スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
驚愕のW杯デビュー
2006/06/17(Sat)
ほんとに驚かされました。
メッシが凄い選手であることは、もちろん知っていましたよ。
ただ、この大舞台で、あそこまでの活躍するとは。
楽な展開ではありましたけど、その中で、きっちり結果を出せる、残せるってことは、並大抵の選手じゃできません。
ビックゲーム、節目のゲームで、記憶にも記録にも刻まれるのが、スターの証拠だと思うんですよね。
間違いなく、メッシって奴は、生まれた時から「スターになる宿命」なのでしょうね。

サビオラの活躍。DFの堅さ。マスチェラーノの貢献度。テベスのゴール。
これらは、メッシによって印象が薄れましたけど、ペケルマン率いるアルゼンチンは、本当にいいチーム。強いチームですね。
僕は、決勝までいくと思っていたのですが、当たっちゃうかもしれません。

セルビア・モンテネグロにとっては屈辱的な敗戦。
あそこまでやられると辛いですね。
日本の相手が、アルゼンチンじゃなくて良かったなと思ってしまいました。

オランダも勝利を挙げて、結局死のグループCは、波乱は起きませんでした。
オランダは、決して、いいサッカーしてるとは言えないと思うし、ファンバステンが望むサッカーが、まだまだできてない、と思うんですけどね。
コートジボワールは、やはり、まだ力がない、ということなんでしょう。
個の力の差が、直接チームの力の差となって、結果が出るんですよね。
当たり前なんですけど、あらためて、この事実を感じました。

メキシコにも、絶対的な個の力はないな、と思いました。
そして、決勝トーナメントを勝ちあがっていくのも無理だなと。

うまいだけじゃない、何かを持った選手。
そういった選手を見つけるのには、W杯は格好の舞台だと思います。
僕は、W杯をそういう風に見て、楽しんでいます。
誰が、ゴールを奪うのか。誰が、チームを勝利に導くのか。
ペレ、ベッケンバウアー、マラドーナのような存在が、この大会で現れてくれると嬉しいです。

今晩は、ポルトガル、チェコ、イタリアですね。
デコは、チームを勝たせることができる選手。注目です。
ロシツキーは、大舞台で続けて結果を出せるのか楽しみ。
ガーナとチェコの中盤の攻防は、目が離せないほど、激しくなりそうです。
イタリアは、なんと言ってもトッティ。
彼の活躍なくして、優勝はありえませんし、トッティは、アズーリの歴史に名を残せるだけの力が、十分あると思っています。
この大会で結果を残すことができれば、バッジョのような存在に、なることも可能なはずです。

メッシは今後、どのようなプレーを見せてくれるのでしょう。
やっぱW杯は面白いですね。



    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
  今に始まったことじゃないけど、サブ組みが強いらしいね
  稲本が何か持ってると思うのは俺だけ?

スポンサーサイト

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | W杯 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<信じてるぞ! 日本! | メイン | ルーニー登場・・・>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hfootblog.blog66.fc2.com/tb.php/27-400efd5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。