スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
苦難を乗り越えたイタリア
2006/06/27(Tue)
トッティのベンチスタート。
僕は信じられなかった。リッピが血迷ったのかと思ったし、マスコミの圧力は、相当なものなのだろうとも思った。

マテラッツィが退場するまで、イタリアはほぼプラン通りに、ゲームを進められていたはず。
ただ、ジラルディーノとトーニのシュートが決まらなかっただけ。
デルピエロも結構良かったと思う。

マテラッツィも言っていたように、あのファウルで1発退場は厳しすぎる。
誤審とまでは言わないが、正しいジャッジではなかった。

後半から、イアキンタを投入し、システムを変えたリッピのプランは、あっという間に変更を余儀なくされたけど、選手たちに動揺や焦りが見られなかった辺りは、さすが、セリエAの猛者たちだ。

相手が10人になってからの、オーストラリアの戦い方には疑問が残る。
もっと、簡単にロングボールを多用して、ゴール前にたくさんボールを運ぶべきだったはず。
サイドの深い位置まで行って、クロスを上げたいのは分かるけど。
突破できれば言うことないのだが、そこまで進入していくと、ザンブロッタ、グロッソらが立ちはだかり、自由を奪われてしまっていた。
単純に、ビドゥーカめがけて放り込み、一発では勝てなくても、こぼれ球に殺到していけば、より脅威を与えることになっていたはずだ。

あのPKは、正当なジャッジだったと思う。
オーストラリアにとって惜しまれるのは、ブレシアーノが簡単にかわされてしまったこと。
ちょっと軽いプレーだった。ファウルで止めてもよかったはず。

トッティは、よく決めた。
やっぱり、あそこはトッティしかいない。
結果的に、彼が乗っていくような展開になり、アズーリにとっては言うことなしだ。

イタリアは、勝利に十分値するプレーを見せていた。
ブッフォン、カンナバーロを中心に、強固なDFで相手を封じ、エースがゲームを決めた。
この苦難を乗り越えれたことで、勢いを増していけるはずだ。

ここまで、リッピの采配はなかなかのものだと思う。
トッティとデルピエーロの共存も視野に入れていってほしい。



ウクライナvsスイスのゲームは、数分見ただけで、これはなかなか点が入らないだろうなと思った。
よっぽど、完璧でファンタスティックプレーが飛び出すか、セットプレーしかなかったと思う。

PK戦で敗退したスイスは、くしくも無失点のまま大会を去っていく。
まだまだ、若いチームだし、2年後に大きな期待を抱きたいね。

シェフチェンコがPKを外した時は、どうなるかと思ったけど、ショフコフスキーが、大当たり。
ウクライナは、ベスト8進出という快挙を成し遂げましたね。
大旋風を巻き起こしているといった感じはしないけど、ここまで来たのは立派。
DFをよく立て直しましたよ。
次のイタリアとのゲーム。シェフチェンコにとっても、期するものがあるんじゃないでしょうかね。
シェバの大爆発。十分考えられる気がします。


今晩は、ブラジルvsガーナ。スペインvsフランス。
今大会のダークホースといえる存在のガーナ。
チェコ戦のパフォーマンスを見せることができれば、ブラジルを相手にも、善戦は必至です。
ブラジルは、ロビーニョが出場できないので、その分ロナウドの出来がクローズアップされそうです。
まだまだ、おとなしいロナウジーニョ。
決勝トーナメントに入ったことだし、彼が世界no.1と言われている所以を、そろそろ証明してくれるんじゃないですかね。
荒いゲームにだけはならないでほしいです。

ジダン、アンリ、F・トーレス、ビジャ、ラウール。
タレントを挙げればきりがないですが、この中でも、やはり、アンリは飛びぬけています。
F・トーレスが、どこまで出来るかも楽しみです。
スペイン人特有の裏切りを、彼が打破してくれることを、期待したいですね。
ジダン、ラウールが、ゲームを決める可能性も十分。
僕としては、ジダン対ブラジルが見たいですけどね。
早い時間帯にスコアが動き、たくさんのゴールが見られる展開となってくれることを期待したいです。



    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 トッティ。ループやらなくて正解だったよ
スポンサーサイト

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | W杯 | CM(4) | TB(2) | ▲ top
<<ダンスはまだ終わらない | メイン | やはり、ベッカム さぁ、トッティ>>
コメント
辛勝でした
こんばんは、イタリア苦難に満ちた準々決勝進出だと思います。次はイングランド戦ですから、デルピエロ、トッティの2枚看板の活用も考えて欲しいですね。

2006/06/27 22:49  | URL | motohiro #-[ 編集] |  ▲ top
初めまして
TBありがとうございます!

2006/06/28 00:00  | URL | ユウナ #-[ 編集] |  ▲ top
初めまして
TBありがとうございます!
いきなりミスしてすみません↓
イタリアはホントに勝利に値する試合をしたと思います。おかげで昨日はよく眠れました☆

2006/06/28 00:07  | URL | ユウナ #-[ 編集] |  ▲ top
どーもー!
はじめまして、
コメントいただきまして
ありがとうございます!

毎日凄い死闘が繰り広げていますね。私はイタリア戦が今まで
一番感動しました。なんか、
イタリアらしい勝ち方と
イタリアらしいサッカーと
守備という地味な部分での根性は
素晴らしかったですね。


2006/06/28 17:06  | URL | cuite_panda #bDR8Gi/U[ 編集] |  ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hfootblog.blog66.fc2.com/tb.php/36-a5cdb3d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大会十八日目
今日は梅雨も中休み。東京の天気はすこぶる良かった。仕事さぼって海に行きたいくらい …
 2006/06/27 22:51  Executive Style ▲ top
ロスタイムのドラマ。イタリア、ベスト8。
2002年のリベンジか、はたまたヒディンク監督が返り討ちにあわすのか、注目のイタ …
 2006/06/28 00:20  merseysideに佇んで ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。