スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
クラブワールドカップ
2006/12/13(Wed)
新方式となって2回目のクラブワールドカップ。
今年はロナウジーニョ、バルセロナの登場ということもあり、去年よりは盛り上がっている印象だ。
レベルの違いや各チームの意気込みの温度差などはあると思うけど、このトーナメントは、とっても魅力的だと思う。

僕は去年、豊田で行われたゲーム以外の6ゲームを、スタジアムで観戦した。
一番の感想はめっちゃ寒かった、だけど、なまリバプール、なまジェラードを見れたことは、いい思い出になった。
クラウチは、マジででかかった。僕が目にした人間の中でNO.1だった。
今年も行こうと思ってたんだけど・・・

今日は、南米王者のインテルナシオナルが登場。
相手は昨年のリベンジを果たしにやってきた、アルアハリ。
面白いゲームだった。
インテルナシオナルは、ブラジルらしいサッカーの巧さをもった好チーム。
アルアハリは、勝者のメンタリティをもち、負けないチームという印象だ。そしてこの大会をマジでとりにきている。
アレシャンドレというスターも生まれ、インテルナシオナルが勝利。
去年と同じようにきっちりとシードの南米が、その力の差を証明した格好になった。

日曜、月曜に行われた1回戦もそうだったけど、一発勝負の醍醐味、スリルがあって、とてもいい。
初めて対戦する相手と、肌の違ったサッカーをする相手との真剣勝負。
この大会の魅力は、ここだと思う。
そして、いまだおきてはいないが、いつかはおきるだろう番狂わせ。
バルセロナをぶっ倒す。
そんな夢をぶちたてられる。
そして、それには十分に手が届く。魅力的すぎる。
現北は、ここまできておいて、そのチャンスを逃してしまった。かわいそうだ(笑)

明日はついにバルサの登場。
そして、相手はクラブアメリカ。というかクラウディオ・ロペス。
バレンシア在籍時、C・ロペス君は、オモロイほどバルサを食っていた。
めっちゃ、楽しみ。プジョルはあの顔を絶対忘れていないはずだ。
ロナウジーニョもコンディションは上がってきているし、エンターテイナーだから、魅せてくれるだろう。
デコもいいしね。

バルサファンの方は大勢いるから、明日はスタジアムも温かくなるだろうね。


H foot.net
クソッタレ
むらさき  天皇杯5回戦 vsガンバ大阪 『何にも、誰にも、負けていない』
ジラ・・・
rossonero   15節 vsトリノ 『何故なんだぁ?』
今季一熱いゲーム
this game   マンチェスターUvsチェルシー 『頂上決戦』
 

    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 解説の人。おおげさすぎない?
スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | 海外 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<CL組み合わせ決定 | メイン | さすが、ロナウジーニョ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hfootblog.blog66.fc2.com/tb.php/121-61e20fea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。