スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
オシム就任
2006/07/03(Mon)
オシム監督の就任が、ほぼ決定したようです。
キャプテンの失言があり、どうなるものかと思っていましたが、受けていただけるようなので、ホッとしています。

世論の論調がそうであるように、僕もオシム監督の就任には大賛成です。
現実的な人選の中で、ベストの監督だと思います。
クライフやリッピ、フェリペにやってくれと言っても無理でしょうし、日本人の中で探したとしても、西野、反町、岡田じゃあ心もとない。
実績、経験で、彼を上回る監督を見つける方が難しいですもんね。

ここで、今まで目をつぶっていた、ジーコ日本の惨敗について検証してみようと思います。
ただ、ゲームの結果については、論じようと思いません。
結果というのは、紙一重だと思っているからです。
ブラジルと当たらなければ・・・
久保がベストコンディションだったら・・・
俊輔が風邪を引かなかったら・・・
駒野のPKが認められていれば・・・
運が左右するのは事実ですからね。

まず、ジーコ日本は、ぬるま湯にどっぷり浸かってしまっていた。
危機感の無さ。
選手間の競争意識の欠如。
選手任せの戦術作り。
個で打開する力の低さ。
これらが、問題視されるべき点だと思います。
ジーコが語っていたように、フィジカルの問題が一番大きいとは、決して思えません。
あと、今大会のコンディション調整は、完全に失敗。
これは、責任の所在をはっきりすべきだし、繰り返してはいけないこと。
日本ほど、準備に恵まれていた国は無かったはずですから。

逆に、ジーコが与えてくれたものは、ガチンコ勝負を挑んだ時の、日本の位置、現実です。
悪いように言えば、戦術でガチガチに固めれば、もう少し実力の差はごまかせたはず。
ジーコのおかげで、いい物差しができました。
目も覚めたし、足りないところが、はっきりしすぎなぐらい提示されましたからね。
今は辛いですが、今後にとっては、悪いことではないはずです。
「戦うのは選手たちなんだ」ということですね。

この問題点、現状をふまえて、オシム監督に何を求めていくのかだと思います。
一番は、今大会の日本に、もっとも不満を感じた、スピリットの部分。
これは、オシムならば解決してくれそうな気がします。
オシムが、もっとも求めるところなのかなと思いますからね。
そして、ゴールです。
いかに、点を取る形を作っていくか。
いや、点を取れるタレントを育てていくかですね。
決定力不足以前に、攻撃を生みだす、個の力の無さを感じましたから・・・

ジーコ監督就任のときと、今回のオシム監督就任となっている時の今の空気が、同じような気がします。
4年前も、ジーコが適任だと言う空気が流れていました。
ここらへんは、協会とメディアの力ガ大きいのだと思いますが。
だからと言って、オシムを疑えと言いたいのではありません。
オシムも全能ではないわけですから、ミスもするし、間違った選択もするということを頭にいれ、きっちり要求していくことが大事だと思います。
結果に一喜一憂せず、サッカーの質、方向性を問うことが重要です。

僕は、大きな期待を抱いています。
日本は必ず、強くなれると信じてます。
この結果が限界だなんて絶対ありません。
高い理想を抱くことが、始まりだと思ってますから。
勝って喜びたいです。こんな悔しい思いは、もう嫌です。
だから、勝利を見るために、徹底的に、オシム日本に求めていこうと思います。

H foot.net
rossonero更新しました 『ミランのW杯戦士たち』
1ヶ月以上サボってしまったので・・・
ヨロシクです。


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 オシム日本が早く見たい。
 誰がピッチに立つんですかね。
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | W杯 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<引退/ドイツvsイタリア | メイン | ブラジル、イングランドが・・・>>
コメント
はじめまして。
TB有り難う御座いました。

私もジーコが適任であったかどうかは疑問であるにせよ、彼の四年間は日本にとっては決して無駄ではなかったと思っております。
問題は、次の四年間にそれを活かせるかどうかでしょうか。
その意味で、オシムという人選はよかったと思います。
ただ、少し危惧するのがオシムの年齢・・・。
二年を過ぎたところで、交代・・・なんてことにならなければいいんですけどね。

ということで、今後とも、よろしくお願いします。

2006/07/04 16:06  | URL | へいたらう #qhByB3uI[ 編集] |  ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hfootblog.blog66.fc2.com/tb.php/42-bf2d37d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。