スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
勝負にこだわってるね?
2006/06/11(Sun)
1つのゴールの持つ、重みや重要性。
勝ち点を取ることの、大変さと大事さ、ヒシヒシと伝わってきますね。

いつも見ているリーグ戦とは、選手の表情がまったく違いますし、勝利に対する執念が、比べ物にならないくらいスゴイです。
チャンピオンズリーグをも、超えていますよね、絶対。
アルゼンチンとイングランドが、格好なんか気にせずに、ただ勝利のために戦っている姿を見て、W杯のステータスの高さ、初戦の難しさを、改めて感じましたよ。


期待していたイングランド。
優勝も十分ありえると思っているんですが、やはり、ルーニーがいないと厳しいですね。

クラウチは、ボールがおさまるんですけど、ゴールの香りがまったくしない。
それでも、監督がクラウチ使いたくなる気持ちもよくわかります。
楽ですもん、クラウチがいると。

後半の失速。消耗の激しさが気になります。
暑さも影響したみたいですが、まだまだベストコンディションには、程遠いようです。
また、W杯初戦は、百戦錬磨の彼らでも、雰囲気や緊張感は特別なんでしょうね。


スウェーデンが決めきれなかった。トリニダードトバコがよく守った。
どちらともいえると思うんですが、やはり、スウェーデンが決め切れなかったという印象です。

なぜ、ラーションを途中からトップ下のような位置に下げたのか。
彼は器用なので、あの位置でもいいプレーを見せていましたが、ゴール前、フィニッシュの仕事に徹底させたほうが良かったのでは?

心配していたイブラヒモビッチが、元気な姿を見せてくたので、ひと安心です。
彼は、こんな相手にはゴールしないんです。
イングランドやブラジルが相手になると、すごいゴールを決めてくれるはずです。


やっぱり、リケルメは見せてくれました。
ただ、あの程度では物足りません。彼の実力は、絶対あんなもんじゃありませんから。

サビオラは、キレキレでした。メッシ、テベスをベンチに座らせている理由が分かりましたよ。

コートジボワールは、正当にアルゼンチンに挑みましたね。
僕は、もっとガツガツいくのかなぁ、と思っていたのですが、汚いファウルはないし、パスをつなぎ、サイド攻撃を仕掛ける、技術の高いいいチームでした。

ペケルマンの采配には、納得がいきません。同点ゴールを決められなかったから良かったものの、あまりにも消極的過ぎたのではないでしょうか。
もっと早くアイマールを、メッシを使っていたら、3点目が奪えたと思うんですが、
こちらも、勝つことだけに、徹してましたね。


今日は、オランダの登場です。
コートジボワールがこのまま敗退するとは思えませんし、勝たなきゃいけないですね。
死のDグループは、どのような展開になるんでしょう。
ロッベンに期待したいです。あと、最近評価が落ち気味のファン・ニステルローイにも。

ポルトガルには、ユーロの時のような、威勢のいいサッカーを見せて欲しいです。
デコは大丈夫なんでしょうか。
クリスティアーノ・ロナウドは見せてくれるでしょう。

明日は、ついに日本の登場。
ヒディングの頭の中が、気になってしょうがないです。



     にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
おねがいします



スポンサーサイト

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | W杯 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<今日、ついに日本登場 | メイン | 始まったぞ!>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hfootblog.blog66.fc2.com/tb.php/21-8128a87a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。