スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
負けた
2006/06/13(Tue)
まだ受け止めらんね?よ・・・
いったい何が起こったんだか・・・

いまさら言っても仕方ないんだけど、勝てるゲームだった。
いま考えても、絶対勝ちゲームだった。

前半の戦いには不満を覚えたけど、1点リードするという、この上ない展開。
まさに、理想の前半だ。
勝利は間違いなく日本の手の中にあった。僕は、勝利をほぼ確信していた。

後半のサッカーに関しては、ある程度みんなの意志が、統一されていたと思う。
オーストラリアの、ヒディングの、とってきた作戦も、セオリー通り。
驚くことはまったくないし、怖くもなかった。
だが・・・

もう1点、取れなかった。2?0にすることが、できなかった。
これがこのゲームのすべて。

理由は1つだけじゃないと思う。
暑さによる疲労。これは相手も同じことなのだが、日本に有利に働くと思っていた暑さは、その度を越えていたようだ。

高原、柳沢の力のなさ。疲れていたのは明らかで、キープもままならない状況。ゴールを奪えないまでか、相手の脅威にすらなれていなかった。
小野を出すのなら、もっと早く代えるべきだったし、僕は、玉田を入れた方が良かったのではないかと思う。玉田のドリブルが武器になることは間違いなかったはずだ。

ジーコの采配。彼はリードした時の戦い方がうまくできなかったとコメントしていたが、その責任は、ジーコ自身に多大にある。
リードしている時の采配を、彼が存分に振るったとは思えない。ベストだったとは思えない。
選手交代だけが采配だとは思わないし、動かないという采配もあるとも思うが、もっと有効な手段は、いくらでもあったはずだ。

ヒデ、俊輔の低パフォーマンス。1ゴールを奪った俊輔だが、持っている力の半分も出ていなかったのでは。期待していたものが大きすぎたのかもしれない。
ヒデは、決定機を作り出せなかった。後半の展開は、ヒデの得意とする展開だ。よく走っていたし、何度かいいカウンターを作ったけど、それまでだった。

結局は、パワープレー、セットプレーでやられてしまったわけだが、1点は仕方ないと思っていた。
同点に追いつかれたのは仕方がない。あれだけずっと攻め込まれ、あれだけチャンスを逃したのだから、サッカーではよくある事。
それを跳ね返す力は、日本にはない。

失点のシーンには、それぞれ理由があると思う。
能活は、確かに好セーブを見せていたけど、あのシーンは、ちょっと調子に乗ってしまった。自分を過信してしまっていた。
宮本が寄せきれなかった。あそこでシュートをブロックできないのなら、キーパーの邪魔になるだけだ。

この現実は、あまりにもつらい。
何よりまず、悔いの残るゲームだった。
日本の力、場所は、この程度だとは思えないのだが・・・


チェコは、僕の予想以上のいいチームだった。
ベテランが多くて、きついのではと思っていたが、そんな事はまったくなかった。
ネドベド、ポボルスキ、ガラセクは、最高だった。
そして、そのベテラン選手に囲まれている、ロシツキーが凄い。
日本にもガラセクがいれば。俊輔とロシツキーの差。が頭の中を駆け巡ってしまう。
そして、いまさらブリュックナーはいい監督だなと。
チェコはいい感じに仕上がってる。コレルの怪我が心配だが、バロシュが戻ってこれれば、攻撃の幅がさらに広がるし、なんと言っても、ロシツキー大爆発の予感がする。

アズーリも素晴らしい。
トーニの存在感は抜群だし、ピルロの調子がいい。
トッティも十分プレーできる。ネスタ、カンナバーロ、ブッフォンには何の心配も要らない。
あと、デ・ロッシがいい。中盤で身体を張って戦える、守れる。そして、うまい。
リッピは、やっぱりいいチームを作ってきたなと思う。
国際舞台で結果を残していない、トッティ、トーニ、インザーギに、ゴールが生まれれば言うことなしだったが。



日本の予選突破は、かなり厳しくなったと言わざるえない。
はっきり言って、もうダメだと思う。
ただ、残りの2ゲーム、希望がないわけでもない。
可能性が残されているのも事実だ。
とにかく、熱いゲームを見せて欲しい。
悔いの残るゲームだけは、して欲しくないと思う。



     にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
  なんか 張り詰めてたもんが、抜けた
スポンサーサイト

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | W杯 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<強いよクロアチア。もちろん、ブラジルも。 | メイン | 今日、ついに日本登場>>
コメント
諦める気はなし
コメントどうもです。

守りきれないのはわかっているのに、2点目、3点目をとれなかったことが残念です。
そして点が取れなかったこと以上にペナルティエリア付近で勝負を避けていたことが腹立たしい。

でも、最後まで諦めずに応援しましょう。

2006/06/14 17:38  | URL | 11人の侍 #-[ 編集] |  ▲ top
コメントどうも
コメントありがとうございます。

ほんと悔いののこらない試合を
してほしいですね。

がんばって応援しましょう。

2006/06/16 01:31  | URL | 頑張れ日本! #SFo5/nok[ 編集] |  ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hfootblog.blog66.fc2.com/tb.php/23-4624f76d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。