえられるだろうか。 不安だ。

まだまだ、チームは発展途上だ。
修正点はたくさんあるし、このままだと3つしかないアジア枠は厳しいかもしれない。
難しい予選になると思う。 オリンピックには絶対出なければ。
どうする反町! 予想以上に大変な仕事になりそうだ。

それにしても、国立の温度はかなり低かったね。
代表人気の低迷はよく言われてるけど、痛切に感じた。
まぁ、サッカーファンの頭の中は、週末に向かっているんだろう。
これもJ15年目の1つの結果なんだろうな。
いいことなのでは、と思う。



H foot.net
むらさき     トレーニングマッチから   『陽介ハットトリック』
rossonero   セリエA 25節 vsサンプドリア   『待ってたんだぜ、お前を』
this game   バルセロナvsリバプール  『バルサ、どうするよ』


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
スポンサーサイト
この記事のURL | 国内 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ミラン4連勝。 バルサ勝利、チェルシーカーリングカップ獲得。
2007/02/26(Mon)
2.25_1.jpgさすがだよ。マッシモ・アンブロジーニ!
そのキャプテンマーク、君が巻くべきだ。
何でガットゥーゾじゃないんだ、なんて思って、ゴメンなさい。

久しぶりに、テンションがあがったゲームだった。
いいよ、いい。 すばらしかった。
10人でもすばらしいフットボールを見せていたし、カカのコンディションが上がってきていることが確認できたし、インザーギもジーダも戻ってきたし、カフーは久しぶりに良かったし、ボネーラは強さを発揮、責任感が出てきたし。シミッチも無難にポジションを埋めてたし。
そして、ヤンクロフスキ様。 本日もありがとうございます。

いいゲームだった。 この流れを続けていこう。
次節、パレルモ戦は、勝負所だ。大一番だ。
ロナウド。 仕事しなさい。
ピッポにゴールを。 神様お願いします。

4連勝で満足なんて、ぜんぜん出来ない。
17という数字は無視するとして、1つ1つ勝っていこうぜ。
このゲームみたいな、忘れられないゲームを続けながらさ。


バルサは、ついにエトーが帰ってきたね。
それも、最高の形で。
これでいろいろあった問題が、すべて片付いてしまうだろう。
こっからは、連勝街道を突っ走るかもしれない。
リバプール戦。 クラシコ。 これで面子は揃ったね。


チェルシーが勝つとは思ってなかったんだよね。
オレの予想は、アーセナルだった。
ドログバが2発なんでしょ。
この手があったか、チェルシーには。 最近忘れ気味だった。
まず一冠ゲットした、モウリーニョ。
さぁ、あと3つ。
なんとなく、今シーズン運に見放されてきたチェルシーが、最後は運を味方につけ、収穫していくんじゃないだろうか。
勝負運は、もともとモウリーニョは持ってる男だし。批判にさらされている時は、結果で黙らせる男だし。
チェルシーは、来るんじゃないか、これから。


最後に、ボルシアMGvsブレーメンのゲームを見たんで、ちょこっと。
苦しんでるブレーメンを象徴するようなゲームだったけど、
ツキがまわってきたんじゃないか。
完全な負けゲームだったと思う。 しかし、勝利を盗めた。
流れが悪い中、こういうゲームはデカイよ。
そして、ゲーム終了後、シャルケ敗戦の報が届く。 ツキまくり。
金子さんと一緒にほえたよ。 これは熱い!

ブンデスリーガはチーム力が、下位と上位でもかなり拮抗してる。
最後まで何が起こるかわからんね。 面白い!


H foot.net
むらさき     対戦相手分析PART3 『清水・磐田・名古屋・G大阪・神戸・大分』
rossonero   セリエA 25節 vsサンプドリア   『待ってたんだぜ、お前を』
this game   バルセロナvsリバプール  『バルサ、どうするよ』


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
この記事のURL | W杯 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
マダリッドダービー・高原ダービー
2007/02/25(Sun)
マドリッドダービー
なんてもったいないことをしたんだ! アトレティコ。
あのペレアのゴールは不運だったけど、まだまだ点を奪えるチャンスはあったし、
本気で追加点を奪いにいくべきだったと思う。
この辺がアトレティコの甘さなんだろう。

フェルナンド・トーレスが、ついにゴールを決めたけど、その後もチャンスがあっただろ。
一皮向けないというか、もどかしいヤツだ。
アグエロ君もかなりリーガに馴染んだように見えたけど、僕が見る時は、点を取ったとこ見たことない。 完全に嫌われてるんだよね。

アトレティコは、勝ち点2以上に、逃したものが大きかったね。
言い換えれば、レアルがでかい勝ち点1を得た、と言える。

久しぶりのカッサーノ登場は、うれしかったしまだぜんぜんいい時のカッサーノじゃなかったけど、結果は出した。
もっと彼を信頼してあげれば、でかい仕事をすると思うんだけどな、カッペロ。
そこら辺は俺より知ってんじゃないかと思うけど。

う?ん、イグアイン。良くなったね。
よく決めたと思うよ。 意外と言っては失礼だけど、コイツは結果を残せる男だ。 プレッシャーのかかるゲームに強い。
ラウールよ。 このゲーム、君はいたのかい?
腕に巻いてるのは、偉大なエルブランコのキャプテンマークなんだろ。
ダービーでここまで消えてどうするよ。
あのバイエルン戦はなんだったんだ。 むなしいよ。
CLでだけ、輝くつもりか。

カペッロの采配は、今日はなかなか面白かった。
ガゴに代えてディアラ。 これは当たったね。
カッサーノに救われたカペッロ。 とか書かれてたけど、カペッロは今世界で一番難しい監督業を、よくやってると思う。
まだまだ、伸びしろはあるチームだと思うし、エメルソンの実力が半分でも出せれるようになれば、かなり安定感のある戦いができるようになりそう。

引き分けに終わったマドリッドダービー。
ベセンテカルデロンのファンは、また来年まで勝利を待たなければならない。
かわいそうだ。 もっともガッカリしてるのは、悔しいのは、彼らだろうな。

高原ダービー
これは僕が勝手に名付けたんだけど、良くない?
そんなことはどうでもいいとして、このゲーム、ファン・デル・ファールトは最高だった。
巧いし、走るし、闘うし。そんでもってカッコイイ。
ちょっと、くらっときたよ。
凄い選手になったなぁ、と思う。
引き締まった表情。 この苦しいチーム状況が、彼をワンランク、いやスリーランクくらいステップアップさせたね。
バイエルンに提案。 こいつ取ったほうがいいよ。
そしたらかなりの問題が解決すると思うよ。
ハンブルガーは、もう降格の心配なんてないだろう。
FWにゴールがくれば、UEFA圏内はありえる。
次節は、シャルケ戦。 これはかなり面白いゲームうになるんじゃないのか。

高原?! 同点ゴールは最高だったんだけどね。
高原も、ファン・デル・ファールトに負けないぐらい気合入った表情してたし、ハンブルグでネットを揺らせた、というのはうれしかっただろう。 俺も興奮したよ。
ただ、やばいね。フランクフルト。
降格圏内突入だ。 フンケルもいい加減やばいだろうし。
問題は明らか過ぎるぐらいディフェンスにある。
一生懸命修正を試みてるが、もう坂を転がり始め、止まらなくなってる。
高原、1ゴールじゃダメみたいだ。
もっともっと叩き込んでやれ!
訪れたチャンスは全部決めないと、自分で強引にでもチャンス作らないと。
高原のゴール数に、フランクフルトの運命がゆだねられているかもしれない。

大混戦となっているブンデスリーガ。
どこが抜け出し、誰がヒーローになるのか。
さっぱりわからん。だから、面白い。
シーズン終了後、ヒーローの一人に、高原がなっている可能性は十分あると思う。


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
この記事のURL | 海外 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ゼロックス
2007/02/24(Sat)
シーズン開幕を告げる、ゼロックススーパーカップ。
いよいよ来週から、Jリーグが開幕。
待ちに待ったというより、もう来たか。という感じがするが、
今シーズンの広島は期待が持てる。楽しみでしょうがない。

広島とはまったく縁のないこのタイトルだが、いつの日か・・・

今年も去年と同カードの浦和vsG大阪というカードになったが、
4?0。マグノ、ハットトリック。
という衝撃的なゲームになってしまった。 ちょっとビックリした。

まず、G大阪から。
素晴らしい、かつ強い、G大阪だった。
超攻撃。 なんだよ?なめんじゃねぇぞ! という感じのスローガンをぶち立てた西野監督は、なんとも誇らしい気分だろうね。

とっても印象に残ったのが、左サイドバックで先発に名を連ねた安田。
チームを躍動させた1人だったんじゃないだろうか。
大人な印象のあるチームに現れた、あの金髪、あの粋のよさ。
新鮮だったな。
昨シーズンに比べて、宮本が抜け、安田が入ったというメンバーだったけど、グレードアップしているように思えた。

このサッカーをしたチームに、家長が加わる。 どう使うのかわからないが、魅力的な超攻撃が見れそうだ。
それに今シーズンは、困った時のバレーというカードもある。
そう、このバレーが早々にフィットすれば、とんでもないことになりえる。

かなりの手応えを西野監督をはじめチーム全体が掴んだだろう。
穴はシジクレイだと思うが、そこをこのゲームみたいにうまく隠すことが出来れば、安定感も出てきそう。
中盤のディフェンスが鍵だと思うけど、今日みたいに最高テンションで毎ゲーム挑めたら、敵はいないだろうね。

予想以上にいい。 シーズン序盤は走るかも。

負けた浦和。
オジェックの初陣は、とんでもないゲームになってしまった。阿部もだけど。
怪我人が多い。闘莉王がいない。 という言い訳はあったけど、小野も言っていたように、0?4はちょっと恥ずかしいスコアだ。

阿部は、鈴木とダブルボランチを組んだわけだけど、このボランチのところが、やられてた。
マグノが下りてくる。 二川が、遠藤が、ぜんぜん捕まえきれてなかった。
相馬もようやく三都主がいなくなったのに、ケガ。 なにやってんだよ、だし。

でも、逆にここまでの完敗をしてしまったので、オジェックも自分色にチームを改革できるかもね。
一応、チャンピオンチームに敬意をはらっていただろうから。

さぁ、これから1週間、ケガ人がどこまで復帰してくるのかも気になるけど、横浜FC戦はやりづらくなったね。
たくさんのプレッシャーを背負って戦わなければならない今シーズン。
まず、1勝。 早くあげたいだろうが、横浜FCはくせ者だなぁ。

今シーズン、浦和とG大阪はちゃんと上位に顔を出すと思うが、かなりの接戦になるだろう。
ACLを戦わなければいけない浦和は、苦戦せざるえないのかも、と思ってきた。
どこにでもチャンスは、あるね。 5チームぐらいは、ラスト5節まで優勝の可能性があると思う。
我らが広島にも、その可能性はある。
この記事のURL | 国内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
チャンピオンズリーグ
2007/02/23(Fri)
チャンピオンズリーグが再開しましたんで、このブログも再開します(笑)

全部見たぜ。 結構体力いった。疲れた。
でも、その期待に応えてくれる好ゲームが多かったと思う。

まず、ミランから。
カラッチの起用という恐ろしいことをしてくれたが、
アンチェロッティの采配はなかなかに良かった。
アンブロジーニ、カラーゼ、グルキュフの起用は大正解だったと思う。

言いたくわないけど、ジラが決めてくれてればねぇ。
まぁ、サンシーロでガッツリ勝とうじゃないか。
負ける可能性は低い。 このゲームでも実力差はある内容だった。
ただ、俊輔の一発だけが怖いね。 それだけ。
次はカカが決めてくれるでしょう。 心配なし。

続いて、ユナイテッド。
なぜに苦戦? リールは確かに良かったけどさ。
まぁ、ここは一番の鉄板でしょ、やっぱり。
ユナイテッドの勝ち抜けは間違いないだろうね。
ルーニーはいつ吠えるんだろう。
そろそろと思ってるうちに、このままシーズンが終わっちゃうんじゃないかと思ってきた。

カペッロ、レアル。
ベッカムのパフォーマンスは素晴らしかったね。
彼の存在は今のレアルにとってとてつもなく大きいと思う。
ベッカムの勝負にこだわる強い気持ちが、チームを締めてる。

ラウール、立派。
見事な、らしい2ゴールだった。
ただ、ラウールには継続性がほしいよ。
ラウールがゴール量産体制に入ってくれれば、リーガの方もかなり期待できると思うんだけど。
でも、ディフェンスをどうにかしないといけない。
ガゴとグティをボランチで組ませるのは、魅力はあるがやっぱ危険かな。
エメルソンが文句ばっか言ってるみたいだし、ここはベッカムボランチがいいんじゃないだろうか。

バイエルン。
簡単に点取られすぎだ。 チーム状態がもろに現れてしまったね。
ただ、ファンボメルの一撃はでかい。
これでホームに持ち込めたわけだ。
なんかドラマがおきそうな予感がぷんぷんするね。

次、ローマvsリヨン。
このゲームは審判に壊されたね。
凄い期待してたカードだったのに、残念だ。
それにしても、ジュニーニョのFKは危険すぎ。 よく耐えたと思うよ。
次のゲームもロースコアな展開が予想される。
セットプレーがゲームを決めるんだろうな。

インテルvsバレンシア。
もったいないよ?、インテル。
ズラタン、マイコン、フィーゴ、スタンコヴィッチ、素晴らしかった。
それなのにこのドローは痛すぎる。
でも、バレンシアはここ一番の勝負強さを持ってるね。
ビジャ、シルバのテクニック。
アルベルダ、アジャラ。このチームはやっぱり強いよ。
セカンドレグは、点を取れるか!インテル! という展開になるだろうね。
ズラタン、がんばれ。

最後になりましたが、バルサvsリバプール。
はまった。 はめられた。
エトーの存在が必要不可欠だ、やっぱり。

ベラミーは、またとってもやさしいパスを送ったねぇ。
リーセの右足が決まるなんて、ほんとバルサはついてないよ。
リバプールの、ベニテスの戦略は、まったく誉められたもんじゃない。
ただ、この勝利はでかい!
このサッカーでバルサを破って勝ち上がったら、世界のサッカーファンから大ブーイングもんだろうが、劣勢のベニテスリバプールは強いからなぁ。
ミラン戦しかり、チェルシー戦しかりでしょ。

さぁ、ライカールトはどうするんだろうね。
エトー問題を早々に蹴りつけないとやばいよ。
采配も相変わらず当たらないし。
でも、ロナウジーニョが、デコも、このまま黙っちゃいないだろう。
アンフィールドは面白いゲームになりそうだ。


やっぱり、CLはどのゲームも熱いね。
みんなの賭けてるものが違う。
セカンドレグは、もっと凄いゲームになるだろう。
期待したいね。
燃えるような、これからも語られるような、絶対に忘れられないゲームを見せてほしい。

この記事のURL | ACミラン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
プレミアとバレンシア
2007/02/04(Sun)
■リヴァプールvsエバートン
グディソン・パークでの借りを返したいところでしたが、
リヴァプールはゴールを奪えずドロー。
リヴァプールにとって、とても消化不良のゲームだったように思う。
なんでこんなゲームになっちゃうの?
一番の要因は、ベニテスだろう。
このゲームでは、カイトを左サイドハーフに置く布陣。
なんでこうまで、システムや選手をいじりたがるんだろう?
あと、ジェラードの元気のなさも、問題だ。
これもベニテスに原因がある。
このチームは誰のチームなのか、はっきりさせるべき!
間違っても、シャビ・アロンソのチームじゃない。
もっと、ジェラードに全権をゆだねるべきだと思うし、ジェラードがいかに生きるか、気持ちよくプレーできるかを、模索すべきだと思う。

エバートンが守り抜いた。というゲームじゃなく、
リヴァプールがゴールを奪えなかった。というゲームだった。
もったいない。
ベニテスの考えは、いまいち僕と合わないな。

■チャールトンvsチェルシー
またも、シェバのゴールはおあずけ。
なんで入らないんだろうなぁ。
極端に視野が狭くなってしまってる感じがするし、ドログバとのコンビの問題も深まっていきそうな予感。
それにしても、ランパードのシュートは、偉大だ。

テリーが戻ってきたね。
モウリーニョの優しさといったら、本当に待ち焦がれていたんだろうな。
これで、グッとチームに安定感が増すだろう。

ただ、ユナイテッドを追いかける勢いを出すには、
シェバのゴールが必要だよなぁ。

■ミドルスブラvsアーセナル
まず、ミドルスブラがよかった。
今年負けなしという結果がうなずける内容だった。
ヴィドゥーカとヤクブはやっかいだし、集中力の切れない守備陣はすばらしい。
ただ、勝ちきりたかった。
アンリに決められたんだから、しょうがないと思うしかないのかもしれないけど。

アーセナルは、ゲームが終わってみれば、引き分けでよかった。と思える内容だったけど、
ゲーム前は引き分けなんて考えてなかっただろうし、ベンゲルの心中は穏やかではないだろうね。

あのユナイテッド戦で見せたパフォーマンスを、いつも見せろ。
というのは酷なのはわかるが、ちょっとゲームによってテンションの差がありすぎかな。
まだ若い選手が多いから、安定感にかけるところはある。
CL狙いだね、今シーズンも。
アンリという決定的選手がいるし、短期決戦は強い。
カップトレブルの可能性も、十分あると思う。

■バレンシアvsA・マドリッド
好ゲームを見せてくれると思ってたんだけど、
期待外れだった。
バレンシアが得意の形にはめて勝った。というゲームだった。
こうなると、ゲームはつまらん。
F・トーレスも頑張ってはいたけど、壁は厚かった。
アグエロ君との相性悪いんだよね。
ゲームを見た時は、なんでスタメンなのかと、いつも思うけど、
ダイジェストになると、点取ってる。
困ったヤツだ。

モリエンテスの2ゴールは確かに見事だったし、あのカウンターはとてもきれいだ。
ビジャのプレーも光ってたしね。
ただ、強者があの戦い方をしちゃぁね。
現実的過ぎる。もっと、仕掛けがほしい。ホアキンが見たい!

よくよく見ると、バレンシアってすごいメンツなんだよ。
だから、もっともっと魅力的に戦えるはず。
キケは、ちょっと保身過ぎやしないか。

でも、暫定3位でしょ。正しいのか?



H foot.net
むらさき     対戦相手分析PART1   『鹿島・浦和・大宮・千葉・柏』
rossonero   セリエA 21節 vsパルマ   『セリエAの現状』
this game   レバークーゼンvsブレーメン  『ブンデスリーガの行方』 


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング

イタリアはどうなるんだろう?
今シーズン打ち切り、なんてことはないだろうと思うが、
無観客試合となった場合、TV放送はどうなるんだろう?
そりゃ、厳格な処分を望んではいるけど、
ミランのゲームが見られないなんて、勘弁してくれよ?

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | 海外 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
セリエAで暴動・バイエルン
2007/02/03(Sat)
■暴動で警官死亡、セリエAも代表戦も無期限延期
信じられないニュースがいきなり飛び込んできた。
森本はどうなったんだろう、とネットを開くと、これだ。
シチリアダービーの熱さ、彼らのサッカーへの想いの強さは、
素晴らしいものだと思ってたんだけど。

とりあえず、今節のカルチョの全ゲーム延期は決まったもよう。
代表などのゲームも、延期、取り消しとなっていくようだ。
無期限延期というのは、ありえないんじゃないかと思っているが、
考えなくてはいけないだろうね。

カルチョのこういった暴挙は、僕が覚えてるだけでも、
ローマダービーが中止になったゲーム。
ローマのCLでの審判へコインを投げ入れた事件。
インテリスタがジータへ発炎筒を投げぶつけた事件。
思い浮かぶだけでも、こんなにもある。
UEFAの制裁は必要だし、イタリアサッカー界の変革も、もうやらないといけない。
いつもみたいに、なあなあな妥協点をみんなで決め、一応罰しました、というのではダメだ。

カルチョスキャンダルは、クラブ首脳陣に問題があった。
ファンを傷つける行為だった。
この事件は、そのファンに問題があった。
もう何も言い逃れようがない。大問題をこの国は抱えている。

イングランドがヨーロッパの舞台から締め出された時のような、厳格な処分が必要だろう。
イングランドは、その事によって、考え、改め、変わっていったと思う。
このままはありえない。

ミランのゲームが見られなくなる。
これほど悲しいことはない。
CLなどの舞台に上がれないなんて、どうサッカーを楽しめばいいのか・・・

■バイエルン、屈辱の0?3
話は変わりますが、こちらも暗い話題。
ヒッツフェルトが戻ってきたバイエルンは、ニュルンベルグに乗り込んだが、完敗。
監督交代という刺激は、効かなかったようです。
厳しいマガトが去って、ヒッツフェルトが戻ってきてくれた。
僕の目には、選手たちがホッとしているように見えましたね。

「難しい仕事だということは分かっていた。この試合で、何をやらなければいけないかが分かった。
選手たちは自分たちの力を信じてプレーできていなかった。それが残念でならない。」
これがヒッツフェルトのコメントです。

1点目のハーグリーヴスの緩慢さ。
2点目のラームの目を覆いたくなるプレー。
守備は、崩壊しています。
そして、得点チャンスは、セットプレーのみ。強烈ではあるんですけどね。
あと、数回マカーイにいいボールが入りましたけど。

攻撃も守備もなんですけど、チームの連動というのがみられない。
前からみんなで追い込むとか、ダイレクトパスがポンポンとつながるとか、まったくなかった。
個の力でねじ伏せる、では、この日のようなきっちりしたチームには、限界がある。
そこまでスーパーな選手がいるわけじゃないしさ。

ヒッツフェルトは、どういう改革を進めていくんだろう。
野々村さんが言ってたような、粋のいいテクニックがある選手、ジエゴみたいなヤツは取れないわけだし、大きな変化は難しいだろう。
ディフェンス組織を作る。
自信を取り戻させる。が先決だ。

カーンのリーダーシップも薄れてきている印象だ。
ニューリーダーの台頭も必要。

CLはすぐそこだ。
時間もないし、本当に大変な仕事を引き受けたもんだ。

■ロナウド「重要なのは体重ではなく体脂肪だ」
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20070203-00000084-ism-spo
最後に笑える話を!
なんか、女の子みたいなこと言ってるヤツがいるよ。
こんな話題が、ニュースになることが、ミランのニュースになることが、
恥ずかしいなぁ
もし、セリエA無期限停止なんてことになると・・・
こいつに払った金はどうすんだ。
ロナウドにも同情するけど。



H foot.net
むらさき     対戦相手分析PART1   『鹿島・浦和・大宮・千葉・柏』
rossonero   セリエA 21節 vsパルマ   『セリエAの現状』
this game   レバークーゼンvsブレーメン  『ブンデスリーガの行方』 


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
この記事のURL | W杯 | CM(3) | TB(1) | ▲ top
THIS WEEK プレビュー
2007/02/02(Fri)
■セリエA
放送予定↓
http://soccer.skyperfectv.co.jp/schedule/serie/new.html
今週はセリエAでしょう。
だがとっても残念なのが、カターニャvsパレルモという、イタリア的にもだし、日本的にはとっても、重要なビックカードの放送が4thメディアでの放送なんですよね。ガッカリ。
森本、モレモートだっけ?出場してほしい。
ゴールをあげろ、とまで贅沢なことは言わないので、ぜひ出場を!
そんでカターニャ、引き分けでいいぞ。

そして、今節はインテルvsローマ。
頼むから、インテル負けてくれ!
トッティ、頼むぜ!
インテルのキーは、ズラタン(とマテラッツィ)。
ローマは、トッティはもちろんだが、マンシーニ。
このマンシーニとマイコンの攻防は、勝敗のポイントを分けることになると思う。
3?1、ローマ。

ロナウドは99番。代表復帰を目指すらしい。
コスタクルタ今シーズン限りで引退表明。
ガットゥーゾ2011年まで契約延長。
インザーギとジーダが負傷。
急がしい1週間を過ごしたミラン。
だが、アスコリの負けるわけにはいかない。
カカの全快なプレーが見たい。
カカのゴールで勝ちたいね。

■リーガ・エスパニョーラ
放送予定↓
http://www.wowow.co.jp/liga/
今週は、バレンシアvsA・マドリードだね。
バレンシアは前節負けちまったし、アトレティコは、いまだ煮え切らないイメージ。
今年に入ってアトレティコは見てないけど、ダイジェストを見る限りF・トーレスとアグエロのコンビプレーが出てきた模様だ。
両チームとも、負けたくない気持ちが強いだろうから、引き分け濃厚だと思うが、ゴールは見せていただきたい。

バルサの勝利は固いかな。
レアルは、ベルナベウだ。勝たないといけない!
けが人復帰組の誰かが流れを変えてくれればいいが。
ガゴは起用してほしい。

■プレミアリーグ
放送予定↓
http://soccer.skyperfectv.co.jp/schedule/premire/premire_06-07_22.html
チェルシーは待望のテリーがついに復帰予定。
あとは、シェバのゴールだけだ。
来るんじゃない!来てほしい!

マジーサイドダービーです。
好調リバプールは、このゲームに勝つと、さらに勢いに乗りそうな予感。
苦戦、苦戦、大苦戦の末、ジェラードが吼える。
なんて結果になれば、この勢いは本物になりそう。
マスチェラーノは必要なのだろうか?

トッテナムvsユナイテッドも注目。
ユナイテッドは、勝ちたいところ。
前述のように、追い上げてくるチームが上昇気流に乗ってる感じだし。
大人気C・ロナウド君に、その価値を見せてもらいましょう。

■ブンデスリーガ
放送予定↓
http://www.jsports.co.jp/tv/football/bundes/bundes.html
今週は、ドイツが熱いよ?
まず、ブレーメンvsシャルケの首位決戦。
単純にどっちが強いか。とても面白いゲームになることは、間違いない。

そんで、バイエルン。
ヒッツフェルト復帰第1戦だ。
このゲームの重みは、そんじょそこらのもんじゃないでしょ。

高原は、マインツと。
ここはゴールを稼いでおきたいね。
目標20点!この数字は現実的だと思うよ。



H foot.net
むらさき     対戦相手分析PART1   『鹿島・浦和・大宮・千葉・柏』
rossonero   セリエA 21節 vsパルマ   『セリエAの現状』
this game   レバークーゼンvsブレーメン  『ブンデスリーガの行方』 


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | 海外 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミランとバルサ敗北。チェルシーは勝利。
2007/02/01(Thu)
■ローマが決勝進出 3?1でミランに勝利
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20070201-00000016-spnavi-socc.html
あまりショックは受けなかった。
このスコアが、両チームの実力の差だとは思いたくない。
まぁ、ローマは、セリエAでやっつけてやろう。
オリンピコで晴らしてやればいい。
インザーギもケガしたようだし、ロナウドが待たれる結果となった。
だんだんロナウドに期待が沸くのは僕だけ?

ミラン、カラッチョーロもボイノフも獲得できず
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20070201-00000010-spnavi-socc.html
冬のメルカート閉幕。どう評価しよう。
パッとしなかったね。
僕の希望は、一切無視だし。

■バルセロナがホームでサラゴサに敗れる
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20070201-00000017-spnavi-socc.html
でも、バルサにはいいニュースが多いよね。
エトーの復帰に次ぎ、メッシも復帰するよう。
こんな負けぐらい、第2戦のハンデとしては、足りないでしょ。

アイマールがケガだって!!!
ショックだなぁ?

■モウリーニョ「シェフチェンコは完璧だったが…」
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20070201-00000054-ism-spo
いい出来だった。
僕もそう思う。
それにしても、何でランパードのシュートが入って、シェバのシュートが入らないんだ?
フリーデルは、頑張りすぎでしょ。

シェバとバラックは、客のタメ息をよぶ存在になっちゃてる。
ガッツポーズを作ろうと、客が手を上げるんだけど、その手が頭を抱える手に変わってしまってる。
まぁ最初の頃を思えば、多少の成長とはいえるんだろうけど。
そりゃ、勝ちゲームならジョークにできるけど、負けゲームだと・・・
ランパードやドログバの場合は、そのまま気持ちよく高らかにガッツポーズが作れるのにさ。
またヤツらのシュートは特別爽快だしね。

A・コールは重症なんだろうな。
今シーズンのチェルシーは、ほんとうまくいかないね。
やっとテリーが帰ってくるのに、またケガ人か。

補強ゼロを決行したチェルシー。
モウリーニョは、自身の評価をより高めるための壁を、味方にプレゼントされたね。
さぁ、どうなるでしょう。

■バイエルンがマガト監督を解任 新監督はヒッツフェルト
これには、驚きましたね。
今シーズン、ブンデスリーガは大変面白い事になってます。
this gameでそこら辺を書いてみました。
ぜひ、読んでみて下さい。



H foot.net
むらさき     2007年始動   『プレシーズンが勝負』
rossonero   セリエA 21節 vsパルマ   『セリエAの現状』
this game   レバークーゼンvsブレーメン  『ブンデスリーガの行方』 


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | ACミラン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。