スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
セリエAで暴動・バイエルン
2007/02/03(Sat)
■暴動で警官死亡、セリエAも代表戦も無期限延期
信じられないニュースがいきなり飛び込んできた。
森本はどうなったんだろう、とネットを開くと、これだ。
シチリアダービーの熱さ、彼らのサッカーへの想いの強さは、
素晴らしいものだと思ってたんだけど。

とりあえず、今節のカルチョの全ゲーム延期は決まったもよう。
代表などのゲームも、延期、取り消しとなっていくようだ。
無期限延期というのは、ありえないんじゃないかと思っているが、
考えなくてはいけないだろうね。

カルチョのこういった暴挙は、僕が覚えてるだけでも、
ローマダービーが中止になったゲーム。
ローマのCLでの審判へコインを投げ入れた事件。
インテリスタがジータへ発炎筒を投げぶつけた事件。
思い浮かぶだけでも、こんなにもある。
UEFAの制裁は必要だし、イタリアサッカー界の変革も、もうやらないといけない。
いつもみたいに、なあなあな妥協点をみんなで決め、一応罰しました、というのではダメだ。

カルチョスキャンダルは、クラブ首脳陣に問題があった。
ファンを傷つける行為だった。
この事件は、そのファンに問題があった。
もう何も言い逃れようがない。大問題をこの国は抱えている。

イングランドがヨーロッパの舞台から締め出された時のような、厳格な処分が必要だろう。
イングランドは、その事によって、考え、改め、変わっていったと思う。
このままはありえない。

ミランのゲームが見られなくなる。
これほど悲しいことはない。
CLなどの舞台に上がれないなんて、どうサッカーを楽しめばいいのか・・・

■バイエルン、屈辱の0?3
話は変わりますが、こちらも暗い話題。
ヒッツフェルトが戻ってきたバイエルンは、ニュルンベルグに乗り込んだが、完敗。
監督交代という刺激は、効かなかったようです。
厳しいマガトが去って、ヒッツフェルトが戻ってきてくれた。
僕の目には、選手たちがホッとしているように見えましたね。

「難しい仕事だということは分かっていた。この試合で、何をやらなければいけないかが分かった。
選手たちは自分たちの力を信じてプレーできていなかった。それが残念でならない。」
これがヒッツフェルトのコメントです。

1点目のハーグリーヴスの緩慢さ。
2点目のラームの目を覆いたくなるプレー。
守備は、崩壊しています。
そして、得点チャンスは、セットプレーのみ。強烈ではあるんですけどね。
あと、数回マカーイにいいボールが入りましたけど。

攻撃も守備もなんですけど、チームの連動というのがみられない。
前からみんなで追い込むとか、ダイレクトパスがポンポンとつながるとか、まったくなかった。
個の力でねじ伏せる、では、この日のようなきっちりしたチームには、限界がある。
そこまでスーパーな選手がいるわけじゃないしさ。

ヒッツフェルトは、どういう改革を進めていくんだろう。
野々村さんが言ってたような、粋のいいテクニックがある選手、ジエゴみたいなヤツは取れないわけだし、大きな変化は難しいだろう。
ディフェンス組織を作る。
自信を取り戻させる。が先決だ。

カーンのリーダーシップも薄れてきている印象だ。
ニューリーダーの台頭も必要。

CLはすぐそこだ。
時間もないし、本当に大変な仕事を引き受けたもんだ。

■ロナウド「重要なのは体重ではなく体脂肪だ」
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20070203-00000084-ism-spo
最後に笑える話を!
なんか、女の子みたいなこと言ってるヤツがいるよ。
こんな話題が、ニュースになることが、ミランのニュースになることが、
恥ずかしいなぁ
もし、セリエA無期限停止なんてことになると・・・
こいつに払った金はどうすんだ。
ロナウドにも同情するけど。



H foot.net
むらさき     対戦相手分析PART1   『鹿島・浦和・大宮・千葉・柏』
rossonero   セリエA 21節 vsパルマ   『セリエAの現状』
this game   レバークーゼンvsブレーメン  『ブンデスリーガの行方』 


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
スポンサーサイト
この記事のURL | W杯 | CM(3) | TB(1) | ▲ top
<<プレミアとバレンシア | メイン | THIS WEEK プレビュー>>
コメント
TBありがとうございます
fc2ブログは相性が悪いようでTBがはじかれてしまうのでコメントしていきます~。

シチリア島はマフィアで有名ですからね、サポーターの中にも過激な人がいたんでしょうね。
とても残念な出来事です。

2007/02/03 21:25  | URL | たうちゅー #-[ 編集] |  ▲ top
>たうちゅーさんへ
コメントどうもです。

そうですよね。マフィアで有名ですよね。
そういう人たちのせいで、カルチョが汚されるなんて、切ないです。
単純にカルチョを楽しみに待っている人たちは、いっぱいいるはずですもん。
僕もその一人ですし。

2007/02/03 22:46  | URL | テラダ #-[ 編集] |  ▲ top

トラバで来ました。

セリアファンとしては残念ですけど、無期限延期も致し方ないのかもしれなせんね・・・
カターニャの会長が辞めたみたいですし。


2007/02/04 10:56  | URL | styx #-[ 編集] |  ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hfootblog.blog66.fc2.com/tb.php/160-8181549e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

どうなるイタリア。
2日に行われたセリエAのシチリアダービー、カターニャvsパレルモ戦で起こった悲劇 …
 2007/02/04 00:05  merseysideに佇んで ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。