スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ブラジル、イングランドが・・・
2006/07/02(Sun)
イングランドvsポルトガル
ルーニーの退場。
あれは、あまりにも、かわいそうな気がする。
報復と取られても、おかしくない行為であったかもしれないけど。
ルーニーがゲームを決めると思っていた。
ただ、まさかあのような形で、ゲームを決めることになるとは、思いもしませんでした。
残念です。

イングランドは、今大会、予想以上にゴールを奪えなかった。
これが、敗因の一番の原因なのは、間違いないありません。
このゲームでも、ルーニーのワントップで挑んだエリクソンですが、やはり、ワントップでは、ルーニーの良さが殺されていました。
ルーニーは、少し引いてボールを受けたり、サイドからドリブルで仕掛けたり、といったプレーが好きですよね。
ワントップでは、あまりにも制限が多すぎます。
このことが、退場を呼んだひとつの要因でしたでしょうし。
自由にやらせてあげたかったですね。

エリクソンのメンバー選考にも問題があったと思います。
オーウェンの怪我が、やはり痛かったですね。

デコのいないポルトガルでは、あれが限界でしょう。
パウレタの交代は疑問ですし、もう少しやり方はあっただろうと思うんですけどね。

10人になってからのイングランドの戦いには、胸を打つものがありました。
ハーグリーブスは素晴らしかったし、クラウチも頑張っていた。
98年のアルゼンチンとのゲームとそっくりでしたね。
僕のイメージでは、イングランドとイタリアは、PK戦で、悲運の方が似合う選手が多いなぁー、と思ってしまいます。


ブラジルvsフランス
ブラジルのふがいなさが叫ばれて当然だと思うんですけど、それよりもフランスが素晴らしかったです。
ゴールはセットプレーからによるのもので、アンリをフリーにするという、ブラジルのミスは信じられませんでしたが、紙一重の結果でした。
ただ、勝利に値する内容を見せていたのは、フランスだったと思います。

フランスはゲームをこなすごとに、調子を上げてきていますね。
最初は、選手間に、監督に、疑心暗鬼があったんだと思うんですが、完全にジダンのチームとしてまとまりました。
そして、カウンターサッカーをすることも、選手たちが納得しましたね。
ジダンの周囲を固める役を、ビエラ、マケレレ、アンリが理解し、受け止めたのが大きいと思います。
予選リーグで苦しんだことが、幸いでしたね。

このゲームでも、リベリーはよく効いていました。
ブラジルに、彼のような献身的に走れる選手がほしかったですね。

ロナウジーニョにとって、何も出来なかったまま、何もしなかったまま、大会を去ることになってしまいました。
フランスと違って、ブラジルはロナウジーニョのチームになることを、選択しませんでした。
これが、苦しい時に個々が無理をしてしまい、状況を打開できなかった原因です。
頼るところがなかったし、偶発的な攻撃しか出来なかった。
02年は、役割がはっきりしていましたよね。
ロナウドが点を取る。攻撃の中心はリバウド。ロナウジーニョは、その二人を助け、抑えられたときの第三の矢。

パレイラのミスです。
ロナウジーニョのチームにするべきだった。
フランスのように、予選リーグで苦しんでいれば、そういう決断にいたったのかもしれませんね。

ブラジルの敗退、はっきり言って、まさかって感じです。
いつかやるだろう、見せてくれるだろうと思っていたんですけどね。
ブラジルの選手間に、このW杯に対する温度差を感じましたし、最後まで1つのチームになれなかったのは、残念でした。


ベスト4は、ドイツとイタリア、ポルトガルとフランスですか。
ちょっと意外ですね。
はたして優勝はどこでしょう。
僕は、イタリアを応援しようかなと思います。


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 『勇敢な10人、愚かなルーニーと主審』
スポンサーサイト

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | W杯 | CM(2) | TB(2) | ▲ top
<<オシム就任 | メイン | これぞイタリア ペケルマンにがっかり>>
コメント
間違ってTBしてしまいました
先日間違ってサッカー以外のTB送ってしまいました。フランス戦のTB再度送り直します。失礼しました。
決勝はフランス・イタリアの可能性高いですね。(ドイツが開催国の利があるかなーとも思いますけど)

2006/07/03 10:03  | URL | なかまた #-[ 編集] |  ▲ top
残念です
ロナウジーニョはバルサでのような楽しく、かつ効果的なプレーが出せませんでしたね。彼が気持ちよくプレーできるシステムを作ってあげてほしかった。
そしてドイツファンの僕としてはブラジルには決勝まで勝ちあがってもらって前回大会の雪辱を晴らしたかった!!なので、とても残念です。

2006/07/03 18:12  | URL | yoichi #-[ 編集] |  ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hfootblog.blog66.fc2.com/tb.php/41-1ddd81a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドイツW杯23日目
準々決勝2日目。今日の結果でベスト4が出そろいます。 (一応記事タイトルは休日込みで数えてます。) …
 2006/07/03 18:57  おちゃつのちょっとマイルドなblog ▲ top
またも準々決勝敗退、イングランド!
EURO2004、準々決勝の再現となったイングランドVSポルトガル。両者凌ぎを削 …
 2006/07/03 22:20  merseysideに佇んで ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。