スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
始まったぞ!
2006/06/10(Sat)
開幕を戦った開催国ドイツ。
バラックが欠場となり、どうなる事かと思いましたが、無事、コスタリカ相手に勝利を飾りました。

やっぱりクローゼはやってくれましたね。
2ゴールとも彼らしい素晴らしいゴールでした。

ラームはいい活躍。僕のMVPはラームです。
とくに先制点は大きかった。早い時間帯で点が取れたことで、随分、ドイツは(国民全員)楽になったはず。
シュートも凄い所に決まりましたし。
上がるタイミングも抜群で、クロスの精度もかなり高い。
ドイツの大きな武器ですね。

ただ、2失点はいただけないですね。
懸念されていた最終ラインは、予想通り(?)脆さを披露しちゃいました。
コンビネーションの悪さ。我慢できないCB。バイタルエリアにあるスペース。
問題は山積みです。
僕は、ボランチの位置にケールを起用して、どっしりとDFラインの前に構えさせていた方がいいと思いますが。
すげぇー、シュートを決めたフリンクスは、シュバインシュタイガーの位置へスライドさせる。
この方がバランスは良くなると思うし、DFラインへの負担がかなり軽減されるはずです。

クリンスマンはホッとしたでしょうね。
課題も出ましたが、難しい開幕戦は、勝つという事が最も大事なんですから。
次のゲームからは、緊張感も少し軽減されるでしょうし。

ひとまず安心です。やっぱ開催国ですから、ある程度勝ち上がってもらわないと。


ポーランドvsエクアドルは、面白いゲームでした。
セットプレーと先制点の重要さを、思い知らされましたよ。

ポーランドは、1本でもセットプレーをモノにできていれば。
悔い残りますね、あれは。
2度もポストに阻まれるなど、運もなかった。
エクアドルの2点目が決まった時のスタジアムの静寂。
あ?ぁ という空気が印象的でした。

エクアドルはサッカーが巧い。
取られないし、かわせる。行く時と行かない時のメリハリが統一されている。抜かれそうになったら手を出す。ゴール前ではきっちりコースに入り、身体を投げ出す。
時間の使い方も上手だし、勝ち方知ってるなって感じがしました。
ポーランドが、もうちょっと想像的なプレーが出来れば、どうなってたかとは思いますけど。


さぁ、今晩はイングランド、アルゼンチンの登場です。

ジェラードは出場できるみたいですし、ベッカムが自信満々のコメント出してましたし、期待したいですね。
オーウェン、クラウチに多少不安がありますが、もしこのゲームで爆発したりしたら、いっきに勢いに乗るかもしれませんよ。
このチームは、ちゃんとルーニーを迎えなければいけない使命を負っています。(僕の中では)
負けてもらっちゃ困ります。

ペケルマンは、メッシよりサビオラを選択するみたいですが、なんと言ってもリケルメでしょう。
彼がどこまで思い通りにプレーできるのか。
コートジボワールは、かなりガツガツ来るでしょうから、格の違いを見せ付けるのか、ひらひらとかわすのか。もしかして、沈黙してしまうのか。
アイマール是非も見たい。

日本戦も、もうあと2日後ですよ。
昂ぶってきますね?



     にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
ヨロシクです。

スポンサーサイト

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | W杯 | CM(1) | TB(1) | ▲ top
<<勝負にこだわってるね? | メイン | ついに開幕だ>>
コメント
TBありがとうございます
W杯はじまりました。
面白い試合がたくさん見たいですね。
アルゼンチンに期待です。

2006/06/11 00:17  | URL | Ryon #ZG/28ktk[ 編集] |  ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hfootblog.blog66.fc2.com/tb.php/20-aa02ec72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【GroupA:ドイツ×コスタリカ】
ドイツ 4-2 コスタリカ 2006.6.9 ミュンヘン ワールドカップ2006... …
 2006/06/10 23:02  sugrkube.com ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。