スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
本当に3バックで挑むのか? リバプールvsバルサ戦プレビュー
2007/03/06(Tue)
バルサのスペシャルな1週間は、最初の難関サンチャゴピスファンでのゲーム、敗戦で終わってしまった。

審判の混迷。 まずこれが一番に取り上げられるべきだと思うし、デコ、エトーを休ませねばならない、このスケジュールが悔やまれる。

次節クラシコもそうだが、この過密スケジュールの中で行わなくてもいいじゃないか、と思う。
今シーズンのハイライトの1つに数えられるゲームだ。
万全の状態でぶつかった両チームの姿が見たい、と思うんだけど。

スペシャルな1週間の中でも、とりわけ特別なゲーム、リバプール戦。
今夜だ。
リーガなら、負けても取り返しがつくが、このゲームは、負けたら終わりだ。
CLベスト16で敗退。 これはシーズンの失敗を意味すると思う。
今のバルサなら、そう言われても仕方ない。
ライカールト、ロナウジーニョ、デコらで作り上げたドリームチームの崩壊。
言いすぎだろうか? そうでもないと思うんだけど。

さあ、この大決戦にライカールトは3バックで挑むらしい。
セビリア戦を見たが、あれは機能していたのか? 僕の答えは、ノーだ。

03.06_3.jpgいつものバルサのシステムはこんな感じだと思う。数であらわすなら、4?3?3。
中盤を逆三角形にする形。ロナウジーニョをサイドの高い位置に置く形は、センセーショナルで、流行りのシステムになったけど、個の技術力があまりに問われるので、バルサの専売特許のようなフォーメーションだ。


03.06_1.jpgこのセビリア戦の新システム3?4?3がこれだ。 バルサのシステムは、3トップから決まるので、ここは動かしようがない。
だから、上のシステムから、矢印のように選手をスライドさせるイメージだったと思う。
自慢の逆三角の中盤を、一列づつ下げ、サイドバックたちを、より高い位置に。
先制点のシーンは、この狙いが見事にはまった。
オフサイドという反則は犯したけどね。


03.06_2.jpgだが、それ以上に問題の方が多かったと思う?
左図のスペースが、がら空きだった。
いつもなら、デコがいて、ロナウジーニョも顔を出しにきて、みんなでかわりばんこに使ったりしているスペースが、うまく使えていなかった。
イニエスタとシャビは、いつもなら3人いる中盤を2人で埋めなければならず、それに大奮闘。
コッパのダイジェストでは、このスペースをシャビがうまく使ってゴールを奪っていたけど、このゲームではそんなシーンはなかったように思う。

まあこのゲームは、バルサの天敵、ダニエウ・アウヴェスがサイドをガンガンあがってくるので、メッシはいつもはついて行かないし、バルサの左サイドでの数的不利が、最後は真ん中で影響して、失点してしまった形だった。
いつものシステムで挑んでも、同じ問題が起こっていたと思う。
この敗戦は、深く考える必要はないよ。
審判のせいに出来るんだから、あいつらのせいだ! ぐらいの気持ちでいればいいと思う。
リバプールに、ダニエウ・アウヴェスはいないわけだしね。


この3?4?3は、攻撃を強化したものなのだろうか。
それとも、守備を強化したものだろうか。
僕は、後者のイメージが強いのだけど、みなさんはどのように見られたんだろう?

ライカールトは、2つのゴールを最低でも奪わないといけない。
この3?4?3で挑むのは、かなりのギャンブルだと思うが。
選手たちは、納得しているのだろうか。
ベニテスはどんなシステムでくるか? 間違いなく、4?5?1だろう。
サイドに入ったら、ダブルチームでつぶす。 徹底してくるはずだ。
デコvsシソコも、90分間展開されていくだろう。
審判のファウルの基準も、このゲームの展開を大きく左右するだろうね。

ついに、エトー、メッシ、ロナウジーニョ。 ようやくこの3人が揃う。
この3人のうち、2人がゴールすればいい。
とても簡単なことに思えてくるのは、僕だけだろうか。
エトーの2ゴール! ニュースにもならないよ。 もちろんロナウジーニョもしかりだ。

アンフィールドでの、ユナイテッド戦。
リバプールは、神に見放されていた。
少なくとも、勝ち点を1つも奪えない内容ではなかったと思う。
この結果が、何を意味するんだろうね。
アンフィールド。 伝説が生まれるのに、この上ない舞台だ。
リバプールの勝利。 これも伝説といっていいと思う。
バルサの逆転勝利。 これを伝説と言わずして、なにを言おう。

僕は、今シーズンのライカールトの采配はよくないと思ってる。
このシステムも、絶対にやめたほうがいい、と思う。
さあ、結果はどうなるんだろうね。
めちゃライカールト中心に、このゲームを見ることになりそうだ。


H foot.net
むらさき     J1 開幕戦 vsFC東京     『上へいこう』
rossonero   セリエA 27節 vsキエーボ   『さあ、決戦へ』


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
スポンサーサイト
この記事のURL | 海外 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<バルサ敗退 | メイン | this week プレビュー>>
コメント

バルサびいきが少し過ぎると思いますが、それは私がリバプールファンだからでしょうか。でも知識は管理人さんに遠く及ばないのできっと正しいのでしょうね

2007/03/06 16:27  | URL | 33 #-[ 編集] |  ▲ top

バルサの低迷の原因をライカールトに見出せて、私にとってはためになるお話でした。

2007/05/15 16:55  | URL | アンダルシア #-[ 編集] |  ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hfootblog.blog66.fc2.com/tb.php/168-71213fe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。