スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ロナウジーニョが謝罪
2006/07/14(Fri)
圧倒的な優勝候補。
魔法の4人。
史上最強のセレソン。


大会前の周囲の評価は、異常なぐらい高かった。
僕も、ブラジルが優勝するだろうと思っていた1人だった。
あのメンツを見たら、そう思わずには、いられなかった。

それが、いざ幕を開けてみると、セレソンは、期待されていた半分以下の輝きしか見せることができず、大会を去っていくことに。

サッカーだから、一発勝負だから、番狂わせも当然起こる。
神様にそっぽを向かれることもあるし、強いチームが、必ず頂点に立つとは限らない。
だから、負けてしまうこと、カップを掲げること、ができなかったのは、仕方がない。
ショックは受けるが、敗北、はある程度受け入れられる。

ただ、受け入れられない敗北もある。
負け方、散り方の問題だ。
 
今大会のセレソンが裏切った、一番大きなところは、この部分。
彼らの持っているであろう輝きを放てなかった。
本来の力、ベストの力を出せなかったことだ。


まさに、世界中の期待を裏切ったセレソン敗退。
その原因はなんだろう?

まず第一に、慢心。
ロナウドのあのコンディションは、なめていたとしか言いようがない。
彼にとって、W杯こそが最大のモチベーションだと思っていたのだが、違ったみたいだ。
中心選手があれでは・・・
チームが戦う集団になれるわけがない。
もし、リッピが監督だったら、ロナウドは、W杯に連れてきていないのでは?
もし、リッピが監督だったら、ロナウドは、あんなコンディション、気持ちで、W杯に来ていないのでは?
腐ったヤツが1人でもいれば、チーム全体が腐ってしまうんだ。

あと、チーム内の、危機感、競争意識のなさ。
サブの選手たちに、セレソンの23人に入れたことに満足だ。
って空気があったと思う。
また、監督も、彼らを起用する判断材料を、色つきめがねで見てしまっていた。
今回のセレソンは、あまりに偉大になりすぎていたと思う。

ロナウドを、ベンチに座らせれる選手がいれば、
納得してベンチに座らせれる監督がいれば、
ロナウド、80分に出てきて2点取るよ。
ロベカルなら、闘志剥き出しで、左足振りぬくでしょ。
カフーなら、バカ馬のように走り続けるよ。
危機感こそが、最もモチベーションを高めるんだ。

でも、最大の原因は、やっぱりロナウジーニョの沈黙。
ブラジルは、ロナウジーニョのチームじゃなかった。
ドメネクやペケルマンは、あきらかにジダン、リケルメのためのチームにした。
彼ら抜きでは、立てないほどに。
パレイラは、そうしなかった。
カカもいれば、ロナウド、アドリアーノというゲームを決めれる選手がいる。
彼らも気持ちよくプレーできるように、ということだろう。
それに、1人にたくすのは、リスクも大きい。
ただ、短期決戦の場合、ドメネクの取った策の方が正解なのかもしれない。
1つにまとまりやすく、方向性が明らかになる。
2人、3人といれば、確かに、選択肢は増えるが、瞬間に迷いが生じる。
攻撃パターンは少なくても、それを、みんなが理解して、11人で同じ方向を向いて攻めれば、すごい武器になるよね。
短期決戦、代表戦、そういう選手が存在する場合。
とても有効な策なのかもしれない。
その期待に、その選手が応えられなければ話にならないが。

ただ、パレイラの指示というだけでなく、ロナウジーニョもチームの中内で、そこまで認められてなかった、ってとこもあると思う。
W杯、みんな負けたくないでしょ。勝ちたいでしょ。
負けそうだから、どうしても勝ちたいから、
うまいヤツにボールを集める。
そいつの言う通りにやる。
そいつのためにやる。
ガキの頃から、やってることだよね。

そこまでのカリスマ性、信頼感が、ロナウジーニョに対して、なかったんだろうね。

ロナウジーニョの謝罪のコメントを見て、
優等生だなと思った。
いい子過ぎる、もっと、エゴださねえと、と。
ジダンなんて、ピッチ上では、完全な個人プレーヤーじゃん。
俺によこせって感じじゃん。
で、おまけに頭突き!それで、フランスが負けた。
で、後悔なし!その結果、MVPよ!
もっと言えば、マラドーナなんて・・・。クライフなんて・・・。
すごいじゃん。
で、彼らは、英雄よ。偉大なスターよ。歴史に名が残るわけよ。
ロナウジーニョもさぁ。
「走らねぇ豚がいけねぇ」とか言えってわけじゃなくてさ。
ピッチ上で、もっとエゴ出していいと思うんだよね。
俺が勝たしたる。っていう強烈なオーラをね。
それを周囲に認めさせるだけの選手じゃん。
あんなもんじゃないでしょ!
ロナウジーニョの出すオーラ。これから作り上げていくカリスマ性。
この悔しい思いが、どのように混ざり、変化していくのかが楽しみだね。

セレソンの敗退、あのメンツが揃いながらの、あのパフォーマンス。
がっかりした。
守備に注目がいったこの大会。
彼らが、もう少し、輝いてくれれば、また違った色になったはずだったのにね。


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 日本にも責任あるよ。
 グループリーグ、ブラジルはあまりにもぬるすぎた。
 フランス、イタリアみたいに、危機感が芽生えていれば・・・
 あっこで日本が勝ってればね。ブラジルのためにも。
スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

この記事のURL | W杯 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<カルチョ・スキャンダル、判決 | メイン | G大阪vs磐田>>
コメント
ショパールポータル
ショパールの検索サイト。時計、ネックレス、リング、ジャパン、ミッレミリアなどショパールに関する各種情報をお届けしています。 http://manioc.hartmerrell.com/

2008/09/02 06:27  | URL | 33 #-[ 編集] |  ▲ top
復刊書籍
復刊書籍を探すなら http://www.karakustr.com/200162/200452/

2008/09/21 10:19  | URL | 33 #-[ 編集] |  ▲ top
リッチクライアントと30代,40代の転職
リッチクライアントとは、ユーザーが使用するパソコンの性能が向上したため、従来メインコンピューターやサーバーで行なっていた処理の一部を、ユーザーのパソコンで処理、それによってユーザーの利便性が増すことをいう http://habdabs.rcrane4law.com/

2008/11/16 19:17  | URL | 33 #-[ 編集] |  ▲ top
ダイエットとレッドクローバーと美容のバランス
レッドクローバーは、のぼせなどの更年期障害を緩和するハーブとしてヨーロッパなどでは古くから飲用されてきました http://eight.thriftystmartin.com/

2008/12/07 11:43  | URL | 33 #-[ 編集] |  ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hfootblog.blog66.fc2.com/tb.php/53-f90800e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。