スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
さすがシェバ。やっぱりラウール。
2006/06/20(Tue)
スペインに大敗をきっし、後がなくなったウクライナ。
ショックはかなり大きかったと思うけど、ちゃんと頭の中を切り替えて、自信と勇気と強い決意を持って、このサウジアラビア戦に挑んできていましたね。

先制点を奪えたことが、すべてだったとは思いますが、その先制点も、セットプレーからだったとはいえ、必然だったよう気がします。

そして、シェフチェンコのゴール。
これは、彼にとっても、チームにとっても大きいでしょうね。
シェバがあのまま帰っていくことはないですよね。
このゲームでのプレー、存在感は圧巻でした。

ウクライナvsチュニジア戦は、面白いゲームが期待できそうです。

サウジアラビアは、初戦結構、良い戦い方をしていたと思ったんですが、完全に気持ちの部分で負けてしまっていました。アジアの現実は厳しいですね。


チュニジアの先制ゴールを生んだ、ジャジリの突破には、目を覚まされましたよ。
まさに、あれがスペインの弱点でしょうね。
そのまま前半をうまく戦ったチュニジアでしたが、後半はあまりにも、一方的に殴られ続けてしまいましたね。
相手に少しでも脅威を与えることが大事なんですが、それがまったくできませんでした。
ただ、その理由は、チュニジアの戦い方に問題があったわけではなく、スペインの圧力、ボールキープ力がそれを許していなかったという見方のほうが正しいと思います。

スペインの駒の豊富さは、アルゼンチンに匹敵するほどですね。
後半から、ラウール、セスクが登場。さらには、ホアキンも。
そして、ベンチには、まだレジェスも控えている。
アラゴネスの速い決断も素晴らしいですし。

均衡を破ったのは、やはりこの男、ラウールでしたね。
あのシュート、絶対にわざと浮かせてますよね。あれはすごい。
まさに、彼らしいゴールでした。

F・トーレスの1点目も、これまた、うまい。
ビックゲームで力が発揮できさえすれば、彼は、すぐにNo.1ストライカーになれるのではないかと思います。

この2人が結果を出したというのは、スペインにとっても大きいですよね。
ビジャもいいし、アラゴネスがどんな選択をするのかも楽しみです。
自らミスさえ犯さず、少しの運があれば、スペインのファイナル進出、十分ありえます。

スイス勝ちましたか。しかも2?0。
3戦目のスイスvs韓国戦。韓国は引き分けでは、スイスを上回ることはできなくなりました。
フランスも勝利以外はない。
このグループ、ドラマが待ち受けていることは間違いありません。
果たして、どのチームが涙を流すのでしょうね。
韓国には頑張ってもらいたいです。


今晩から、グループリーグ最後のゲームが始まります。
ドイツは、勝って1位通過を決めときたいところですね。
そのグループAの結果を受けての、イングランドvsスウェーデン戦。
引分けが濃厚な気もしますが、イングランドとっては、勢いをつけ、嫌な空気を吹き飛ばすには、最高の相手だと思います。

ドイツ対イングランド。
これは両者ともに避けたいでしょうね。



    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 ロナウド、このまま消えていくのかなぁ?

スポンサーサイト

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | W杯 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ドイツ、イングランド。きっちり1位。 | メイン | 能活ありがとう。 by宮本>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hfootblog.blog66.fc2.com/tb.php/30-2233b376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。