スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
this weekendプレビュー
2007/03/23(Fri)
今週は、何といってもまず、オシムジャパンでしょう。
海外組初召集ですからね。
俊輔にどんなポジションが用意され、どんな役割が与えられるのか?
このゲームのポイントはこの1点に尽きる。

俊輔のコメントを見ていても、やる気がバンバン伝わってくる。
中村憲剛、遠藤、俊輔が並んだ中盤に、ドイツで絶好調の高原が仕上げる。
面白い攻撃が見れそうじゃないですか。

久しく見てない、強いぞ日本! という姿が見たいですね。
なんか、愚痴っぽいことばかり、このブログでも書いてる気がするし。
ほら日本は強いだろ。 なんて言うオシムの言葉が聞きたいね。
僕らは、恐れ入りました大先生。って感じ。

まあ、そうなるように楽しみにしてます。期待しよう。


で、その面子がいないなか、ナビスコは行われます。
もういい加減慣れたけど、寿人も駒野も青山もいない広島は・・・
だが、若手に期待する。
こういう楽しみ方も、また面白いからね。
平繁、田村、桑田が先発予想。
とくに平繁は点とってくれるはず、と信じてる。
まあ、千葉もかなり抜けるから、おあいこかな。

後の注目は、柏は守ってくる大宮が相手でも勝てるか?
鹿島は、勝てるか。
神戸、引き分けろ!てなところですかね。

フクアリ行ってきます。 初です。楽しみ。


国際Aマッチデーですから、今週の欧州リーグはお休み。
ちょっと一息つきましょう。見る方も疲れる。
と思ってたのに、WOWOWが放送していただけるみたいで、
放送予定↓
http://www.wowow.co.jp/euro2008/
スペイン vs デンマークは面白そう。 見るか・・・

スカパーはこれ↓
http://blog.skyperfectv.co.jp/soccerprogram/archives/2007/03/euro_2008.html
熱い! 疲れるね、今週も。。。




H foot.net
むらさき     ナビスコ グループA 1節 vsガンバ大阪   『足りないもの』
rossonero   セリエA 29節 vsアタランタ    『結果がすべて』
this game   ACL グループE 2節  シドニーFC vs 浦和レッズ   「ACLの緊張感」



    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
スポンサーサイト
この記事のURL | サンフレッチェ広島 | CM(5) | TB(1) | ▲ top
ナビスコ開幕、ACL、雑感です
2007/03/22(Thu)
広島は、またも見事に、0?3というスコアを繰り返してしまいました。
ただ、内容は改善されてたんですよ。
放送がなかったので、ここは声を大にして言いたいです。
でも、同スコア。 偏愛と言われれば、返す言葉もないです。。。

ナビスコ開幕!
ウチと同グループの千葉が、、、
目覚めてしまいました。
なんて困ったことなんだろう。
日曜は、フクアリです。 まだ完全に起きてないことを祈ります。

その他の結果なんですが、
まず目を引くのが、柏対清水のゲームです。
またも柏は勝ってます。強い!
でも、ほんとすごいゲームだったようですね。
退場者あり、43分の同点ゴール。44分の勝ち越しゴール。
何なんだ、何があったんだ?
このゲームを放送しない739のセンスは、言ってもしょうがないんでしょうが・・・

あとは、大宮今シーズン初勝利!
横浜FMは、松田登場も(ボランチで?)実らずです。苦しい。
名古屋は唯一メンバーを落とし、黒星。
鹿島は勝てなかった。
ワンチョベゴール!
高松は、偉大だ。
って、ほんと雑感です。。。

ACLも雑感いきます(笑)
とは言っても、シドニー対浦和は見ました。
やられてしまった、やってしまった、2失点は本当に悔やまれる。
オイオイ、マジかよ。と思っていたら、ちゃんと同点に追いついてくれたんでホッとしましたけど、勝てたかなぁ、と言う印象は強いですね。
まあアジア初参戦!
上々だとは思います。 とても応援してるので、結果出してほしいです。

川崎は、引き分けてしまったんですね。痛い。
ですが、まだ同立首位。
次節、全南を迎えてのホームゲーム。これはぜひとも勝ってもらいたい。

ACLの緊張感は、たまらなくいいですね。 うらやましいです。
「絶対に負けられない戦い」 聞き飽きましたが、はまってます。
なんとか、両チームとも予選リーグを突破してもらいたい。
日本を背負ってる。 その想いを強く抱いてほしい。

U?22メンバー発表。
ほんと、試合数が多い。 U?22は大変だ!
今回は国立にたくさんの人が詰め掛けてあげてほしいな。
サポートが、かなり必要なチームだから。。。



H foot.net
むらさき     ナビスコ グループA 1節 vsガンバ大阪   『足りないもの』
rossonero   セリエA 29節 vsアタランタ    『結果がすべて』



    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
この記事のURL | 国内 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
日本代表メンバー発表
2007/03/19(Mon)
オシムジャパン2007初戦のメンバーが発表されました。
以下の通りです。
GK:
 川口能活
 川島永嗣
 西川周作
DF:
 中澤佑ニ
 坪井慶介
 田中マルクス闘莉王
 阿部勇樹
MF:
 橋本英郎
 羽生直剛
 加地亮
 二川孝広
 遠藤保仁
 中村憲剛
 鈴木啓太
 駒野友一
 藤本淳吾
 中村俊輔
FW:
 高原直泰

まあ、大きな驚きはありませんでした。
FW1人? というのがそれになるんでしょうが、オシムのコメントでは、巻や寿人には、イエローカードを提示し、レッドを出したわけじゃないということ。奮起を施しているようです。
寿人には、G大阪戦でぜひともゴールを奪い、オシムが呼ばなきゃいけない状況にしてほしい。
追加召集があるようですが、このオシム流は、やる気を出させる意味ではとても効果がある。
見られているという意識を、持っている選手は多いだろうし、見てろよという気持ちの選手もいるはず。
Jを活性化させる意味でも、いいことかなと、今回は素直に思えますね。

さあ、ようやく海外組が召集となりました。
俊輔と高原が呼ばれたわけですが、オシムは彼らを使うことを明言しています。
このペルー戦は、高原はあれにしても、俊輔にどういうポジションと役割を与え、俊輔がどういうプレーをするのかが、最大の焦点ですね。
楽しみです。

ペルーも結構いいメンバーが来日するようですし、面白いゲームになることを期待したい。
また、日本代表の新たな可能性なども、見せてほしい。
僕の注目度は、結構高いです。
機能している明るい未来が差し込むようなゲームを期待したい。
最近代表と名のつくゲームは、暗いムードが蔓延してるからね。
打破してほしい。



H foot.net
むらさき     J1 3節 vsガンバ大阪   『完敗』
rossonero   セリエA 29節 vsアタランタ    『結果がすべて』



    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
この記事のURL | 国内 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
J1 3節の結果
2007/03/18(Sun)
広島は、負けましたねぇ。。。
G大阪は強かったです。
詳しくはむらさきで書いたので、ぜひ。

なので、ここでは他チームの結果を。
3連勝を飾ったのは、G大阪と名古屋です。
名古屋は、意外と言っては失礼ですが、今日も2?0。
この無失点というのは、すばらしい。
名古屋のこのスタートは、驚きと新鮮さを与えてくれる。
対戦相手に恵まれてる感はあるけど、Jを活気づけてくれるね。
なにが起こるかわからないのは、やっぱり面白い。

その意味では、柏が清水を破ったのも、予想外。
前節対戦し、柏の強さは知っていたけど、これは本物だ。
台風の目になるチームといっても、もうOKでしょ。

だが、強いであろうチームもちゃんと結果を出してる。
浦和は、ワシントンが結果を出し、またホームで勝利。
オジェックは、うまくコントロールしているのかなと思ってきた。
ワシントン警報が早くも鳴り始めちまったよ。
そして、川崎は得意のお祭りゲームを、今年は遅くなったけど演じてくれた。
今年の川崎には安定があると思う。
マギヌンは、とめられないね。 困ったもんだ。

こちらは苦しんでいるチーム。
千葉と鹿島。 お互い3ゴールをあげながら勝てないというのはつらい。
いまだ未勝利というのは、この両チームにとては耐え難い現実だろう。

横浜FMは、またも昇格チームに勝利をプレゼント。
退場があったようだし、ついてなかった面はあるんだろうが、つらいね。
大久保が点とってる! 応援してるんだよね。がんばってほしい。

原監督は苦しんでるね。
アジウソンサッカーは、今年もはまれば強いのか!?

大宮はやばいね。 甲府と共に3連敗スタート。
降格という言葉が、ずっとついて回るシーズンになりそうだ。
急がないと、って焦るとまた逆に泥沼にはまるんだろうな。。。


今年は大混戦になると思ってたんだけど、予想以上に前評判が高いチームが、きっちり結果を出してる。
浦和とG大阪は、ビッククラブの匂いを漂わせてきている。
早くとめないと、面白くなくなっちまう。
合言葉は、ストップマグノ! ワシントン!
広島は粉砕されたけど、みんなでがんばろうぜ!!!



H foot.net
むらさき     J1 3節 vsガンバ大阪   『完敗』



    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
この記事のURL | 国内 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
thieweekプレビュー
2007/03/16(Fri)
■Jリーグ
豪華絢爛放送予定↓
http://soccer.skyperfectv.co.jp/Jleague/index.html
まずは、Jからいきます。
今節の注目カードは、G大阪vs広島はもちろんです。
(こちらはむらさきで詳しく書いたので、ぜひ!)
あとは、千葉vs鹿島の連敗スタート対決。
泥沼にはまるのは、どっち?
そして、清水vs柏。
本物の勢いをえるのは、どっちだ!
長谷川監督のスタメン選考にも注目。
柏のゲームプランにも大きく影響してくるだろう。
このゲームはそうとう興味がある。 白熱したゲームになると思う。
清水の力が試されると思う。
そして、浦和のホーム無敗記録止まるのか!
名古屋は3連勝を飾れるか!

Jはまだ始まったばかりだが、来週は代表ウィーク。
ナビスコの戦いになる。
勝ってないチームは、絶対勝っておきたいだろうね。


■セリエA
放送予定↓
http://soccer.skyperfectv.co.jp/schedule/serie/serie_06-07_29.html
前節失意のダービー敗戦を味わったミランは、アタランタと。
前回対戦では、負けている。
借りを返さないといけないし、ダービーのショックを払拭しないといけない。
4位争いも、予断は許さない。
負けてはならない。 絶対勝たなければならないゲームだ。
気になったニュースを1つ。
ミランの次期監督はリッピで決まり!?
http://news.livedoor.com/article/detail/3077329/
いい! 大賛成! 早々に正式発表してほしい。
で、そのCL圏内争いだけど、
スカパーは放送しないビックカードがある。
フィオvsローマ。 これは熱い。
とても見たいのに、とても残念だ。
だから、このカードが一押し。
ラツィオvsエンポリ。
引き分けを願う。


■プレミアリーグ
放送予定↓
http://soccer.skyperfectv.co.jp/schedule/premire/premire_06-07_26.html
マンU、チェルシー共に、絶対落とせない。
落とさないだろうとも思う。
ルーニーのゴールが見たいね?
毎度毎度のことだけど。。。


■リーガ・エスパニョーラ
放送予定↓
http://www.wowow.co.jp/liga/
クラシコあけ。 絶対落とせないね、バルサ、レアル。
ライカールトは、4バックに戻すよう。
賢明な判断だと思う。 全快エトーを待ってる。
レアルは、ちょっと後ろがけが人が多いよう。
ファン・ニステルローイのゴールは、勝つための絶対必要条件だね。
ロビーニョは、ピッチで結果出さなきゃ。
セビリアも、絶対勝たなきゃダメだぞ?


■ブンデスリーガ
放送予定↓
http://www.jsports.co.jp/tv/football/bundes/bundes.html
今週は、ブンデスリーガだね。
シャルケvsシュトゥットガルト。 熱い。
これは見なきゃ! でも、ゴメスの離脱が残念すぎる。
フランクフルトvsバイエルン。
両チームとも、趣は違うが、ケツに火をつけなきゃいけない。
高原は、相性◎のカーンが相手だ。
今節もゴールを期待したいね。
このゲームも、必ず面白いと思う。
ブンデスリーガは、大混戦すぎる。
フランクフルトは、降格圏内にいるが、UEFA圏内まで7ポイント差しかない。
ぜんぜん可能な数字だ。
高原が爆発すれば。これは最低条件だが、十分狙える。
このゲームは、その勢いを出す格好の相手だ。
勝ちたい! がんばれ!


高原もそうだが、来週は代表ウィーク。
勝って終わりたいのは、どこも同じだろう。
結構、重要な週末になると思う。




H foot.net
むらさき     G大阪戦プレビュー   『試金石』
rossonero   セリエA 28節 ミラノダービー vsインテル                『屈した、インテルの前で二度も』
this game   バルセロナvsレアル・マドリッド  『メッシは恐ろしい』


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
この記事のURL | サンフレッチェ広島 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
U?22とチェルシー
2007/03/15(Thu)
オリンピック予選第二戦、アウェイでのマレーシア戦。
日本は2?1で勝利を飾り、2戦連勝スタートです。

このゲームは、まず、日本の不甲斐なさを嘆くよりも、ピッチコンディションの醜さを語らないと。 あれはひどい。
オリンピックという、大きな大会の出場をかけたゲームが、あの環境で行われていることを、FIFAは真剣に考えてほしいよ。
あれは、たくましさだとか、日本は恵まれすぎだとか、そういうレベルじゃないでしょ。

で、日本のプレー振りはというと、悲しくなるね。
半分寝てた奴に言われたかないかもしれないけど、寝かせたのは君たちだから。
ちょっと言い過ぎたな。 一次予選に、僕は代表特有のしびれるゲームを期待してしまってる。
香港戦と代わり、家長と増田が入ったことで、ボールを預けるところが出来ていたし、ピッチがよければもっと形はできていただろうと思う。
サイドを起点にという狙いは、とくに本田の左サイドでよく表れていたし、攻撃はかなりスムーズになっていた。
サポートも早くなったし。
成長した姿は、垣間見えた。

平山のゴール。李のゴール。決して美しくはなかったけど、あのピッチで結果を残せるあたりは、頼もしいとも思う。
とくに平山。 2ゴール連続ゴールはさすがだ。
このチームは、フィニッシュは平山頼みなので、彼が点とらないと勝てないわけだけど、それをちゃんとやってる。
形こそ、らしさやすごさはないけれど、FWは結果だからね。

まあ予選だから、勝つか負けるかが重要なわけで、セットプレーでの失点が課題だとかは、勝ったから言えるわけだ。
負けてたら、課題どころの話じゃない。
勝ち点を落とさず、こういう失敗を経験しながら、こんな環境でも、勝てたということは重要だ。
次のゲームはホームなので、スカッといってほしいね。
爽快なゲームが見たいし、見せてくれるメンバーでもあると思ってるから。


シティーvsチェルシーを見たので、ちょこっと。
チェルシーらしいゲームと言ってしまえばそうなんだろう。
勝ち点を積み上げたことは大きい。
これでゲーム数でユナイテッドと並び、6ポイント差だ。
プレミアでは、5連勝アンド5完封。
本当は、絶好調といえる結果だ。
でも、ポルト戦も見たけど、今のチームコンディションは、かなり落ちている時期だと思う。
ユナイテッドもそうだけど。
シーズン中にある程度の浮き沈みは必ずあるもの。
その時期でも、大事なポルト戦に勝ち、このゲームはランパードのPKで勝った。
アーセナルとのタイトルマッチも勝ったしね。
勝負強さは健在だ。
これから収穫の時期。コンディションはモウリーニョのことだからあげてくると思う。

1ヵ月後のユナイテッド戦を何ポイント差で迎え、どういうコンディションでいるか。
その前にバレンシア戦もあるし。
さて、今シーズンはチェルシーはなにを収穫するんだろう。
結構不気味なんだよね。
チャレンジャーになったモウリーニョは強いよ。
黙って終わるとは思えないんだ。



H foot.net
むらさき     G大阪戦プレビュー   『試金石』
rossonero   セリエA 28節 ミラノダービー vsインテル                『屈した、インテルの前で二度も』
this game   バルセロナvsレアル・マドリッド  『メッシは恐ろしい』


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
この記事のURL | 国内 | CM(17) | TB(3) | ▲ top
甲府vs名古屋 と俊輔 etc
2007/03/13(Tue)
甲府と名古屋のゲームを、眺めてた。
焦点は、名古屋の2連勝スタートは、本物か?
アルベルトはどうなんだ? だが、
まあ、眺めてた。そこまで真剣には見てない。

でも、名古屋はいいサッカーしてるなと思った。
今、旬の本田は勢いがあるし、前線のメンツは揃ってる。
ヨンセン、杉本、金、中村。 いい選手たちだ。
そして、藤田も存在感を発揮してた。やはり光る。
充実してるな、という印象を抱いたね。
フェルホールセン2年目。 チームに統一感と向上心がある。
いい雰囲気なんだと思う。

一方、甲府。
アルベルトは、バレーほどの強烈さはないが、すんなり馴染んでるようだし、戦力にはなりそう。
そして、あいかわらずアグレッシブなサッカーを展開していた。
昨シーズンと大きく変わりはない。
そう、決定力不足も、変わってなかった。
まだ、今シーズンノーゴール。
そんなサッカーはしてないし、このゲームも先制するチャンスは十分にあった。
この課題は、やっぱりバレー離脱という言ってもしょうがない穴が、今後も響いてくるんだろうなと思う。
チャンス量産で挽回するしかない。
大木監督は、早く勝ち点を積んでいかないと、大変なことになるのではないだろうか。
茂原、石原、藤田らの働きは今シーズンも健在だし、やりたいサッカーは出来ているとは思う。
だが、対極といっては失礼だが、横浜FCが勝ち点を積んでいる現状が、サッカーの現実でもある。
切羽詰った甲府も見てみたい気はするが、ちょっと心配になってくる。
予算の問題もあるだろうから、シーズン中の補強も難しいだろう。
早く結果残さねば、泥沼にはまるかも。

名古屋は、これからの相手にも恵まれている感がある。
ちょっと走るかも。
玉田が結果を出したけど、これから彼が中心になってくれば、もっと面白い攻撃が見られるだろうし。
DFがどこまで先制点を待てるか、だけど、楢崎がいるしね。
面白い存在として、リーグを引っ張りそうな予感はあるね。


俊輔は戻ってくるのかな?
見てみたいよね、オシムのチームでプレーする俊輔。
どんなポジションが用意されるんだろう。興味がある。

高原も戻ってくるのか?
高原は今それどころじゃないだろう。遠慮してあげたい。
小笠原は見たいね。 憧れの海外の空気をすって、成長しただろうか?


反町は、今度は4バックらしい。
そんなことより、TV中継がないっぽい。。。
五輪代表の不人気ぶりは、すごい目立つ。
大丈夫なんだろうか? 協会はA代表ゲーム数も減らすようだし。
代表バブルは低迷が叫ばれてたけど、ジーコに決定打を打たれてしまったようだ。



H foot.net
むらさき     J1 2節 ホーム開幕戦 vs柏レイソル  『勝ちきれるチームへ』
rossonero   CL ベスト16 2nd.leg vsセルティック              『遅すぎるけど、ありがとうカカ』
this game   バルセロナvsレアル・マドリッド  『メッシは恐ろしい』


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
この記事のURL | 国内 | CM(2) | TB(1) | ▲ top
リーガ26節結果 クラシコ
2007/03/12(Mon)
記憶に残る、熱い熱いクラシコだった。
両チームともチーム状況はベストではなく、そこかしこに不安を抱え、周囲から不満も出ている。
だが、バルセロナ、レアル・マドリッドという名に恥じないサッカーを、両チームとも見せてくれたと思う。

やはりまず、メッシからふれたいね。
これからどんな伝説をメッシは築き上げてくれるんだろう。
このクラシコでのハットトリックも、その伝説のまだまだ序章に過ぎないはず。
楽しみであると同時に、恐ろしささえ感じるよ。
メッシの形に持ち込まれたら、ディフェンダーは、もがくことしか出来なくなってしまう。
とくに、3点目。
後半、メッシがいい形でボールをもてたのは、あの時間が初めてじゃないかな。
だが、その1プレーで決めてしまう。 それもあの時間帯で。
とんでもない男だ。

それにしても、レアル。 悔しいね。
常に先行する展開で、相手が1人少なくなり、勝利まであと数分だった。
カンプノウでの勝利は、失意のシーズンを成功に変える魔力があったのに。
この日のレアルは、絶好調のファン・ニステルローイを頂点に、面白い攻撃を見せていた。
グティの存在感も、光ってったと思う。
守備陣もよく奮闘してた。 失点は、バルサを賞賛するしかないよ。
イグアインやガゴも闘える選手になってきたし、首位バルサまでポイントしか離れていない。
これ以上離されたくないが、まだまだ可能性のある数字。
グティが怪我をせず、ラウールが元気になれば、ポイントをどんどん重ねていけると思う。
カペッロには力の限りを尽くして、最後まで優勝争いに絡んでもらいたい。

バルサだが、僕はこのライカールトの3バックにとても否定的なんだが、前半は面白かった。
久しぶりに、バルサが見られたような気がした。
やっぱ、ロナウジーニョ、エトーラインは、とんでもないよ。
これがバルサだ、と再確認。 この2人はやっぱろり常にピッチで見ていたい。
だが、どうしても采配を求められた時のライカールトの思惑が腑に落ちない。
選手は納得してプレーしているのかと不安に思ってしまうよ。
セビリアから始まった勝負の1週間は、1つも勝てずに終わってしまった。
だが、まだ首位だ。
もうこれからはリーガ1本。 そして、絶対にこのタイトルは死守しないとだ。
もうけが人だけは出てほしくない。
エトー、ロナウジーニョ、メッシの3トップを最後まで見ていたい。

セビリアは、痛い痛い負けを喫してしまってる。
バレンシアは、引き分け。
この4チームが最後まで争っていくだろうね。
目が離せない展開になりそうだ。


伝統のクラシコ。 まさに伝統の一戦にふさわしい好ゲームだった。
また今から、来期のクラシコがとても楽しみだ。



H foot.net
むらさき     J1 2節 ホーム開幕戦 vs柏レイソル  『勝ちきれるチームへ』
rossonero   CL ベスト16 2nd.leg vsセルティック              『遅すぎるけど、ありがとうカカ』


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
この記事のURL | 海外 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Jリーグ 2節
2007/03/11(Sun)
広島のホーム開幕戦は、ドロー。
戦前は勝利をもくろんでたので、悔しい想いはあるけど、
結果、良しとするしかないとは思う。
柏は、本当に手強い相手だったし、先制点を奪われる難しいゲームになってしまった。
まあ、追いついたこと。追いつくために必死に闘った選手たち。
失望感を味わうようなゲームではなかったから、次節うにもつながると思う。
詳しいリポートは、むらさきに書いたので、ぜひです。

横浜ダービーは、とても面白いゲームだったね。
まず、サポーターが作り出した雰囲気は、とてもすばらしかった。
両ゴール裏とも、見ていてかっこいいなぁ、と思った。
そして、ゲームだけど、こちらもその気持ちにこたえる好ゲームだった。
横浜FCが勝利したわけだけど、あそこまで耐えられるとは、本当に立派だ。
このまま持ちこたえられるのか? 誰もが思ったと思う。
それをやっちゃうんだからね。 すごい。
カズの気持ちや、奥の必死さも、画面を通してでもバンバン伝わってきたし、この勝ち点は、自分たちの戦い方をして、力で奪ったもの。自信になるだろう。 
これからも苦しい戦いが続くんだろうけど、久保もコンディションは大変よさそうだし、相手にとってはとてもいやなチームだ。

横浜FM。
長谷川アーリアジャスールや乾は、とても面白いプレーをしてたし、山瀬もいい。
今後、面白い攻撃が見られそうな予感がとてもしたよ。
マルケス、マルクスがフィットして、鈴木がきちんと前線で起点になれればね。
早野監督は、このサッカーで勝ち点を加えていったら、おおいに評価されるだろう。
山瀬が決めてくれてたら・・・
山瀬は今シーズン、結果がとても求められるね。
横浜FMは山瀬次第といっても、過言ではないと思う。

鹿島vsG大阪も見ました。
まず、鹿島は前半でのチャンスを決められなかったのが、本当に悔やまれる。
ダニーロも開幕戦よりはぜんぜんよかったと思うし、けが人続出の中、出ていた選手たちは、本当によくがんばっていた。
マルキーニョスが、決めてくれないと?。
ただ、開幕連敗は痛いね。
次はファボンが出られない。 まだノーゴールだし、ここは柳沢が勝たせないと。
G大阪。
マグノは、どうにかならんかね。
家長もボールを持たせたら、本当にいやな選手だ。
退場で苦しい展開になったけど、勝ち点3を奪うあたりは、強いチームという印象を抱かせるね。
ただ、もっとゲームを支配できるんじゃないかと思うが、まだそこまで出来上がってないのかな?
遠藤が元気がない感じだ。
これは次節、広島にもおおいにチャンスはあるね。


J2節を終えて、名古屋が連勝。清水も。浦和は引き分けてる。
鹿島と千葉が連敗スタートというのは、ちょっと意外だが、今シーズンが大混戦になることを物語ってると思う。
大混戦は、間違いない。
1ゲーム1ゲームの勝敗が、本当に重要になってくる。
気持ちの入った、熱いゲームをどんどん増やしてほしい。




H foot.net
むらさき     J1 2節 ホーム開幕戦 vs柏レイソル  『勝ちきれるチームへ』
rossonero   CL ベスト16 2nd.leg vsセルティック              『遅すぎるけど、ありがとうカカ』


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
この記事のURL | 国内 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
バルサ敗退
2007/03/07(Wed)
昨日さんざん書いた、機能してない3?4?3でなく、これまた新しいタイプの3?4?3で挑んできたライカールト。
ビックリしたね。 そして、残念ながら機能していたとはいえなかったと思う。

ロナウジーニョ、エトー、メッシ、デコ、シャビ、イニエスタ。
バルサが誇るこの5人の攻撃的メンバーを、
攻撃的ポジションで、
なんとか個性が活きるように、
配置できる方法を考えたら、こんな形になりました。
ライカールトの頭の中はこんな感じじゃなかったのだろうか。

エトーのコンディション不良。 やはりこれが最大の誤算だったね。
メッシも消えてる時間が多いし、あそこまで3トップが沈黙するとは。
とくに前半の低調ぶりは、この夢のトリデンテ史上最悪の出来だったんじゃないかな。

なぜ、ロナウジーニョがセンターにポジションをとっていたんだろう。
もともと、ロナウジーニョに前を向かせたい、
という発想から、この3トップシステムが生まれたはずなのに。
僕が想像するには、エトーがまだそのコンディションにないから。
と言うのが一番の原因だと思うけど、
ロナウジーニョの最も得意とするようなプレーは見られなかったように思う。
前を向くシーンが、あまりにも少なかった。

やっぱり、昨シーズンあそこまで、美しく、楽しく、強い、サッカーを見せてもらっていたので、欲求不満というか、不完全燃焼な印象はぬぐえない。
やっぱり今シーズンは、チーム内での揉め事があった事が大きく響いたんだろう。
ライカールトの支配力の低下や、テンカーテの穴。
選手たちのモチベーションの低下もあったのかもしれない。
ザンブロッタ、テュラム、グジョンセン、サビオラらの新加入選手たちが予想以上にチームにフィットしなかったのも痛い。
ラーションがいなくなった。 これもあまりにも大きかった。

バルサの1つのサイクルは終わりを告げたのだろうか。
週末には、クラシコ。
本当、殺人的なスケジュールだね。
完全に息の根を止められなければいいが。


ここまで、長々とバルサのことを書いたけど、
リバプール、驚いたよ。 よかった。
とくに前半のサッカーは、すごかった。
ネットを揺らせなかったのは悔やまれるが、どこからそんな自信が沸いて出るの?
と思うほど、勇敢なサッカーだと思った。
バルサの選手たちも面食らったと思う。
そして、きっちり逃げ切る精神力。 すばらしいね。
もうこれは、伝統なんだろう。

これは番狂わせ、といっていい結果になったと思う。
これだからカップ戦は怖すぎるね。

ほんと恐ろしい。
インテルは敗退しちまって、ローマは勝ち上がった。
意味わかんないね。
モウリーニョは、相当苦しんだようだけど、勝ってる。
もしかしたら、もしかするかも。

さあ、今夜はミランvsセルティック。
だんだん、高まってきたね。
俊輔よ! どうぞお手柔らかに。


H foot.net
むらさき     J1 開幕戦 vsFC東京     『上へいこう』
rossonero   セリエA 27節 vsキエーボ   『さあ、決戦へ』
this game   J1 開幕戦 川崎vs鹿島     『強い川崎、今年も健在』



    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
この記事のURL | W杯 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
本当に3バックで挑むのか? リバプールvsバルサ戦プレビュー
2007/03/06(Tue)
バルサのスペシャルな1週間は、最初の難関サンチャゴピスファンでのゲーム、敗戦で終わってしまった。

審判の混迷。 まずこれが一番に取り上げられるべきだと思うし、デコ、エトーを休ませねばならない、このスケジュールが悔やまれる。

次節クラシコもそうだが、この過密スケジュールの中で行わなくてもいいじゃないか、と思う。
今シーズンのハイライトの1つに数えられるゲームだ。
万全の状態でぶつかった両チームの姿が見たい、と思うんだけど。

スペシャルな1週間の中でも、とりわけ特別なゲーム、リバプール戦。
今夜だ。
リーガなら、負けても取り返しがつくが、このゲームは、負けたら終わりだ。
CLベスト16で敗退。 これはシーズンの失敗を意味すると思う。
今のバルサなら、そう言われても仕方ない。
ライカールト、ロナウジーニョ、デコらで作り上げたドリームチームの崩壊。
言いすぎだろうか? そうでもないと思うんだけど。

さあ、この大決戦にライカールトは3バックで挑むらしい。
セビリア戦を見たが、あれは機能していたのか? 僕の答えは、ノーだ。

03.06_3.jpgいつものバルサのシステムはこんな感じだと思う。数であらわすなら、4?3?3。
中盤を逆三角形にする形。ロナウジーニョをサイドの高い位置に置く形は、センセーショナルで、流行りのシステムになったけど、個の技術力があまりに問われるので、バルサの専売特許のようなフォーメーションだ。


03.06_1.jpgこのセビリア戦の新システム3?4?3がこれだ。 バルサのシステムは、3トップから決まるので、ここは動かしようがない。
だから、上のシステムから、矢印のように選手をスライドさせるイメージだったと思う。
自慢の逆三角の中盤を、一列づつ下げ、サイドバックたちを、より高い位置に。
先制点のシーンは、この狙いが見事にはまった。
オフサイドという反則は犯したけどね。


03.06_2.jpgだが、それ以上に問題の方が多かったと思う?
左図のスペースが、がら空きだった。
いつもなら、デコがいて、ロナウジーニョも顔を出しにきて、みんなでかわりばんこに使ったりしているスペースが、うまく使えていなかった。
イニエスタとシャビは、いつもなら3人いる中盤を2人で埋めなければならず、それに大奮闘。
コッパのダイジェストでは、このスペースをシャビがうまく使ってゴールを奪っていたけど、このゲームではそんなシーンはなかったように思う。

まあこのゲームは、バルサの天敵、ダニエウ・アウヴェスがサイドをガンガンあがってくるので、メッシはいつもはついて行かないし、バルサの左サイドでの数的不利が、最後は真ん中で影響して、失点してしまった形だった。
いつものシステムで挑んでも、同じ問題が起こっていたと思う。
この敗戦は、深く考える必要はないよ。
審判のせいに出来るんだから、あいつらのせいだ! ぐらいの気持ちでいればいいと思う。
リバプールに、ダニエウ・アウヴェスはいないわけだしね。


この3?4?3は、攻撃を強化したものなのだろうか。
それとも、守備を強化したものだろうか。
僕は、後者のイメージが強いのだけど、みなさんはどのように見られたんだろう?

ライカールトは、2つのゴールを最低でも奪わないといけない。
この3?4?3で挑むのは、かなりのギャンブルだと思うが。
選手たちは、納得しているのだろうか。
ベニテスはどんなシステムでくるか? 間違いなく、4?5?1だろう。
サイドに入ったら、ダブルチームでつぶす。 徹底してくるはずだ。
デコvsシソコも、90分間展開されていくだろう。
審判のファウルの基準も、このゲームの展開を大きく左右するだろうね。

ついに、エトー、メッシ、ロナウジーニョ。 ようやくこの3人が揃う。
この3人のうち、2人がゴールすればいい。
とても簡単なことに思えてくるのは、僕だけだろうか。
エトーの2ゴール! ニュースにもならないよ。 もちろんロナウジーニョもしかりだ。

アンフィールドでの、ユナイテッド戦。
リバプールは、神に見放されていた。
少なくとも、勝ち点を1つも奪えない内容ではなかったと思う。
この結果が、何を意味するんだろうね。
アンフィールド。 伝説が生まれるのに、この上ない舞台だ。
リバプールの勝利。 これも伝説といっていいと思う。
バルサの逆転勝利。 これを伝説と言わずして、なにを言おう。

僕は、今シーズンのライカールトの采配はよくないと思ってる。
このシステムも、絶対にやめたほうがいい、と思う。
さあ、結果はどうなるんだろうね。
めちゃライカールト中心に、このゲームを見ることになりそうだ。


H foot.net
むらさき     J1 開幕戦 vsFC東京     『上へいこう』
rossonero   セリエA 27節 vsキエーボ   『さあ、決戦へ』


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
この記事のURL | 海外 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
this week プレビュー
2007/03/02(Fri)
■セリエA
放送予定↓
http://soccer.skyperfectv.co.jp/schedule/serie/serie_06-07_27.html
ミランはキエーボ戦。このゲームは勝ちたいね?
セルティック戦へ弾みをつけたいのもそうだし、CL圏内争いも、ラツィオ、エンポリ、フィオレンティーナと好敵手が揃ってる。
そして、なんといってもその次が、ダービーだ。

そうインテル。 祝 止まった。
ダービーでやっつけてやろうかと思ってたんだが、まあいい。
一度こけると脆いんじゃないのか!
リボルノに土をつけてもらおう。 がんばれルカレッリ。

ローマとインテルは、CLがあるからメンバーを落としてくるだろう。
アンチェロッティは、どうするのかな。
まあ必然的にケガ人で、万全のメンバーは組めないんだろうけどさ。

そろそろ、大黒の良きニュースが飛び込んでこないかな?
ウディネーゼ様。 エンポリもやっつけて下さい。


■プレミアリーグ
放送予定↓
http://soccer.skyperfectv.co.jp/schedule/premire/premire_06-07_25.html
今節は、なんと言ってもリバプールvsユナイテッドだ。
優勝争いに踏みとどまれるか! これはもう言う必要はないだろう。
リバプールの優勝は、絶対ない。
ベニテス的には、CLバルサ戦の方がかなり大事だろうし、もしかしたらメンバーを落としてくるのかも。

だが、ファーガソンは全力でリバプールを叩きにいくだろう。
チェルシーは、かなり不気味だ。 モウリーニョは完全にひらきなおり、今シーズンの境遇を楽しんでさえいるよう。
チームの団結力も上がっているように思う。
なんだかんだ、揉めといて、1ゲーム少なくてまだ9ポイント差。
直接対決もある。
ユナイテッドは、早々にプレミアシップにけりをつけ、CL奪取に専念したいのが本音だろう。

こういうビックゲームは、やっぱりルーニーがほえるのか!
ここら辺で本調子になっておかないと、もうシーズンが終わっちゃうよ。


■リーガ・エスパニョーラ
放送予定↓
http://www.wowow.co.jp/liga/
バルサの、熱い、大変な1週間の始まりだ。
まず、首位決戦となるなるセビリア戦から幕が開く。
どうも、エトーとメッシはスタメンから外れるよう。
一方セビリアも、ルイス・ファビアーノ、アドリアーノを欠く。
このゲーム、やっぱりロナウジーニョの出来が大きく結果を左右することになりそうだ。
カンプノウでのゲームでは、ロナウジーニョがやっつけた。
さあ、どうなるだろう。

グジョンセンなのか? いいのか?
じつは、ここが一番気になってる。

レアルは、鬼門ベルナベウで、ヘタフェと対戦。
波乱の香りがプンプンする。 何が起きようとはらんでもなんでもない気もするが・・・
バイエルン戦、クラシコと続くこちらも勝負の1週間。
カペッロを救うのは誰なんだろう。

■ブンデスリーガ
放送予定↓
http://www.jsports.co.jp/tv/football/bundes/bundes.html
高原?
カップ戦でチームを上へ連れてくのもいいが、とにかくリーガだ。
フランクフルトは、今17位。 やばすぎる。
メンバー、サッカー内容。 落ちるレベルではないと思う。
ディフェンスの修正は、大至急必要だが。
1点じゃダメだ、高原。 2点3点取るしかない!
シュトライト! セットプレーのキックは、ちゃんと狙って蹴れ!

今節の注目カードは、シャルケvsハンブルガーだ。
前節のファン・デル・ファールトに惚れちまった。 素晴らしかった。
シャルケは、連敗は許されないだろうし、かなり面白いゲームになるんじゃないのか。


Jの開幕プレビューは、むらさきに書いたので、ぜひ。
豪華絢爛放送予定↓
http://soccer.skyperfectv.co.jp/Jleague/index.html

忙しい季節の到来だ!
全力で立ち向かう心意気です。
明日は、まず東京で勝って来ます。



H foot.net
むらさき     J開幕を占う   『番狂わせ探し』
rossonero   セリエA 26節 vsパレルモ   『アンチェロッティのミスだ』
this game   バルセロナvsリバプール  『バルサ、どうするよ』


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
この記事のURL | 海外 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。