スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
夢見ました(11)
2006/06/03(Sat)
大会19日目。

ブラジルvsアメリカ。
見せてくれましたよ。ロナウジーニョ。
先制点を自ら奪うと、ノールックパスを見事にカカに通し2点目を演出。
ちょっと大人しかったグループリーグのロナウジーニョ。やはり決勝トーナメントに入ると、エンジン全開、目つきが数段違いましたね。
ロビーニョが3点目を入れてブラジルが圧勝。
DF面の不安もこのゲームでは表に出ず、決勝までの道のりを「伝説を作りながら進んでいく」というほどの強さを見せてくれた。
やはり、このチームが負ける姿が想像できない。
果たして、それを成すチームが、選手が現れるのだろうか?

スペインvsスイス。
スタメンと信頼を、グループリーグで取り戻したラウール。
レアルで影を潜めつつあった、彼の勝負強さ、ここ一番でゴールを奪えるスター性を、このゲームで存分に見せてくれた。
0?0で迎えた70分。
この日、惜しいシュートを何本も放ちながら、ゴールを奪えなかったF・トーレスからのクロスを、ニアで合わせ、スペインを勝利に導いたのはラウールだった。
もう一人、勝利の立役者になったのは、カシージャス。
彼が、決定機をファインセーブで防ぎ、スイスに先制点を与えなかったからこそ、ラウールのゴールが生まれたとも言える。
レアルで辛いシーズンを送った彼らの、代表にかける強い意気込みが、いい形となってチームに影響している。
さぁ、次の相手はブラジルだ。
ロナウジーニョ対プジョールという夢のマッチアップ実現だ。カタルーニャ人はどっちを応援するんだろうか。
当然ながら、どちらが消えていくわけだ。
大変興味深い、最高のカードになったね。

スポンサーサイト

テーマ:FIFA World Cup - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | W杯 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<夢見ました(12) | メイン | 夢見ました(10)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hfootblog.blog66.fc2.com/tb.php/13-b3669ccc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。