スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
やはり、ベッカム さぁ、トッティ
2006/06/26(Mon)
戦前の予想通り、イングランドが勝利を収めたわけですが、いまだ、ベストパフォーマンスを見せているとは、言いがたいできです。
すっきりしないです。

ルーニーのワントップに変えてきたエリクソンですが、このシステムも、決して機能していたとは、いえなかったと思います。

ルーニーは、ファースト・ストライカーではないので、彼の持ち味が存分に発揮できていなかったです。
イングランドを、上に連れて行くのは、ルーニーだと思うので、彼を生かすことを一番に考え、自由を与えた方がいいと思いますが。
それにしても、あの表情はスゴイすぎ。やばいすぎ。
あのテンションの高さ、ものすごいアドレナリンが、悪い方向に出ないことを、祈りたいです。

さすが、べッカム。やはり、ベッカムです。見事なキックでした。
エリクソンは、奮起をうながすため、あのような発言をしたはず。
それに、結果を出して応えたベッカム。
さすがに、百戦錬磨の両役者、あっぱれです。

今大会、なぜか入らないランパードのシュート。
彼が決めていれば、もっと楽になるんでしょうが、いまいち勢いに乗れてません。
スウェーデン戦、大活躍したジョー・コールも沈黙。
DFも不安定さを覗かせるなど、イングランドにとっては、苦しいゲームでした。
勝ち残ったことが唯一の救いです。

もう負けたら終わりです。
消化不良のまま、敗れ去ってしまうのだけは、避けてもらいたいですね。


ポルトガルvsオランダという好カードが、主審によって結果が左右されてしまったことが、残念でなりません。
ここまで、大きな審判問題は出ていなかったと思うんですが、このゲームは、明らかに、審判の方に非があったと思います。

マニシェが素晴らしいゴールを決め、ここから、好ゲームが展開されることが予想されただけに、より悔やまれます。

ロッベンは、完全に押さえ込まれましたね。
敵対するミゲルに苦戦し、素早い囲み込みにあい、自ら苛立ちをつのらせていては、ダメですね。

ファンニステルローイをベンチに置き、カイトを送り出したファンバステンでしたが、僕は、この采配が、すべてだったと思います。
結果論になるんですが、カイトは期待に応えることはできなかった。
ファンニステルローイだったらと、言わずにはいれません。

勝ったポルトガルは、なんと言っても、デコとフィーゴですね。
デコは、相手にとっては嫌な、味方にとってはとても頼れる選手です。
そして、どのゲームでも、安定したパフォーマンスを見せるからこそ、彼のチームは勝てるんだと思います。
フィーゴは、もうアニキって感じですね。
彼がいることによる、チームに及ぼす精神的なものは、かなり大きいと思います。

リカルド・カルバーニョは完璧でした。
今大会屈指のディフェンダーであることは間違いないです。
彼の終盤のオーバーラップ。熱いものを感じましたよ。

ただ、次のゲームは厳しくなりましたね。
デコ出場停止。あれはないでしょう。



今晩は、アズーリvsヒディングです。
まぁ 普通に考えて、イタリア優位は動かないですが、前回もそうでしたしね。
何度も書いてますが、とにかくトッティですよ。
今日は、あのGkをあざ笑うかのようなループシュートが、ネットを揺らすところを見たいですね。

マテラッツィが不安です。点を取らなくていいから、ゲームを壊さないでほしいです。

シェバはやるでしょ。



    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 オシムジャパン
 期待しちゃいますね
スポンサーサイト

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | W杯 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<苦難を乗り越えたイタリア | メイン | ドイツには、さすがの一言>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hfootblog.blog66.fc2.com/tb.php/35-0e66f0eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。