スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
高原と松井を見ました
2006/10/02(Mon)
絶不調のモナコに乗り込んだル・マンですが、1?2と敗れてしまいました。
当然、松井に注目して見ていたんですが、率直な感想を言いますと、左サイドのうまいヤツ、という印象しか受けませんでした。
決して、チームの中心なわけではないし、危険なヤツでもなかったです。
腰の状態がどうなのかわかりませんが、運動量も多くなく、画面に映るシーンも少ない。
ちょっとガッカリしました。
代表入りが待望されていますが、それに値するプレーを見せているとは思えませんでした。
次に期待してます。


次は高原ですが、こちらはよかったです。
フランクフルトに移籍しポジションを勝ち取った高原は、冷遇を受けた前所属のハンブルガーをホームに迎えてのゲームでした。
CLも戦っているハンブルガーは絶不調で、ドル監督弱気な言葉を口にしていたとか。
高原としては、是が非でも勝利を飾り、見返してやりたいゲームだったと思います。
高原ダービーとなったこのゲームは、まず、面白かったです。
実力的には上のハンブルガーがボールを支配してゲームを進めますが、UEFA杯を勝ち上がったフランクフルトは、好調さを見せ付けるような鋭い攻撃と激しいマークで応戦していきます。
ハンブルガーも尻に火がついていて、必死でした。
2トップの一角に入り、攻撃のタレントとして完全に機能していた高原は、身体にもキレがあり、献身的な動きでチームへの貢献度はかなり高かったと思います。
ほんと、あの終了間際のシュートは悔やまれます。
「お前は柳沢かい!」ってズッコケましたよ。
あれが決まってたら、高原自身もさぞかし気持ち良かったでしょう。ドイツに渡って以来最高の夜を迎えられたんじゃないかと思いますが。
100満点をもらえるところが、60点ぐらいになっちゃいました。ストライカーは、やっぱあそこで決めないと、イカンです。
ですが、90分を考えると、動きは良かったと思います。
フランクフルトが丁寧なサッカーをするので、高原にとっては理想的なチームなんじゃないでしょうか。いい場所が見つかったな、と思いました。
ただ、この幸福な関係は、永遠どころか一寸先をも約束されていません。
継続させていくには、コメルツバンク・アレーナに歓喜をもたらさないと、あのシュートを入れないと、です。
今シーズンの高原には、期待できそうですし、フランクフルトも好チームです。
ゲームが行われるのが楽しみになってきました。



H foot.net
熱いゲームだった
むらさき   25節 vs川崎フロンターレ 『次に生かさねば』



    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 今野、山口、青山が追加召集だって
 なんで最初から呼ばないんだろうね
 
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | 海外 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<サッカーを読む | メイン | 代表メンバー発表>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hfootblog.blog66.fc2.com/tb.php/112-a1f8bdb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。