スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
冬のマーケットの展望
2006/12/28(Thu)
今年も残すところあと3日。
W杯イヤーの2006年も終わります。
一年を振り返るとあっという間だと感じるのは、毎年恒例です。

さあ、年が明けると1月です。
そう、移籍マーケット解禁です。
いろいろなニュースが飛び交っています。
どこの誰が驚かせてくれるんでしょうか。

フィーゴがサウジアラビアに。
これはビビリました。もう決定なんですか?
一番の原因はマンチーニにあるんでしょう。
どうせなら、日本に来ればいいのに。
でも、そんなお金を払えるところはないか。

ミランには誰が来るの?
これがやはりこの冬の目玉でしょう。
白いところから誰かが来ると思うんだけど、僕はカッサーノがいいです。
ベルルスコーニの本気が見たい。

ベッカムはどうするんだろう。
プレミアでもう一度見たいけどなぁ。

モウリーニョは誰を引っ張ってくるだろう。
CBは絶対必要だ。ウッドゲイト、アプソンらが候補らしい。
この買い物には、絶対ミスが許されない状況だ。
腕のみせどころ、金の使いどころだと思う。

ファーガソンは、フライングしてラーションをゲット。
そして、もう1つサプライズを僕たちに用意してくれてるらしい。
やっぱり、ハーグリーヴスなのかな。
エインセは絶対出さない方がいい。

ここ数年、冬に移籍を果たし、生まれ変わったように劇的に活躍した。
という選手をめっきり見なくなった。
どちらかというと、マイナスイメージでの移籍が多い。
CLに出れる出れない、の影響が大きいんだと思う。
ビックリさせてくれるヤツ、出てこないかなぁ。


H foot.net
日本一
むらさき   Jユース決勝 vsFC東京   『優勝』
来たか!ジラの時
rossonero   18節 vsウディネーゼ 『プレゼント』
 

    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 バレー、G大阪へ?
 ありえないでしょ。甲府がかわいそうだよ。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | 海外 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ユナイテッド・チェルシー2006ラストゲーム | メイン | 今年のユナイテッド>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hfootblog.blog66.fc2.com/tb.php/130-47d3aa20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。