スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
これぞイタリア ペケルマンにがっかり
2006/07/01(Sat)
ドイツvsアルゼンチン。
期待を裏切らない死闘となりましたね。

ゲームは、完全にアルゼンチンのペースで進んでいったと思います。
ドイツは、高い位置でプレッシャーをかける、今までのサッカーをやろうと思っていたと思うんですが、リケルメを中心とするアルゼンチンに、うまくいなされてしまっていました。

アジャラの奪った先制点は、完璧。
リケルメのボールは、最高でした。

ドイツは、ゴールを奪われた瞬間から、スイッチが入りましたね。
誰も下を向く選手はいなかったと思うし、「よし、点取りに行くぞ」という思いは、ピッチにいる全員が同じでした。
クリンスマンの采配も、驚くようなことはなかったのですが、セオリー通りに、攻撃の駒を投入。
オドンコールは、決定的な仕事は出来ませんでしたが、あの姿勢は、チームに勢いをもたらし、武器になっていました。
ソリンはかなり嫌だったと思います。

ただ、このゲームは、2トップがこれまでぜんぜん仕事ができていなかった。
スウェーデン戦で殊勲のゴールを挙げたポドルスキは、動きにキレがなく、ドイツを支えてきたクローゼも、ほとんどボールを触れず、シュートすら打つことができていなかった。
疲れからなのか、身体が重いように見えました。

1?0の状況で、ペケルマンのとった策は、「何が何でも、このまま逃げ切る」でした。
GKの交代は、不運としか言いようがないですけど。
72分、リケルメの交代。
信じられませんでしたね。
ここまで、完全に彼を大黒柱にして、チームは作られていたはずです。
この最も重要な場面で、守りたいから、逃げ切りたいからといって、チームの柱を変えてしまうとはね。
FWを削ってでも、リケルメは残すべきでした。
そして、クレスポに代えて、クルス。
最後のカードが、メッシでも、サビオラでもなかったわけですから、90分でゲームを終わらせる自信があったということでしょうが。
この采配は、非難を呼んで当然のものだったと思います。
延長に入ってからは、ほとんど攻撃の形を作れませんでした。
まぁ リケルメがいないわけですから、当たり前ですけど。

メキシコ戦。驚くぐらい攻撃的な采配をうった、ペケルマンが。
残念です。
アルゼンチンにとって、悔いの残る敗戦。
メッシを出さずに、去ってしまうとは。
TVに出てこなかったマラドーナですが、どう思ったのでしょうかね。

ドイツは、やっぱりスゴイです。
クローゼは、完全に消えてましたけど、最後のところで、最高の仕事をやり遂げました。
アジャラのマークは、彼でしたし、さすがの一言。
やっぱり、決めるのは彼でしたね。
PK戦の直前の、カーンとレーマンのシーン。
いい絵でした。感動的でしたね。
PK戦となった時から、ドイツの勝利は間違いないと思いましたよ。
ここまで、力を見せ付ける場面がありませんでしたが、レーマンは、やる男ですから。

MVPはバラック。
これは、満場一致ですね。


イタリアvsウクライナ。
カンナバーロとブッフォンは、パーフェクトですね。
どうやったら、誰が、彼らからゴールを奪えるのでしょうか。
イタリアの伝統。
きっちり受け継いでいる彼らは、偉大ですね。

まさか、ザンブロッタがゴールするなんて。
効きましたね。6分の先制点。
ビッククラブ対シェバがいるプロビンチア、というゲームだったとおもうんですが、そういう戦い方は、リッピをはじめ、みんな普段やっていることですもんね。
先制点の重要さ。ゲームの入り方。
経験を感じました。

中盤のメンツの充実。トーニのゴール。トッティの復調。
リッピに、風が吹きまくりな感じがします。

ガットゥーゾとピルロは、最高じゃないですか。

MVPが、ガットゥーゾなのは驚きましたけど。
十分その評価には値しますよ。
ザンブロッタがかわいそうな気はしますけどね。


今晩の残りの2ゲームでも、スーパーです。

イングランドvsポルトガル。
両チームとも、かなり慎重なゲーム運びをすると思います。
DFは、両チームとも素晴らしく堅いですし、逃げ切れる力があります。
1つのゴールがとても貴重になりますね。

ポルトガルは、なんといってもデコの出場停止が痛すぎます。
彼の存在は、ポルトガルにとっての、ロナウジーニョやアンリ、バラックやリケルメに相当する選手ですからね。
クリスティアーノ・ロナウドも、出れたとしてもベストではないでしょうし。
フィーゴに期待するしかありません。
あと、マニシェ、ミゲルの活躍も絶対に必要です。

イングランドは、ルーニーですね。
たぶん点取ると思います。
このまま終わるヤツでは絶対ないです。
その為には、2トップにしたほうがいいと思うんですが、エリクソンの考えは、まったく読めませんから。
エリクソンは、すました顔した勝負師だと思いますよ。
ランパードのシュートが、いい加減入るかもという気もします。

ブラジルvsフランス。
期待したい展開は、開始10分もたたない内の、フランスの先制点。
そして、本気になり、がむしゃらにゴールへ向かうロナウジーニョ。

ロナウジーニョは、明らかにロナウドらに、華を持たせようというか、自分自分という感じではないですから。
「俺がやらなきゃやばい」という状況になった時が見たいです。
カカが出場するか微妙みたいですが、たぶん出てくるでしょうね。
まぁ ジュニーニョもいますけどね。
ロペスさんの言ってた「ロナウド、お願いだから走ってほしい」ってのは笑えましたよ。

アンリの彼らしい、レアル戦の時のようなスーパーゴールが見たいです。
そして、ジダンをきっちり目に焼き付けようと思います。

イングランドvsブラジルが観たいですけどね。



    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 なんだかんだ言っても、オシムのことが気になる
スポンサーサイト

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | W杯 | CM(1) | TB(4) | ▲ top
<<ブラジル、イングランドが・・・ | メイン | さぁ ベスト8>>
コメント

TBどうもありがとうございます。
すごい試合でした。
やはり、開催国は強いですね。

2006/07/02 01:10  | URL | BC #LR3Zvc3Q[ 編集] |  ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hfootblog.blog66.fc2.com/tb.php/40-29574640
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドイツ、PK戦を制してベスト4!
ついにワールドカップも準々決勝。まずは第1試合。1990年の決勝の再現となったド …
 2006/07/02 00:01  merseysideに佇んで ▲ top
ドイツとイタリアがベスト4進出
W杯も2日の休みを置いて準々決勝に突入。いよいよ優勝争いも8チームに絞られてきました。 …
 2006/07/02 00:23  FREE TIME ▲ top
ドイツW杯23日目
準々決勝2日目。今日の結果でベスト4が出そろいます。 (一応記事タイトルは休日込みで数えてます。) …
 2006/07/02 03:23  おちゃつのちょっとマイルドなblog ▲ top
ワールドカップ準々決勝 ドイツVSアルゼンチン
準々決勝のドイツVSアルゼンチンの試合。実にいい試合でした。 後半6分にアルゼン …
 2006/07/02 11:06  KOHの青赤な日々 ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。