スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
信じてるぞ! 日本!
2006/06/18(Sun)
「勝つしかない」
得点を挙げ、失点を与えない。
クロアチアより、1点でも上回ってゲームを終えなければ、日本の敗退はほぼ確実。

高原がゴールを奪い、柳沢がチャンスを作り、俊輔の左足が魔法を生み、中田がゲームを支配する。
アレックスと加地がサイドを制し、中澤がプルショを押さえ込む。宮本がラインを統率し、能活がチームを危機から救い出す。
そして、ジーコの魂がチームにのりうつる。

これらすべてが必要だ。
このゲームで、すべての力を出し切らなくて、いつ出すと言うのだ。
もう開き直って戦ってほしい。

日本の勝利を、強く信じています。


さてさて、昨日の3ゲームですが、どれも面白かったですね。

ポルトガルは、必死に食らいついてくるイランに、苦しい展開に持ち込まれてしまいましたが、デコの一発がゲームを決めましたね。
やはり、デコはチームを勝利に導ける男です。
デコの存在は際立っていました。ほんと勝負運が強いと思います。

ロナウドの必死さには共感が持てるのですが、もう少し、チームのプラスになる動きができれば、と思ってしまいます。

ポルトガル。40年振りの決勝トーナメント進出なんですね。
優勝はないにしても、いい所まで勝ち上がっていく力は、十分にありますね。

ガーナ。やりました。やってくれました。
あの必死さ。戦う気持ち。驚異的な運動量。
チェコが嫌いなわけではないんですけど、ガーナを応援していましたよ。

チェコにとっては、先制点がかなり重くのしかかってしまいましたね。
チェコの自慢のシステムは、ガーナの運動量の前に、破綻し、初戦で輝きを放ったロシツキーも焦りからなのか、あまり攻撃に絡めなかった。
これで、チェコは苦しい立場になってしまいましたね。

アズーリ。ドラマを作ってくれるというか、面白くしてくれますよね。
初戦を見事な勝利で飾ったのに、あっさりと突破は決めてしまわない。
嫌なんですかね?楽な展開は。

3つのレッドカードについては、主審の判断は正しかったんじゃないかと思います。

納得がいかないのは、リッピの采配です。
ガットゥーゾの投入は当然として、代える選手はトッティだったのか?
イアキンタよりも、インザーギをピッチに送るべきだったのでは?
トッティを残しておいた方が、鋭いカウンターを作れたと思うし、点を取りたいあの状況なら、間違いなくインザーギでしょ。

何のためにインザーギを連れてきたのかが分からない。
イタリアの命運は、間違いなくトッティが握っているのに。

この結果グループEは、大混戦になってしまいました。
このグループは、決勝トーナメント1回戦がブラジルのグループなんですよね。
このことを考えると、イタリアは絶対1位になりたい。
チェコは負ければ敗退が濃厚。
ガーナとアメリカは、勝てば次のラウンドへ進める。
面白い最終戦になりましたね。



    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 緊張してきたよ。もう始まるよ。
 ヒデがやるしかないでしょ。
 頼むぞ日本! 信じてるぞ日本!
スポンサーサイト

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | W杯 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<能活ありがとう。 by宮本 | メイン | 驚愕のW杯デビュー>>
コメント

ども。コメントありがとうございます。

引き分けは残念でしたが、まだまだ望みは捨てきれませんね。
あの奇跡をもう1度…

2006/06/19 01:10  | URL | としちゃん #-[ 編集] |  ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hfootblog.blog66.fc2.com/tb.php/28-c19662a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。