スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
さすが、ロナウジーニョ
2006/12/06(Wed)
バルサ? ロナウジーニョ?
さすがでした。いやはや、アッパレでした。
調子悪いのかな、苦戦するんじゃ、あわよくば敗退もあるんじゃないか。
って本当に思っていたんですけど(ちょっとそんな場面を見たいとも思ってた)心配するんじゃなかったです。
あのFKは、技ありでしたね。最近流行のブレ球パワー系ではなく、ロナウジーニョらしい、テクニックとアイデア満載のキックでした。オレがこれがロナウジーニョだ、って感じ。
そして、2点目のジュリヘのパスもお見事。
3トップが理想的な連携を見せてのゴールの形。
やっぱり、パスの受け手となれるジュリは必要だと思います。
試合運びにおいても、テュラムの投入も正解だったと思うし、危なげなかった。
さすが、百戦錬磨のタレント軍団です。
プレッシャーもかなりかかっていたと思いますが、締めるところは締めてきますね。
ロナウジーニョのあの集中力、充実した表情。これから楽しみです。
結局、ロナウジーニョ率いるバルサが最後まで僕らを楽しませてくれた、ということなんですね。彼らは、スーパーエンターテイナーですから。

ブレーメン。残念でした。
カンプノウの雰囲気にのまれ、絶対やってはならない先制点を奪われてしまった。
それも、早い時間に、FKで。これは痛かったですね。
こんないいチームがもう消えていくなんて、もったいないです。

ローマvsバレンシアのゲームも見たんですが、なんだったんだろうあのゲームは。
あんなにテンションの低いCLのゲームを始めてみた気がします。
トッティのいないローマも魅力が半減どころじゃなかったですけど、バレンシアのメンバーはなめてました。
まぁ、ローマが勝ち抜けを決めたんでよしとします。
トッティの負傷は、意外と重症かもって話ですね。
ダービーに出れないとなると、ショックです。
トッティのいないローマ。ありえません。


H foot.net
きびしぃ?
むらさき  J1 34節 vs清水エスパルス 『明るい未来へ向かって』
オリヴェイラ、きたか?
rossonero   コッパイタリア ベスト16 vsブレシア 『勝ち続けろ!』
今季一熱いゲーム
this game   マンチェスターUvsチェルシー 『頂上決戦』
 

    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 勝てよぉ?ミラン!!!
スポンサーサイト

テーマ:FCバルセロナ - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | 海外 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<クラブワールドカップ | メイン | 高原とブレーメン>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hfootblog.blog66.fc2.com/tb.php/120-7e8df44d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。