スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
クリンスマンは名監督だ
2006/06/29(Thu)
僕にとって、久々のオフ?となった昨日。
さすがに、疲れがたまっていましたので、がっつり飲んで、爆睡しました。(笑)

酒の肴は、もちろんサッカーだったわけですが。

ここまでのW杯の展開を振り返って見ますと、
予想以上の番狂わせの少なさに、刺激を感じないのも事実です。
ただ、2002年は、序盤があまりにも刺激的過ぎて、徐々に興奮度が冷めていった自分がいました。
それに比べますと、ベスト8の顔ぶれを見ての、この高揚感。
たまりませんね。
ゲームが行われない今日みたいな日、僕の頭の中は、いろんなものが渦巻いて、大変なことになってます。
う?ん 最高です。楽しいです。

1つだけ納得いかないのが、日本の成績ということになるんですが・・・
昨日、飲んでいた先輩は、「日本人として情けない」と言っていましたが、僕は、壁を乗り越えるための、勇気ある敗戦であったと思っています。
ただ、まだこの敗戦を受け止めることができていない自分もいます。
もう少し時間がたってから、考えようかと思っています。



サプライズ。まったくと言っていいほどなかったですが、僕が一番驚いたのは、ドイツです。
ここまで、いいチームになっているとは、思ってもいませんでした。

僕の今大会のno.1ストライカーは、断トツでクローゼです。
飛びぬけた出来だと思います。

さすがドイツと感心するしかありませんね。
この本番の強さはなんなんでしょう。

クリンスマンの作り上げたチームは、今大会でもっとも攻撃的なチームだと思います。
バラック、ラーム、ポドルスキ、フリンクス、シュナイダー
ドイツ人らしい、素晴らしい選手たちです。
そして、ちょっと頼りないDF陣が、見ているこっちを、より楽しませてくれていますよね。
エンターテイメントとしても最高です。
見事なキャスティングじゃないですか。

クリンスマンは、素晴らしい監督ですよ。絶対に。
サッカーの監督として。そして、エンターテイナーとしても。


監督という視点で見ると、
ジーコは、監督でありません。
パレイラは、あれだけのキャストをそろえながら、あまりにも現実的すぎ。
ドメネクの能力は疑わしい。
エリクソンは、運がない。
アラゴネスは、焦ってしまった。
リッピは、根性ないけど、能力は高い。
ペケルマンは、メッシの使い方次第。そして、メッシが天国か地獄かを決めるのでは?

いまのところ、クリンスマンの圧勝ですね。



    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 日本にはオシムがいる

スポンサーサイト

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | W杯 | CM(1) | TB(1) | ▲ top
<<さぁ ベスト8 | メイン | ダンスはまだ終わらない>>
コメント
はじめまして!
こんにちは。
はじめまして*^^*

私も、ドイツのクリンスマン監督、
名監督だと思います!!!

それに、色々なリアクションが、
本当に素敵ですよね。

私はドイツを応援してるので、
ドイツに優勝してほしいな。。。

っと思っています!!!

2006/07/03 23:09  | URL | goopri #-[ 編集] |  ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hfootblog.blog66.fc2.com/tb.php/38-82e82f92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2日空いたので勝手に4強予想
 ←1クリックお願いします押してください!!  やっとW杯も2日間休養日というこ …
 2006/06/30 01:27  白浜スポーツチャンネル764 ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。