スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
早くも苦境?オシムジャパン
2006/09/06(Wed)
9.6_1.jpgオシムジャパンは早くも苦境に立たされているのだろうか。
僕は、そんなことないと思う。確かにサウジ戦にはがっかりさせられたけど、オシム自身も語っていたように、彼は魔術師ではない。日本が生まれ変わることなんてありえない。
オシムが請けたビックな仕事は、まだ始まったばかりであり、真価を問うべきは、まだまだ先の話だ。
しかし、当然最低限の結果を残してもらわないといけないこともまた事実。
そう、この結果というのが、ややこしい。
勝利こそすべて。言いようによってはこれは正しい。
この考え方によって、4年間ジーコに黙らされてしまっていたわけだ。内容のない薄氷の勝利に、逆に感動し祭り上げていた時期もあった。
そして、内容という定義もまた難しい。
ボールポゼッションで圧倒すればいいわけでもないし、5点取ればいいというわけでもない。サッカーにおいて、完璧な勝利はありえないし。
僕の考えでは、明確な意図を感じ、その方向にみんなが向いて躍動している。そんなゲームかな、と思う。

オシムに求めるのは何なのか。
報道を見ていると、とんでもない危機に瀕しているように伝えられている。
アジア相手に、負けは許さないということか。
もし、その気持ちが本心なのならば、かなりの楽観主義の方か、強い愛国心をお持ちの方なのだろう。
僕もサウジ戦にはがっかりした。
オシムも言っていたように、勝ちに行く姿が徹底されていなかったのが残念だった。
負けを簡単に受け入れすぎのようで、W杯で感じた寂しさをまた感じた。
僕がオシムにもっとも期待している部分は、1つにまとまった強い気持ちを持つチームを作ってもらうことと、成長のベクトルを1つ1つのゲームで描いてほしいということ。

今夜のイエメン戦。かなり過酷な状況のようだ。
僕に言わせれば、見ごたえ満載のゲームになった。サウジ戦で学んだことと、見せてくれなかったものを、今夜のオシムジャパンには見せてもらいたい。


H foot.net
ついに、今週セリエA開幕です!!!
rossonero no.29 06?07シーズン展望 『いよいよ開幕』
ガンガン書きます。
むらさき no.34 8月、怒涛の4連戦 『観に行けない、辛さ』
this game no.25 大分vs浦和 『笑顔なき、伸二』


    にほんブログ村 サッカーブログへ ブログランキング
 平山くん 失望したよ
 お前これからどうすんの
スポンサーサイト
この記事のURL | 国内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<これは伝統なのか イエメンvs日本 | メイン | カカ爆走 ドゥンガ、おめでとう>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hfootblog.blog66.fc2.com/tb.php/88-7d68934c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。