スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
能活ありがとう。 by宮本
2006/06/19(Mon)
「僅かな可能性が残った」

これが日本の実力って事なんだろうね。
なんかちょうどいいような気がするよ。

不安定極まりないDFは、ジーコの責任も多分にあるだろうが、あまりも個人的なミスが多すぎた。
結局最後まで、自信を持ってピッチに絶つことは、できなかったということだろうと思う。
どんなに監督が信じていても、きっちりとした戦術、約束。
そして、チームの強い結束がないと戦えないことは、はっきりしたね。

言いたいことは山ほどあるけど、厳選して3つだけ。

不甲斐ないとしか言いようのないFW陣。
あまりの力の無さ。特徴の無さ。
世界でまったく通用しなかった。
もし僕が、外国人に「日本のFWってどんな選手がいるの」
って聞かれたら、僕はなんて答えればいいのだろう。
「よくDFするよ」
「チームのために動ける選手だ」
良く言っても、これぐらいしか出てこないよ。

1対1の守備。
守備は、組織でやらなければいけないことは、十分理解しているつもりだ。
ただ、1対1で勝てないまでも、あっさり負けてしまっては、どんな組織も意味を成さず、破綻してしまうことは間違いない。
勝つことよりも、負けないことが必要だと思う。

ドリブル。
この日本代表のメンバーの中に、相手に向かっていける選手、相手を置き去りにできる選手が見当たらない。
パスワークの限界。個人で局面を打開することの重要性は、今大会が顕著に表している。

このチームの本当の実力はこの程度なのだろうか。


さて、絶望感と、投げやりな気分で見たブラジルvsオーストラリア戦。
期待しているブラジルの姿は、このゲームでも見られなかったね。
次のゲームのフランスもそうなんだけど、焦りすぎて、自らリズムを狂わせてしまってる印象だ。
プレッシャーからくるものだとは思えないけど、どこかで歯車が狂ってしまっている。
ロナウドは問題だね。
チームメイトからの信頼感をも、失いつつある気がするよ。
ロナウジーニョも、まったくいつものリズムでプレーできていない。
ただ、2連勝で決勝トーナメント進出を決めるあたりはさすが。
議論が勝敗ではなく、勝ち方、内容にいっているんだからね。

先ほども触れましたが、フランスはひとつの「チーム」になれていないと思う。
監督の能力不足は明らかであり、深刻だ。
そして、あまりにも運がない。ツキがなさすぎる。
次のゲーム、ジダン出場停止。
この韓国戦が、ラストゲームにならないことを祈りたい。

韓国は素晴らしいですね。
本当にあのスピリットは尊敬します。
日本と比べるのもあれなんですけど
なんで、韓国の交代選手は活躍できるのだろうか。
なんで、あの時間に、PA内にあそこまで選手が入れるのだろうか。
なんで、自信満々なのだろうか。
なんで、・・・
悲しくなってくるんで、このぐらいでやめときます。

パク・チソンのゴールは素晴らしくきれいなゴールでした。
まさかと思いましたよ。
相変わらず、パクのシュートは危なっかしかったけど。

韓国の勝利に、ジェラシーを感じるのは4年前と一緒だよ。



    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
  あ?あ 頭いてぇ?よ


スポンサーサイト

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | W杯 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<さすがシェバ。やっぱりラウール。 | メイン | 信じてるぞ! 日本!>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hfootblog.blog66.fc2.com/tb.php/29-f7f10211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。